elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

コンテンツマーケティング統計からSEOの今後が見えてくる、かも?

   


サイトを始めた当初は、「SEO」や「SEM」についてドンドン情報を公開してやるぞ!
なんて、どこから来たのか分からない自信と勢いで
構築したのですが、今、投稿してきた記事を振り返ってみると……。
散々たる惨状しか見えてきません……。

forest_train

ということで、今回はSEO関連のネタを紹介したいと思います。
参照元になる記事はコチラ。

コンテンツマーケティング調査レポート2016年版

日本におけるコンテンツマーケティングへの取り組み実態について、2016年版のBtoC向け調査を実施しました。調査実施は2016年1月、151名のマーケター(内、企業規模100名以上が66%、)の回答によるレポートとなります。

と、しっかりと統計元となる情報も開示して頂いているので
いろいろと判断するには信頼がおけるデータと言えます。

それぞれ、項目ごとに追っていくと
コンテンツマーケティングへの取り組み具合などが見えるようになり
大変面白いデータと言えます。

記事内で紹介している一文を引用させて頂くと

2015と比べ、活用している企業が54%から70%へと大きく増えました。コンテンツマーケティング推進を検討していた企業が、実際にマーケティング活動に取り入れたと考えられます。

と紹介されるほど、2016年はコンテンツマーケティングが
今後はさらに活発化すると言えるのは間違いないのが見て取れます。

少し前のSEOで「ロングテールに効くコンテンツづくり」
というのが言われてきました。ロングテールに効果を出そうとすると
多くのコンテンツを作成し、様々な言葉に対してヒットすることを模索することで
結果として、コンテンツマーケティングへの始まりと言える訳で
今後、さらにロングテールの取り合いが広がりを見せ

ビックキーワードだけを狙ってSEOを行う。なんていうのは
ナンセンスな世の中になりつつ有る。というのは伺えます。
(注意、ビックキーワードを疎かにする。という意味ではない)

他にも興味深いデータがありますので引用をさせて頂きます。

2015年の上位3つは、Facebook、Twitter、Youtubeでしたが、2016年ではFacebookが82%、Twitter60%、そしてYoutubeに変わり、Instagramが20%となりました。2015年ではInstagramは6%に留まっていたことから、企業がエンゲージメント向上の取り組みを推進している兆候がみられます。

プロモートする際に使用するソーシャルメディアについての結果ですが
ここに来て、「Instagram」が大きく表を伸ばしてきている訳です。
まあ、実際、Youtubeは動画を作らなければならず
ただただ撮って出しでは、ユーザーも見てくれません。
それなりの編集技術と共に、企画力・構成力などが必要になります。

対してInstagramはYoutubeよりも敷居の低さがあり
手の出しやすさが受けている。と言えるのかもしれません。
実際、商品を販売するようなサイトは大きく利用数を伸ばせますし
若者層へとリーチしたい会社には、導入検討は当然と言えます。

とは言え、これが今後そのまま続く。とはいえないのもソーシャルの世界。
新しい新興勢力は常に広がりを見せる可能性もあるわけです。

個人的に気になるのは次の項目。

コンテンツマーケティングをアウトソースするに当たり、その項目として圧倒的に多いのが「コンテンツ制作」で91%、「企画」が32%、「プロモート」が9%、「運用」が9%となりました。制作リソースを社内に抱えず、アウトソースする体制構築が2015年以上に進んでいると考えられます。

アウトソースしている項目は?というもので
やはり制作部分はほとんどの回答でアウトソースしているようですね。
実際、コンテンツ制作にはそれなりの文章力が必要であると共に
構成力や編集力などがバランスよく必要になります。

商品や事業の詳しい事は得意でも
しっかりとした文章を書ける能力だったり、構成なんていうのは
なかなかに身につかないところがあります。

そういう意味でも、制作部分に関して
丸投げする、というのは頷けるのかもしれません。

しかし、私個人から言わせて頂くと
やはり所詮はアウトソースはアウトソースな訳です。
確かに違う視点で、思いもしないコンテンツができる。という
部分があるでしょうが、分からないところはネットで検索した情報を
元に書いてくることが多いわけでコピーコンテツなどのリスクが伴います。
まるまるコピーということがなくても、言葉を変えただけ
趣向をパクっただけ。というのは往々にしておきます。

なるべくなら、自社内で持ち回りでも良いので
書けるように努力を行う方が、より良い結果に結びつく。
そう私は考えています。

以上です。
面白い統計データなので、しっかりと元記事を読んで見ることオススメさせて頂きます。

 - SEM, SEO