elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

個人的に読ませて頂いているブログ紹介。必読のブログ!

      2015/08/24


日頃、私eludeが読んでいるブログを大公開

blog_cookie

※了承などもちろん取っていない紹介。問題あったら連絡くださいw

今回は私個人が結構な頻度で読んでいるブログの紹介をしたいと思います。
まあ、その手のプロの人ばかりで皆さんも知ってる。という人が多いでしょうが
知らない方も居るかもしれませんので、よかったら確認下さい。

まずは「SEO」関連のブログから

最初に紹介するのはSEO世界の雄
海外SEO情報ブログ」です。
鈴木謙一さんが管理・運営・投稿までされています。
SEOで1歩も2歩も先を行っている海外情報を紹介してくれる
SEO界隈では貴重な情報ブログの1つ。海外で開催されるSEOのイベントなどにも
足繁く通われており、貴重な情報源を日本へと持ち帰っていただける貴重なブログ。
また、毎週金曜日に「Web担当者Forum」で更新される「SEO情報ウォッチ」は
金曜日のルーティンワークとして必読!

先日、SEOでは「モバイルフレンドリー」という大きな波が訪れました。
その時はGoogleが珍しく事前に予定日を公開するほど。
そんな「モバイルフレンドリー」に対して鈴木さんの対応は漢(おとこ)でした。
旧サイトフォーマットではモバイル対応していなかったのですが、あえて対応しないことで
どれだけSEOとして影響をうけるのかを実証して見たのです。
(しっかりと結果まで公開してくれました)

そんな自分のサイトをしっかりと有効活用(というのか?)して
しっかりとSEOを真正面から検証しようとするその漢の姿にシビれる!あこがれるゥ!

続いてもSEO界隈からの紹介。
バカに毛が生えたブログ」です。FGさん。
これまでSEOと言うと、どうしてもビジネスに掛けあわせた形で
どうやって自社のサイトを順位上昇させるのか。
という事ばかりに目が向けられていました。

しかし、そこに新風となって現れたのが「バカ毛」さん(バカにはしてません略称です)です。
毎週金曜日に更新されている「読んでもSEOスキルが上がらないニュースまとめ」
GoogleやYahoo、時にはBing先生を活用し
日頃さまざまに検索される検索キーワードの闇(いや見方によっては光?)を
浮き彫りにさせる大人気企画。
鋭いまでに研がれたそのエッジの効いた視点は、殺伐としたSEO界隈の癒しの風。
時にはモザイクと肌色成分多めでお送りするため、社用PCでの閲覧には
様々な難点を予想される。しかし、それでもやめられないw

毎週楽しみに読ませて頂いているのですが
正直な話、Google先生やBing先生を活用した
WEBコントにしか見えないのは私だけだろうか…?

とは言え、「バカ毛」さんの素晴らしいところはそれだけではない。
日頃から検索を多用し、新しく追加された新機能などを
キャプチャ画像を使ってしっかり、丁寧に解説してくれています。
その丁寧な解説からなのか。SEO界隈でもファンは多い。
SEOの神と呼ばれる「辻正浩」さんも楽しそうに「#金曜日のネタ帳」に参戦されてますw

次は「ビジネス」「政治経済」などのブログ

次に紹介するのはSEOから少し離れて、ビジネス系のブログ。
投稿されている記事を毎日のように読ませて頂いているのが
永江一石のITマーケティング日記」です。

ビジネス関連だけでなく、様々な事柄をしっかりとした裏付けデータを元にし
深くまで検証し論理展開した内容は、否応なしの現実を突きつけてきます。
こちらの記事を読むようになり、裏付けデータの重要性に気付かされました。

そして、しっかりと気を付けておられるのが
裏付けに使用するデータについても「権威付け」が必要であるということ。
取り扱われるデータの多くは公共機関や、大学などが公表している統計データなどが多い。
出処が確認できる情報を拝借されておられます。

Apple Watch」が売れないことを予見されており
しっかりとした理論立ても、マーケティングなどを考えると勉強させて頂いています。

最後になりますがこちら
本気論・本音論
書かれているのは「長谷川豊」さんです。

もともとはフジテレビにおられたアナウンサー。
「とくダネ!」を担当されていた記憶があり
正直、当時からすごく「力」のあるアナウンサーだと思っていた。

アナウンサーというのは、私の印象ではあまりニュースに対して感情を露わにしない印象がある。
淡々と事実だけを述べ、番組進行を補佐したり、進行テーブルを調整する役だという認識だったのだが
長谷川さんが担当するニュースのプレゼンに関しては、どこか力が篭っており
正直な話、最初はどこかのフリーアナウンサーなのか。と思っていたぐらいだ。
(フリーアナウンサーは契約のため、力を入れてプレゼンするから)
その後フリーへと転職されています。

本気論、本音論と書かれているように
みんなが言い難いだろうことをしっかりと言葉にし
自分の信念を持って書かれているように思え
大変共感することが多く、また読んでいて大変好感ができる。
アナウンサーだという経歴から、放送法やメディア論などには大変明るい。

メディア論とはちょっと違うのは一読頂きたいのは
調べてみると新幹線がもの凄かった件
正直な話、JRの社員さんなんかは涙ちょちょぎれたと思いますよ。
今の世の中、簡単に人を批判できる。何かあれば揚げ足を取ってそれを吊るせば
あとは炎上して全員が敵。ツッコミ多化の時代なんです。

でも、誰からがこうやって認めてくれること。
それをこうやって書いて伝えてくれることは大事にしないといけない。

 - ヨモヤマ