elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

映画「ズートピア」ケモナーには楽しめる良い映画!

      2017/04/03


映画「ズートピア」の感想を、ケモナーには安心して楽しめる映画

今回、見てきたのはディズニー映画の「ズートピア
動物が進化し、人間のように二本で立ち文明を得て街を造ったという世界のお話。

でも、その中には「草食動物」「肉食動物」という
種族などの違いについてのリアルな葛藤もある。という形のストーリーが展開していく。

個人的にどうしてこの映画を見に行ったのか。それは個人的に私が「ケモナー」だから。
ケモナーってなんだ?という人にはこちらのリンクからケモナーについて勉強どうぞ
まあ、そういう理由から見ることになり同時に、ディズニー作品ということで、脚本への一定の信頼感から
安心して映画料金を払えると踏んでの視聴となります。

さて、映画の話へとはいる前に少し前置き。
今回、どうして「4月」公開だったのかというところ。
映画を見ると納得することができる。というのも主人公のウサギのジュディは
理想とする警察官になることには成功するが
思い通りの警察としての仕事ができず現実に打ちひしがれる。
理想と現実のはざまに悩まされる。

ちょうど4月というと新社会人が世界へと飛び立ちます。
そして、月末ともなると一ヶ月の給料を頂く訳で
じゃあ、同じ境遇の映画を。という考えがマーケティング的にあったのでしょう。
実際、ジュディは諦めない気持ちを持った主人公らしい良いキャラクターで
新しく社会へと飛び出した新社会人の励ましになるような作品になっている。
そういう意味でも4月公開も頷ける。

あと、感想に入る前に映画は「吹替版」を視聴。
もともとは字幕を見たかったのだが、いつも行っているところが吹替しか上映してなかったため。

字幕を選ぶことに、自分で酔っている訳ではない。大人ぶっている訳でもない。
理由としてあげるのは、配給会社のプロモーションとして
声優実績もないような、ジ○ニーズあがりのタレント
意気揚々と「宣伝」も込みで声優としてして起用することが少なくない。
その結果として、吹替が酷い有様だった経験があり、それ以降は字幕を好んでみるようにしている。

だが、今回吹替を担当したのは上戸彩さん
吹替の経験もあり、違和感が少なく表現できていたと個人的には思えた。
まあ、ちょっと残念だったのが主人公のウサギの女性警察官が
キツネの詐欺師ニックに対して謝罪をする泣きのシーン。少し違和感を感じてしまったが
概ね気にせずに視聴することができる。

ここから「ズートピア」の映画の感想文となります

rabbit_usagi

ストーリーとしては上でも書いたように普遍的な題材と言える
種族がもたらすいがみ合いや理解し辛く、理解され辛い世界。
今の人間社会でもそれは当然のようにあり、特にアメリカでは
様々な人種がいることから、こういう問題を取り上げるのにも頷ける。

展開としてはさすがはディズニー作品と言うほどソツがない
盛り上がりがあって挫折があって、それでも諦めずに展開していく。
王道とも言える形で展開していくが、視聴者に違和感を感じさせることなく続いていく。

ゲームではあるが過去に紹介したようにストーリー展開にソツがあると、感情移入が難しい。

PS4「スターオーシャン5」宇宙が題材なのに星海はどこに行った?

グラフィックとしても、本当最近のCG技術の向上には驚かされる。
ケモノたちの毛並みが感じられるほどフワフワで
特にジュディのウサギ毛は、フワフワ感が良い。

さて、今回の映画をオススメするか?と聞かれるとオススメしたい
最初は理想と現実の違いにヘコタレそうになるが
それでも何とか人々の役に立ちたいと奮い立たせるジュディの姿に
自然と感情移入することができるだろう。

とは言え、年齢層的に考えるとやはり若者世代か。と言える。
新社会人だったり、社会の壁などを感じてしまう世代が
ジュディの頑張る姿を見ることで、私も。と思えるような映画と言える。
爽快感があり、キモチイ形で追われる作品。

個人的に気になったのは「人参のペン」
最後の最後でも有効に利用される訳だが、序盤・中盤と
何度となく登場するため、容易に結果が予想できる。
もう少し、ハラハラ感がある方向へと展開させても良かったのでは?と思わずにはいられない。

そんな日本はケモナーコンテツの多い国

そんなズートピアですが、日本だけでなく世界的に大ヒットを飛ばしているそうです。

「ズートピア」世界興収10億ドル突破

そんな「ケモナー」も楽しめるズートピアですが
実は日本は意外と知られていないですが、ケモナーが多い。
ケモナー需要の多い国と言えなくもないのです。

というのも、日本では「同人文化」というものがあり
自作した絵や漫画などを物販することができる文化があります。

そんな中から私の好きなケモナー作家さんを紹介させて頂きたいと思います。
一つ注意点としては、リンク先のケモナー作家さんのページには
オトナなアダルトな作品もございますので、しっかりと閲覧するときには
十分注意した上で閲覧することをオススメ致します。

■サイバーコネクトツー「ケモノプロジェクト
■中上たかしさん「迷い猫預かり所
■Dr.COMETさん「Dr.COMETの”けものの島”

DISNEYズートピアビジュアルガイド
価格:1404円(税込、送料無料)

 - 映画