elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

隠れ資産を利用するためには、しっかりと資源を見極める力が必要

   


隠れ資産を使うために常日頃の頭の整理が重要

マーケティング戦略というのは大きな企業だけのもの、と思っているかもしれませんが
いえいえ、実はそんなことはないのです
小さな企業であろうと、個人事業主であろうと今後の、未来への事業を考えた場合には
時間を置いてしっかりと考えて行かなければならないこと。だと私は考えます。

そこで、マーケティング戦略について
面白い記事がありますので紹介したいと思います。

ジャッキー映画に学ぶ、マーケティング戦略の考え方:たとえば 椅子 という「隠れ資源」

タイトルを見ただけでも
どうして「ジャッキー映画に?」と思えるかもしれませんが
読んでいくとその理由が明確にわかります。
まずは一読してみることをオススメ致します。

そんな記事から一文を引用させて頂きます。

保有する資源を把握するためには4つに分類すると便利です。横軸を「組織内の資源」と「組織外の資源」とし、資源の帰属先を示します。縦軸に「一見して分かる資源」と「一見しただけでは分かりにくい資源」を置きます。

と記事内で書かれているのですが
戦略を考える時には、まず自分の中にある手元のコマについて
しっかりとした把握が必須です。

そのコマをどうやって動かすのかは自分自身に掛かっています。
どこで資源を利用し、どこで後退させるのか。そして次にどうやって動くのか。

そういう部分も含めて判断できるようにならなければいけない。
そういう意味でも資源をしっかりと見極め
次にどんな資源を必要とするのか、その掘り起こしをしなければならない。

coins_Money

実は資源の掘り起こし、というのはSEOのコンテンツ制作でも必須の事。
コンテンツ制作にあたり、自社が抱えている資源について
しっかりと精査を行い、使えるもの使いづらいもの
加工すれば利用できるもの、もしかすると使えるもの。
という風にコンテンツを探し続け、新しい見え方にてコンテンツを作って紹介する。

以前にUSJについて次のような記事を書いたことがある。

USJの仕掛け人の言葉が何とも面白いので取り上げてみる

USJの復調を仕掛けた人のインタビュー記事を紹介したものだが
USJの仕掛け人もまた、USJ内にある現在の資源を
しっかりと見極めた上で、工夫して使える資源にコストを投下することで
V字回復へと導くことができたのだ。

そう考えるとただただ目の前のことだけを考えるのではなく
しっかりと立ち止まり、現状で持っている資産、資源について見極め
大きいなる未来を見据えて、どのように活用するべきなのか判断を下す。

結果として、コストを掛けずに隠れ資産を上手く使うことで
V字回復できた良い例、と言えるのではないだろうか?
そういう意味でも興味深い記事と言える。

 - SEO, ヨモヤマ