elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

DMCA申請を使った驚愕の事実。悪評隠しに驚愕する

   


DMCA申請を使った驚きのコンテンツ削除という手段

「さすがはSEOの神と言われる人物だわ」

それがとある記事を読んだ私の感想。
足元にも及ばないし、その捜査力と共にWEBを使って暴いて行く根気。
本当に感嘆を覚えてしましました。それがこちらの記事です。

フリー素材に権利を主張するDMCA申請が悪評隠しに悪用されたと思われる事例

書かれている事はSEOとして大変重要なことであり
巻き込まれないためにもしっかりと覚えておく必要がある。
それはDMCA申請という方法を悪用したSEO。
ブラックハットどころではない、ブラックメット、ブラックヘルム
強敵と同時に極悪な手法と言えます。

DMCA申請とは、元来は著作権侵害をGoogle側へと訴えるためのもので
重複コンテンツであったり、パクリコンテンツなどを撲滅するために
Googleが設置したものである。

今回、この話になったのは発端がコチラの記事になる。

フリー画像サイトの写真を使ったブログ記事が著作権侵害で検索結果から削除された

もともとはフリー画像を使っていたにも関わらずDMCA申請によって
著作権に問題があるよ。とGoogleから警告が飛んできた。ということから始まっている。
(詳しくはリンク先を読んで頂くのが一番)

ここで話が終わると、著作権管理者との間のイザコザとなる。
実際私も、読んでいるだけでは「怖ぇ、フリー画像ってウチは使いまくっているよ」
なんて感想で戦々恐々とする程度。

しかし、SEOの神であられます。
辻さんの見解はその更に先へと向かっているわけです。

詳しい調査経過や今回のDMCA申請の問題の着地点などは
是非とも辻さんのブログの方を読んでいただけることを推奨する。
そんな中からこの一文だけは引用をさせて頂きたい。

「特定の話題に触れた記事をDMCA申請で消すために
過去の日付に投稿したことにできるブログサービスを使って
消したい記事よりも前に記事が存在した事にした

まかりなりにも「とあるプロバイダ」。ネットワーク従事者という訳です。
タイムスタンプの偽造を行い、DMCA申請をしてくる。
Google自体がすべてのサイトを収集できない。ということもあり
記事自体が持っているタイムスタンプというのは、やはり信用せずにはいられないのでしょう。

blackman

辻さんも最後に書かれていますが
毎日200万件以上が申請をされていては、その一つ一つを精査する。
というのは、どれだけグローバル企業と言え、無理難題としか言いようがない。

じゃあ、DMCA申請を撤廃する。なんてことできるわけもない。
ならば、早々に審査をバックアップできるシステムの開発が必要と言える。

ブラックSEOはないが、搦め手を使った仄暗い技術はある

以前からGoogleは「ブラックSEOはない」
声を上げて大きく叫んではいますが

過去にこのような記事を書いたように
実際には、様々な搦め手を使ってブラックSEOに近い
嫌がらせとも取れる手法が可能な訳です。

今回のDMCA申請に関しても
システムを構成する時にしっかりと検討しなければならなかった。
悪質な利用方法の一つだったと言わざるを得ません。

とは言え、著作権侵害を起こしている事実は世界を見ても多く
対応をして行かなければならないもの。

そういう意味では今回の問題で、次の手立てを考える
そんな転換点へとめぐり付いた。と言うべきなのかもしれない。

 - SEO