elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

PS4「アンチャーテッド海賊王と最後の秘宝」静と動が混在するからこその楽しさ

      2016/07/04


壮絶な冒険と幾つもの絶景と魅入るほどのアクションは超絶

ようやくクリアすることができました。
PS4へとやってきた「アンチャーテッドシリーズ」最新作
アンチャーテッド海賊王と最後の秘宝

PS4_uncharted_4

第一作目からシリーズを通して大変満足度の高いシリーズ。
それがついにPS4へとやってきた。

ということで、すごく楽しみにしていたのですが
なんと今回、このシリーズが最後に主人公である「ネイト」は卒業する。
とのことで、どんな最後を迎えるのか。大変気になっていたのですが……。

クリアを終えたからこそ言えることとして
「ええ最後や……。開発陣もネイトが好きなんだなぁ、こういう終わり方するってことは」
って感じられるほど感傷深い終わり方になっていて
どこか海外ドラマの最後を見ているようにも思えた。

これまでゲーム感想などを書く場合、自分のオススメ度合いについては
後半に並べることが多かったのですが、今回の「アンチャーテッド」に関しては
どうしても言いたくなり、自分の中で衝動が抑えきれない。

ということで、「アンチャーテッド海賊王と最後の秘宝」については
オススメ度合いは先に紹介したい。
私のオススメは、是非ともプレイすることを強く推薦したいと思う。
PS4を持っているなら是非ともプレイするべきだと言わせてもらう。
この壮絶な冒険活劇を体感しないのは勿体無いとしか言いようがない。

とは言え、ゲームの序盤はこれまでの冒険を振り返るアイテムを眺めたり
年齢を重ね、自分の中での様々なことにケリをつけてきたネイトという
人間性の心持ちが全面に出てドラマ性豊かに物語が展開する。

そのため、「アンチャーテッド初心者」シリーズに始めて触れる。という方には
面白みが見いだせない部分もあるかと思う。
そういう「アンチャーテッド初心者」には是非とも予習という意味で
こちらの「アンチャーテッドコレクション」を事前にガッツリとプレイすることをオススメする。

息をつかせないアクションからアクションへの冒険活劇

動画でも分かるように激しいアクションがふんだんに盛り込まれているように見える。
確かにアンチャーテッドの楽しさというのは
息をつかせないアクションからアクションへの連続。…と思われがちだが

シリーズプレイヤーの私からするとそうではないと思っている。
確かにアクションは楽しいが、畳み掛けるような苦難に対して
諦めることなく、決してヘコタレずに頑張る主人公「ネイト」と共に
ユーザー自身が苦難に向き合うことへの感情移入だと私は見ている。
そして、感情移入できるからこそ、苦難を乗り越えた時の達成感はひとしおで
さらに冒険の続きが気になり、止まらなくなり、プレイをしたくなる。

そういう部分ではシリーズ初期からブレがないように思える。
様々な障害がネイトを苦しめ、絶望的状況が起こるが
プレイヤーは自然とこう思ってしまう。
「大丈夫、ネイトだったら絶対なんとかしてくれる」
そう感じた時、絶体絶命のアクションすら心地よいジェットコースターとして
楽しめてしまうのだ。

そして、「アンチャーテッド」の楽しさというのはアクションだけではない。
「謎解き」そして「絶景」「そんな所通れるのか?という道を切り開くこと」

アンチャーテッドの楽しさ「謎解き」とは?

「謎解き」は言うまでもないが
アンチャーテッドは過去の遺物を追い求める無法者達のことで
過去の遺産にはそれを守る罠だったり、行く手を阻む謎が随所に散りばめられている。
その都度、感覚と頭を総動員して謎解きへと挑むのが楽しい。
今回の謎解きも難しい、ということはない。
例え難しくても基本的には随伴しているキャラクターが
様々なヒントを出してくれるので、躓いて先に進めない。ということもないだろう。

そして、謎解き。というのは罠だけのことではない。
各地で手に入るジャーナルを収拾することで、物語の背景に隠されている
人間模様なども垣間見ることができ、その謎解きについても興味を惹かれ
続きが気になり、どんな結末になっているのか。興味が尽きない。

アンチャーテッドの楽しさ「絶景」とは?

「絶景」は私のツイッターを見て欲しい。

中盤ぐらいの山間部から街を見下ろしたシーンだが
これ以外にも様々な絶景を楽しむことができ、その都度、飽きることがない。
以前、別のゲームで「星海はどこ?」と書いたことがあるが
絶景など作る必要がない。という人もいるだろう。
実際、それがゲームのオモシロさ。に直結しているとは言わない。
なぜなら8bitのレトロゲームでも楽しいものは楽しいわけで
絶景を表現できなくても担保はできていると言えるからだ。

しかし、時には絶景で足を止め、隈なくその空気感を感じたい。ということもある。
そしてアンチャーテッドシリーズには、それができるだけの表現力を持っている。
開発元の「Naughty Dog」はあの「ラスト・オブ・アス」を開発したところであり
廃墟や自然などを創りだす能力は間違いない。

今作では街中では生活感が大いに感じられるし
廃墟では廃墟となった年月を感じさせるように細かく丁寧に作られている。
是非とも只々アクションゲームとして楽しむのではなく
絶景にも気を止めて楽しんで欲しいと思う。

アンチャーテッドの楽しさに踏破する喜びもあると思う

そして、最後に
「そんな所通れるのか?という道を切り開くこと」と書いたが
少々伝わりづらいかもしれない。

しかし、アンチャーテッドではお馴染みなのだが
主人公であるネイトは「世界有数のクライミング技術者だろ」と思えるほど
絶壁を移動するのが大好きな主人公なのだ。
RPGの勇者はただの川にすら飛び込むことを嫌がるのに
ネイトなどは率先して川に飛び込むし、橋が壊れたぐらいでは対岸に渡るのを諦めない。
崖を超えて絶壁をジャンプして、いつの間にか対岸へと渡る道を見つけてしまう。

この通れるとは思えない道のりを踏破していくことの気持ちよさ。
というのもアンチャーテッドの楽しみの一つと言える。
現実的に考えればスタミナだったり、疲労物質などの問題。
そして何より高所という恐怖感からできないようなことも
主人公ネイトは「なんとかなるだろう」としてやってのけてしまう。

今回も度々あったが崖から崖へのジャンプ飛びつき。
指先だけでの着地。というのはお手の物である。

そして、開発元「Naughty Dog」がよくわかっているのは
時にはハラハラさせてくれる演出を挟むこと。
というのもクライミングとして体重を掛けるのは、崖に突き出た小さな取手。
時には何十年を雨風に晒され風化しかけた木片だったりに掴まることもある。
そんなものに「強度」がしっかりあるわけではない。

だから、時としてネイトが掴まった部分が破損し滑落することもあるのだ。
それが程よいバランスで、ユーザーが忘れたころに差し込まれる。
「ハッ!」と息を呑みユーザーにハラハラ感を与える演出を導入してくる。

総評してアンチャーテッドの楽しさとは「静と動」の混在

このようにアンチャーテッドの楽しさとは様々なことが組み合わさってできている。
しかし、そのオモシロさの根本というのは
「静と動」の組み合わせだと私は推察している。

激しいアクションには激しい銃撃戦と
息をつかせない追撃者からの逃走などで感じるプレッシャーという「動」の部分もあれば
静寂と絶景を楽しみ、空気感に浸れる世界観を楽しむ「静」の時間もある。

そういう「静と動」が上手く混在し、程よくユーザーへと提供されることに
細心の注意を払い、それぞれが過多にならないように企画段階から
しっかりと判断していると言える。

今回で主人公ネイトの物語は終わるのかもしれない。
しかし、エピローグで示されたように次の物語へと……。
なんていう淡い期待も、シリーズファンとしては期待せずにはいられない。
今後も「Naughty Dog」が開発を行うなら
シリーズファンとして購入したいと言える。

 - PS4, ゲーム