elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

刷新されたウェブマスター向けガイドライン。しっかり確認しより良いSEOに

   


Googleが新しいウェブマスター向けガイドラインを公開した

ココに来て、Googleが「ウェブマスター向けのガイドライン
を大幅に改訂してきたそうです。
詳しくはコチラの記事が大変参考になるはずなので
SEO従事者がウェブ関連担当者はしっかりとチェックし
自社のサイト、管理しているサイトがガイドラインに沿っているのか
しっかりと調査することオススメ致します。

sunset_goto

Googleがウェブマスター向けガイドラインを大幅改定 ―― いったい何が変わったのか?

いろいろと私の方でも気になったことを
紹介して行きたいと思います。

サイトの重要なコンテンツをデフォルトで表示

サイトの重要なコンテンツをデフォルトで表示します。Google はタブや展開するセクションなどのナビゲーション要素内に含まれる非表示の
HTML コンテンツをクロールできますが、こうしたコンテンツはユーザーがアクセスしにくいものとみなされ、また、最も重要な情報はページの表示時にデフォルトで閲覧可能となっているものと解釈されます。

タブや展開ボタンによって記事内容が変化させたり蛇腹が展開する。
などの表現はどうやら、1ランク下に見られることが確定したようです。
以前から噂やSEO博識者の間では言われていたことですが
ガイドラインへと盛り込まれたことで、確定化したと言えます。

とは言え、サイト構成としてなかなかに便利な機能であり
必然的にグローバルメニューに使っているところも少なくはなく
いろいろと今後修正・利用しない仕様への変更も余儀なくされることと言えます。

ちなみに元記事で

ちなみに、まさにウェブマスター向けガイドラインのページそのものが、展開形式でコンテンツが隠されています。

とあり、GIFアニメまで使って説明されていることですが
これって、逆説的にGoogle側も重要な事、それほど重要でないもの。
というように説明なき表現として利用してるのかも。って詮索してみたりする。

Google がページを検出できるよう手助けする

ここでリンクに関して触れていますが
元記事の鈴木さんの情報ではありますが、過去から大きく変わっているそうです。

変わった内容として、画像に関する記述が増えたのは
「リンクで良いのはテキスト」なんていう考えを働かせる人がいたのでは?
と推察できてしまいます。

過去の書き方では、テキスト重視。という風に取られても仕方ない記述だったので
画像を盛り込む変わりに、botでも認識できる「alt属性」の記述を徹底させるように
今回のような記述となった。と言えるのかもしれません。

実際、alt属性は画像の代用になるもので
重要な属性と言えるので、しっかりと記述することを心がけるべきです。

ちなみに、このサイトはまったく出来てませんw
修正考えないといけないな……。

リンクを含んだサイトマップ ファイルを用意

サイト上の重要なページへのリンクを含んだサイトマップ
ファイルを用意します。また、そのようなページへのリンクの一覧を人が読める形式で記載したページ(「サイト インデックス」や「サイトマップ
ページ」とも呼ばれます)も用意します。

鈴木さんも触れておられますが、一般ユーザー向けのサイトマップを用意する。
という記述ですが、正直今の時代に必要なのでしょうか?
と疑問は私も感じます。以前、こんな記事を書かせて頂きました。

SEOよりもユーザービリティ的に役立つHTML形式サイトマップ。それホント?

今やユーザーはサイトマップを調べるより、検索してしまう。というものです。
また、最近ではコンテンツが重要ということで企業サイトにも社員ブログだとかで
日々記事データは増えていく訳で、それらすべてを人が読める形式にする。
というのも少々疑問が残ります。

サイトマップページに含めるページ、含めないページを
サイト管理者側に選任させることで
重要なページと、そうでないページを振り分けさせている。
……なんていうのは考えすぎでしょうか。

モバイル対応とSSLの盛り込み

パソコン、タブレット、スマートフォンを含む、あらゆる種類やサイズの端末向けにサイトをデザインします。モバイル フレンドリー テスト
ツールを使用してモバイル端末でのページの動作をテストし、修正の必要な箇所についてのフィードバックを得ます。

可能であれば、HTTPS を使用してサイトの接続を保護します。ウェブ上の通信ではユーザーとウェブサイトとの間のやり取りを暗号化することが適切です。

モバイル対応とSSLに関しての記述が追加された様子です。
鈴木さんはこんな風に元記事で書かれています。

驚くことでもなんでもないですね。
むしろ追加が遅すぎたくらいです。

ですが、私個人からするとガイドラインへと明言された。ことで
Googleが本腰を上げた。とみる見解を持っていたりします。
それは検索順位への影響度として、大きなウェイトを伸ばして来ているのでは

ですが、
モバイル対応するにもSSLを導入するにしても
導入資金がいるのは必然。そうそう対応できるものではありません。
結果として、訴えてきたが対応が進まなかった。という一面もあり
Googleが業を煮やして、ガイドラインへの記述を行った。

という考えも成り立ちます。
実際には後者の方が正しいように思えます。

品質に関する基本方針

●検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
●ユーザーをだますようなことをしない。
●検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google
社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
●どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

以前にもある記述で、どうやら変更はなかったようです。
ですが、やはり相変わらず重要なことであり
SEO対策をやり過ぎると、こういう基本方針が抜けがちになります。

 - SEO