elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

GoogleAnalyticsが提供するユーザーエクスペリエンスの個人的な使い方を紹介

   


GoogleAnalyticsが提供するユーザーエクスペリエンスを知っている?

今回はちょっと本業、SEOやSEMの話を。
今回取り上げるのはGoogleAnalyticsに最近になって追加された機能
「ユーザーエクスペリエンス」についてです。

あ、間違っても「ゴールドエクスペリエンス」という
感覚を加速させるという、ほぼブチャラティにしか使っていなかったスタンド能力ではありません。

「ユーザーエクスペリエンス」の話を紹介するまえにまずは参考リンクを記載したいと思います。

Googleアナリティクス期待の新機能「ユーザーエクスプローラ」を徹底解説
[速報]より深いユーザー分析が可能に! 新しくなったGoogleアナリティクスのポイントをチェック

WEB担の人気コラムでもある「衣袋教授」のGoogleAnalytics講座。
少し前には「セグメント100選」というすんごいことを連載されていて、そこから読ませて頂いてます。

参考リンクは今回話しをさせて頂く「ユーザーエクスペリエンス」について
詳しくまとめられていますので、参考にしていただけれればと思います。

ユーザーエクスペリエンスという機能について

さてさて、ユーザーエクスペリエンス。とはどういう機能なのか。
簡単に説明するとGoogleAnalyticsに昔から求められていた
ユーザーの行動の詳細を確認することができる機能、なのです。

これまでGoogleAnalyticsには、ページ視点でどれだけのユーザーが来たのか
どんな移動が行われており、次にどのページに行ったのか。
などを確認することはできたのですが、これはあくまでページ視点
流入してきたユーザー個人を限定しどんな行動をしていたのか。というユーザー視点
詳細を確認することは、これまでできませんでした。

ちなみに断っておきますがGoogleが技術不足で出来なかった。という訳ではないでしょう
たぶん流入してくるユーザーへの配慮であり、プライベトな情報を公開することに対して
事細かく考えるGoogleだからこその判断があったのだと思います。

さて、それではそんなユーザーエクスペリエンスについて
個人的にどのような使い方をしているのか、紹介をしたいと思います。

まずユーザーエクスペリエンスを選択するには
「ユーザー>ユーザーエクスペリエンス」にて選べます。

現状のユーザーエクスペリエンスの基本的な画面はこちらです。

google_analytics_user_Experience

「クライアントID」というのが
流入してきたユーザーに割り振られる数字の羅列であり管理番号となっています。
あとは「セッション数」「平均セッション時間」「直帰率」「収益」などなどがあります。
現状ではココらへんの項目を変更、追加削除というのはできないようです
eコマースでないと「トランザクション」というのは使わないので
個人的には「コンバージョン数」に変更したいのですが…。今後のバージョンアップに期待ですね。

あとはリンクとなっている「クライアントID」をクリックすることで
紐付いているユーザーの行動詳細を確認することができます。
バージョンアップが行われたことでいろいろと改善され使いやすさがグンッとあがりました。

google_analytics_user_Experience1

ユーザーエクスペリエンスの個人的な使い方について紹介

さて、それではユーザーエクスペリエンスの便利な使い方を紹介したいと思います。

まず私が使うのは「セグメント」との併用です。

セグメントというのは様々な条件を設定することで
自分独自の、自分のサイトに合ったフィルターを設定できるもので
このユーザーエクスペリエンスでもセグメントを使うことができます。

他と違うのは複数のセグメントを設置したとしても
全セグメントの情報を一覧で確認できるのではなく切り替え式になっている。というところです。

まず一番に利用して欲しいのが「コンバージョンに至ったユーザー」です。

これは元から入っているセグメントであり、コンバージョンしたユーザーだけを
切り出すためのセグメントとなっています。

まあ、さらに付け足して言うまでもありませんが
これを確認することでコンバージョンしたユーザーの行動詳細を知ることができ
どんな流れで、どんなコンテンツに興味を持って動いてくれたのかを確認できます。

面白いのがクライアントIDは基本的にcookie情報を元にしているので
データが消されるまで自動的に追尾を行なってくれます。

つまり、複数日にわたって流入してくれていることも確認できるので
どのようにお客様が迷われているのかも調査することが出来るわけです。
例えば最初は別のサービスから企業ページに入ったけど
次はコンバージョンしたサービスページに入ってきてくれて
そこを中心にいろいろと確認した後、企業の会社概要などを確認した後
コンバージョンしてくれた。なども確認できます。

これをコンバージョンに至ったユーザーで確認することで
コンバージョンするユーザーがどんなページを参考にしているのか。
というのも見えてくるはずです。

コレ以外にも私のこのサイトの場合には
ユーザーが注目しているページをセグメントとして切り出し。
このページを見たユーザーはどんな行動をしているのか確認することもできます。

例えば「Netflix海外映画ラインナップ」のページを見た
あるユーザーの行動詳細は次のようになっている訳です。

google_analytics_user_Experience2

さて、そんな便利なユーザーエクスペリエンスで行動詳細を見ることでわかってくることがあります。
それは何かにつけてトップページに戻っているユーザーが多い場合
それはサイトのユーザー動線に問題がある可能性が高い。ということ。

ユーザー心理としては目的のページに行きたいのにナビゲーションメニューが複雑なため
思っているページに辿り着けない。その結果、見つけられなかったので
一度、行き先を確認したトップページを介して次のページへと移動している。

そういう推察ができるわけです。
見分け方としてはトップページへと戻った時の滞在時間を見ることで
なぜトップページに戻ったのか。というのを推察できます。
時間が短ければ、移動経路としてであり時間が長ければ別の可能性を孕んでいます。

なんていう使い方もできる大変便利な機能なのが「ユーザーエクスペリエンス」なのです。
「黄金体験」とまでは言いませんが、ユーザー体験も深掘りしてみることで見えてくるものがあるはずです。

 - SEM, SEO