elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

リンクプログラムへの対策をGoogleが公式発表した

   


リンクプログラムへの対策をGoogleが公にしたその理由とは?

先日、Googleがウェブマスター向け公式ブログにて
こんな告知を行ったことで、SEO業界は一時盛り上がった。

リンク プログラムのネットワークに対策を行いました

どのような対策を行ったのかは引用部分で紹介。

Google ではこの度、検索結果を不正に操作するためにリンク プログラムに参加しリンクの売買を行っていた日本語のいくつかのサイト
ネットワークに対して対策を施しました。この中にはウェブマスター向けガイドライン違反を繰り返しているサイトも含まれていたため、通常よりも厳しい対策を施したケースもあります。

リンクプログラムを利用してリンクを売った方、
そして、同時にリンクを購入した相手に対して
通常よりもより厳しい対策を施したことを告知した訳です。

Restraint_bizman

一般的にGoogleからのペナルティというのは
こういう形で告知されることはまずありません。
理由は個別のURLを見て、怪しいものがあれば、それを判断して
「ペナルティにする」「ペナルティにしない」を判断しているから。と推察するからです。
(Googleの中の人ではないので、推察でご勘弁を)

そう考えた時、今回の施策というのは通常とは異なっている訳です。
大々的に公表し、リンクプログラム業者へと向けた宣言を行ったうえでの施策。
そこにはGoogle側からの強い意思のようなものを伺えます。

私の方で収集しているリスト内に
そのような動きがなく、どこの業者が。という情報を提供することができませんが
コンテンツSEOだと、去年から言われているにも関わらず
リンク購入などへと手を出していたことのツケが回ってきた。と言えるのではないでしょうか。

実際、仕事をしている現場にも何度かSEO業者からの
電話営業は度々掛かって来るものです。

まるで常套句のように
「今、Googleで○○のキーワードを検索して下さい。
上位にある企業、私共がSEO対策をさせて頂いたので上がっております」

と、曰うわけです。

よくありますよね。そこで、私なりのこういう業者を困らせて
退散させる方策を考えてみたので紹介したい。

こんなSEO業者は、こうやって撃退してみては?

もしもこの業者がリンク業者でリンク売買を目的として
営業に来たのなら、すぐさまURLから「オープンサイトエクスプローラー(OSE)」を使って
リンクURLを調べてあげましょう。

多分、リンクサイトは秘密。とか言っていますが
基本的には簡単に暴けるものです。

で、サテライトサイトなどを見つけた後は
片っ端から「アンカーテキスト」を調べます。
どうしてか、こういう業者は以前にこんなことを書いています。

SEOブラックハットあるある? 業界内で次の獲物を探している

同じ業界をトローリングして、獲物を探す習性がある訳です。
というのも、サテライトのテキストを書くにも、リンク業者なりの
コストが掛かっている訳ですから
それを無駄なく利用するためにも、同じ業界から獲物が欲しいわけです。
結構な確立で、競合した数社を見つけられるはずです。

あとは、追い詰めるだけです。
「へぇ、あなたの業者は○○さんと□□さんでSEOやってるんだ
それで両方共順位をあげようって、言っている訳ですか……。
両方とも、同じSEO業者に頼んでるって知ってるの?
善意の第三者として教えてあげようかな」

ってな具合です。

え?なんて陰険な? ええ、陰険ですともw
そういうことに対して頓着がないからと言って
それを食い物にしていい道理は無いわけです。

だが、どうしてGoogleはこんな公に公開を行ったのだろうか?

しかし、どうしてGoogleはこんな大々的にペナルティを与えたことを
公開したのだろうか?

そこにあるのは、上記でも書いたように、同じような業者に食い物にされている
そういう一般的な業者がいることをGoogle側でも認識しているから。
ではないだろうか。

つまり、公に「リンクプログラムへの対策を行った」と叫ぶことで
今回、ペナルティを受けた企業が、「あ、うちの会社ってそのペナルティ対象なんだ……」と
認識すると共に、「じゃあ、今依頼しているSEO業者って悪いところなのか?」
少しでも疑問を抱いてもらうと共に契約を破棄し、良いSEO業者へと乗り換えられるように
そんな注意喚起の意味が大いに含まれている。そう私は見立てている。

 - SEO