elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

経済学という観点から「仕掛け」を解明する考え方に興味を惹く

      2016/10/07


「仕掛け」を理解し「仕掛け」を用いた戦略が充満している

「仕掛け」という言葉がある。デジタル大辞泉によると

 相手にしかけること。先に攻撃などをすること。
 目的のために巧みに工夫されたもの。
  装置。からくり。「自動的に閉まる―」「種も―もない」
  策略。たくらみ。「まんまと―にはまる」「色―」
  釣りで、ねらう魚に応じて、糸・針・おもり・浮きなどを仕組んだもの。

などと紹介されている。

そんな仕掛けについて紹介した、大変興味を惹かれた記事を紹介する。
と、言っても攻撃したり、装置を動かしたりする仕掛けではなく。
策略や釣りに近い、仕掛けだと言える。

ドーナツ屋が警官にコーヒーを配る深い理由

すでにタイトルからして興味を引かれる。
日本にいると「ドーナツ屋?ミスドで警官がコーヒー飲んでるか?」と思いたくなるがそうではない。
アメリカのドーナツ屋「ダンキンドーナツ」の一例を紹介している。
日本では馴染みがないが、よくハリウッド作品の映画などで描かれる光景として
ドーナツ屋に巡回中の警官が立ち寄りコーヒーを注文する、描写をよく見る。

映画で取り上げられるほど、アメリカでは共通認識として持たれており
日常的な光景として広がっている。では、その光景はどうして作られたのか?
作られた仕掛けについて紹介している。

しかし、この仕掛けというのは興味深い
確かに人は人知れずこの仕掛にうまく踊らされている。ことは少なくない。

vegetable_shelf

例えばスーパーでも、今現在は良く考えられ仕掛けをもとに商品陳列がされている。
入り口側には生鮮野菜などが置かれ、移動経路としてはコの字型に成形されている。
より売りたい商品を移動経路上に目立つようにエンド陳列にてアピールされている。

仕掛けが実施されているのはスーパーだけではない。他にもコンビニなどはさらに秀逸だ。
良く見るだろうが「700円購入でくじ引き」というキャンペーンがある。
どうして700円なのか、というのはコンビニでの平均利用金額が600円前後であり
利用金額を上げるための仕掛けとして700円に設定されている。

では、それでユーザーは不利益を被っているのか?
というとそうでもない。実際良い商品を簡単に見ることができるし
700円以上買えば、くじを引き欲しいプレゼントを得られる可能性がある。

しかし、多くの人がそういう利点を得ながら仕掛けによって誘導されている。ということを知らない。
その仕掛けについての種明かしのようなものが記事内には紹介されており
興味深く読むことができた。これは紹介されている書籍にも興味をそそられる。

ということで、「仕掛学」を実際に購入させていただき、読ませて頂きました。
購入を検討している。という人には私の感想を読んでみては如何でしょうか?

書籍「仕掛学」もっと専門的なデータに踏込んでいればよかったのにと感じてしまう

 - ヨモヤマ, 書籍