elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

VRバブルという考え方が面白い、VR元年だから考えるべきこと

   


VR元年だからこそVRバブルを考える

VR(仮想現実)において大きな広がりが期待できるのが
「2016年」というのは「VR元年」などと呼ばれることからも
皆さんはご存じかもしれません。

そんなVRについて熱い注目を集める今の現状を
「VRバブル」では?と紹介している記事を掲載。

VR(仮想現実)バブルはいつはじける?:普及を阻むいくつかの障害

VR機器が大きく話題に上り、話題を補強・補填するように
大きな資本もVRへと向けて流れ込んでいる状況。これが「VRバブル」といえる訳で

soap_bubble

さらに今後広がりを見せていくであろうVRバブルについて
今後を見守っている記事になる。

確かに記事の中でもあるので引用をさせて戴くが

巨額の資金がVRを支えているということだ。Facebookは、VRヘッドセットメーカーのオキュラスVR(Oculus
VR)を20億ドル(約2200億円)で買収した。同社は、家電・電子大手のサムスン(Samsung)と「Gear
VR」ヘッドセットを共同開発し、2016年に独自のVRヘッドセットを発売しようとしている。

そう、VRには巨額の資金が流れ込んでいる。
そのため、様々なところで、様々なフォーマットによって
機器開発が進んでおり、そのことについても
記事内で懸念を表明している。

とは言え、VRへと資金が流れているのは大変良いことだと私などは思う。
以前、3Dテレビと比較する記事を書いたが

結局のところ資金を投入して広げようとする参画する企業の少なさが
3Dテレビにおいて波及できなかった一つの要因とはいえないだろうか。

対して、ネット関連の企業などから多くの資金が流入し
コンテンツ制作・提供まですでに始まっている。

しかし、この状況も妙な感じがする。
コンテンツというのを「家具」だと表現すると
VRを見るための機器は「家」になると思う。

すでに「家具」が幾つか出揃っているのに
肝心の「家」がまったく出揃っていないと言える状況で
何とも奇妙なブームを巻き起こそうとしていることに興味を惹かれる。

販売された時、大きなブーストとなって爆発的なヒットをするのか
ある一定のヒットを見せるものの、コンテンツ制作が追いつかず失速。
価格帯がネックとなりまったヒットすらしない。
などなど、いろいろと考えられるが、どうなるのかは判断が難しい。

Innovator_theory

個人的な推察では「アーリーマジョリティ」ぐらいは
すぐに突破できると思ってはいるが……
如何せん「価格帯」「機種の多さ」がネックにはなるだろう。

どうして価格帯と機種の多さなのか?

機種が多くでると、コンテンツの共有ができなかったり
地域性によって利用される機種に散らばりが出る可能性がある。
つまり、XBOXのように日本ではほとんど売れないけど
北米ではバカ売れ。という地域性が見えてくる。

こうなると見えてくるのは
今のコンシューマ機と同じ状況になってくる。
つまり「コンテンツの囲い込み」の発生だ。

多くの人がファンになるコンテンツはマルチプラットフォーム化して
販売されることもあるが、独自・専売という形で
コンテンツが提供されることも今後は考えられる。

特にマルチプラットフォーム化は問題と私は考える。
マルチプラットフォーム化は結局のところ、規格の統一化を妨げる。
つまり、規格を統一し部品製造を一括生産できるようになることで
製造費の引き下げになることを期待できなくなる。と言える。

コンテンツがマルチプラットフォーム化することで
別製品のVRで同一のコンテンツを利用することができるようになり
製品の優劣が決まらず、VR機器の栄枯盛衰が起きずらくなる。

こうなった時、今つぎ込まれるVRへの資本について
取り戻そうとする資本家は、VR機器の値下げを容認するのか。
正直疑問しか抱かず、VR機器が広く一般へと広がることに懸念を感じている。

 - ヨモヤマ