elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

カニのアフィサイト。面白い試みだが私なりに別の所に興味が

   


美味しいカニが喰いたきゃここで探す。時代になるかな?

またまた、永江一石さんが面白い事をされています。

オヤジたちの道楽で、正しいアフィリエイトを目指す、カニの総合情報サイトを創ってみました。

美味しいカニだけをお届けする。そんな目的で制作が始まったカニ専門のアフィサイト。
その上、レビュー記事をのせるのも実名で参加する上に、参加者には鉄則が定められている。

1 紹介するショップからは自腹で購入して食べる
2 推薦できないショップは絶対に紹介しない

というものを定めるほどの徹底ぶり。

crab_kani

そんなカニのアフィリエイトサイトはどうなのか?私なりに推察するにニーズは絶対ある
テレビショッピングなどでもカニは一番売れ行きの良い商品として
この季節になればどこでも扱う。鉄板商品と言えるもの。
だからこそ、変な通販サイトなんかで購入してしまうと多くの人が
粗悪品を掴まされて、ふんだり蹴ったりなユーザーさんもいることでしょう。

とは言え、カニは食べたい。美味しいものをね。
そうなった時、実名で推薦者がハッキリするし
上記で書いている鉄則が本当ならば自分で食べたものしか紹介しない。
そんなサイトがあるなら一度は見たくなるものです。

オフシーズンがある商品を取り扱うこと

何よりオンシーズンオフシーズンがある食材であるのが永江さんらしいと思う。
というのも、この事業。オフシーズンは基本的に休眠する事が可能で
休眠中は本業に時間を費やせるわけで、これはいわゆる期間限定のアルバイト
「海の家」や「スキー場のペンション」などなど。実際、参画されている皆さん。本業があり忙しい身。
片手間でも十分にでき、休眠期間があるものがベスト。というわけです。
上手くそれを選んだ上で、サイト制作まで行ったのではないかと思うわけです。

その上、参加されている皆さんがカニ好きともなれば
記事内であるように「経費でカニ食い放題」は本心からでている心の叫び。

とは言え、いろいろと気になるポイントもなくはない。

まずは上記であげた「オフシーズン」の話
一年前から画策していたと言われているが、来年もこのサイトがあるとは言い難い。
オフシーズンはアフィリエイトが配信されているわけもなく収入が無い形になる。
サイトを保持しているだけで収益がマイナスになるのは否めない。
そう考えた時、来年まで待たず。オフシーズン入りと共にサイト自体が消滅する可能性もある。

また、「オフシーズン」にサイトを残し来年もアフィサイトとして活用を考えた時
2016年の冬に2015年のデータが使えないというところもある。
上記であげた鉄則では「2 推薦できないショップは絶対に紹介しない」と書いているが
毎年良いカニがその卸し先から手に入る、とはいえないからだ。

生き物であり、ナマモノであるカニは、時として不漁なんてこともあるわけで
毎年、毎年。カニを食べてレビューを更新しないと信頼という部分が揺らいでしまう。
そこを気にせずというなら、実名でのサイト制作は少々荷が重くなり
せっかく実名を晒して信頼を得ているのに、レビューが古いままでは信頼の基盤が揺らいでしまう。
まあ、結果として毎年カニが食える。という驚くべきカニ地獄に突入できるんだけどw

さてさて、ココらへんがどうなるのか「カニ.co」目が離せないw

実際、私自身サイト内にアフィリエイトを貼り付けてはいますが
確かに永江さんが書くように商品内容を確認していないものも
幾つか含まれている訳です。(ゲームなどは確認してますが……)

ガッツリなアフィリエイトサイトではない。というのは言い訳にしかならない。
なるべく怪しげなところや、商品によって当たり外れがありそうなアフィリエイトは貼らない。
というのも一つの対策ではないかと私は考えている。

 - ヨモヤマ