elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

オタクが歳をとる。でも、クラスチェンジした新しい世界があるはず

   


オタクが歳を取らないというが人によって

私もいわゆる「オタク」であるのは間違いない。
別にそれに負い目も感じなければ卑下するつもりもまったくない。
アニメも好きだし、ゲームだって好きだ。
漫画もまあ、そこそこ読んでいる方かもしれない。

とは言え、私も良い歳で共感する記事を読んだ。

オタクが歳を取らないなんて大嘘だった

そんな「オタクが歳を取らない」という話どこで出てきたのか
私には知らない内容ではあったのだが、書かれている内容に関してみれば頷ける。

オタクというものは、しっかりを歳を取る。
歳を取るということは、経験を重ね、自分の立ち位置を持って
自分という人間が見えてくるようになり、必要以上に夢を見なくなり
そして逆に世界を見通せる力を付けていく。

昔は学園モノのテレビアニメなどに共感し共鳴するような形で
自分という物を投影して見ていた作品も
いつしか、「こういう時があったな」という目線で見るようになってしまっている。

年を取ることで見えてくる世界があるがオタクにもそれは言える

私の場合は変な角度に進んでいると言える。それは裏事情を見たがることだ。

アニメ制作やアニメコンテンツなどの制作経費やコンテンツの配給。
どうしてこの場面で、こんなセリフ廻りになっているのか。などなど。

如何せん、自分が小説家崩れということもあり
そういう裏事情やメタ的な部分に興味があって
そちらにばかり目を向けるあまり、そういう捻れた見方をするようになってしまったと言える。

つまり、オタクという職業も経験値を積んで
上級職へといつの間にかランクアップを果たしていたと言えるわけだ。

先日、こんなツイートをしている。

ただ、純粋にコンテンツを楽しむなら。こんなこと気にしなくても良いはずだ。

「お!マジでこれで改めて見直したい時に簡単に見直せる!」

と純粋に楽しめば良いものを、穿った見方をし
捻ったことから一つの回答を導き出してしまう。

そんな穿った私の見方とは、DVDの売上が思った以上に厳しいのでは?というもの。
売上が厳しいために、作品を継続して作り続けるための予算を捻出する意味として
SVODへとコンテンツの身売りを行った。と推察している。

Ocean_wave

もともとは制作陣営が、「うしおととら」というコンテンツなら
それなりに売れると見込んでいたのだろう。
しかし、放送する枠を検討したところ、それほど長く放送枠を抑えることができなかった。
結果として作品の話を削ることに同意したのだろう。
そこに英断があったのかもしれない。原作者を巻き込み、原作者判断で
削る話を選定した、というのもSNSなどで出回っている。

そういう意味では原作レイプにならないように
しっかりとした手立てを打った上での公開だったはずが
思った以上にDVD販売が振るわなかった。

SNSなどで聞こえるファンの人の話を聞く限り
メインのストーリーも良いのだが
端々で語られているサブのストーリーもまた印象深く
多くの人がそれらを込みでアニメ化されることを望んでいた。のだが
企画を立ち上げる段階での話し合いとして
アニメ放送枠に関する制限を脱することができず。
中途半端な形でアニメ化してしまったが為に起こった不幸。と言えるように思える。

対して、今期から「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」が始まっている。
これまでのジョジョアニメはほとんどの原作に忠実にストーリーが放送されており
原作ファンからも評価の高いアニメとして、大きくファン層を広げている。

そこには企画者の熱意というものがあるのではないかと思える。
原作のファンだからこそ、話の一つ一つが重要で
それらを構成する要素をこぼさないようにアニメ化を行うことが
ファンへとアニメを受け入れてもらえる一つの手立てである。

こう見ると、どうにも自分がイヤらしい人間のように思えてくる。
アニメをアニメとして楽しんでいた頃は
予算や物販など気にせず見ていたのに
気付けば、物販の売れ行きが悪いから身売り。だと紹介してしまっている。

とは言え、年をとったことで新しいクラスにチェンジすることができ
より深くアニメを楽しむことができるようになった。
そう思っていたいと私は見ている。

例えば、今期から「ガンダムUC」がテレビ放送されるが
改めてみると出てくるキャラクターの機微を伺うことができるが
これは歳をとり、アニメの見方がいろいろとわかってきたから。
と言えるのかもしれない。

ただアニメを見る。から、アニメを観察する。ようになり
より良く、制作陣営からのメッセージを理解できるようになってきた。
そこにオタクが歳をとったことへの恩恵を持ちたいと私は思う。

 - VOD, アニメ