elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

VRが持ち込む疑似体験の広がりがテロと結びつかないか心配

   


VRが持ち込む疑似体験というものが、負の遺産になることは避けたい

「VR元年」と呼ばれたのが2016年初頭。このサイトでも何度かネタにさせて頂いたVR。
つい先日ソニーからPlayStationVRも満を持して販売され売り切れが続出。
幹部からはすでに利益が出ている。などという報告なども出るほどの人気。
VRの世界が動き始めている。そんな感覚を持ち始めている人も多いのではないだろうか。

vr_woman_man

そんなVRに関して大変興味深い記事を読ませて頂いたので紹介したい。

プレイステーションVRも話題、VRによる圧倒的な「体験」

VRに関してまとめられており、そして何より
この方独自とも言える視点に興味を抱いたので引用させていただく。

本稿は最後により重要な論点として、VRを利用した疑似体験による現実空間のさらなる複雑化について考えたい。

例えばVRジャーナリズムの圧倒的な映像体験は、従来の文字やそれに伴う人の想像力を超える力を秘めている。故にVRの圧倒的な「体験」を、人々の感情操作のための道具として利用することには注意が必要だ。映像の迫力を前に新たな現実感覚を受け付けられてしまう危険性があるからだ。

論点「VRを利用した疑似体験による現実空間のさらなる複雑化」

という部分へとこの記事全体が集約されており、VRという疑似体験できるからこその
期待とともに抱く不安について論考をまとめられている。

引用した中に「感情操作」という言葉が出てくる。
「感情操作」とはなんだろうか?この引用部分の説明だけでは理解することは難しいが
その後に一般的な例として「VRジャーナリズム」というものを創作しての紹介がなされている。
これは是非とも元の記事を読んで確認して欲しい。

この筆者が伝えようとしている「論点」に関して十二分に不安感を共有できるのではないだろうか。

VRによる疑似体験の発展で世界はどうなる?

インターネットが発達し、さまざまな情報が発信され受信できる世の中へと改変されていった。
それはとても良いことだろう。人々が様々にうちに秘めていた想いを
大きく、そして声高に叫ぶことができるようになった。

それはある意味で夜の海岸にて「バカヤロー」と叫び鬱憤を晴らすのと同じように
無限に広がるネットという海に向けて叫んでいるのに近しいのかもしれない。
反響を期待しつつも、投げかけているの無限に広がるネットという海なのだ。

しかし、気づけばネットという海には、多くの人びとが憂さ晴らしした
鬱憤にまみれた情報過多になりだした。
それはまさに満潮のようにネットの海を大きく肥大させ、情報過多による水没さえじさない。

そんな中で人々が見出したのは「フィルター」ではないだろうか。
フィルターと言っても、そのままの意味ではない。
「検索結果」というフィルターもあれば、「今週のランキング」というフィルターもある。
「もっともコメントが付いた記事」「1時間以内に読まれたランキング」
「多くの人がいいねした記事」などなど。

結果として、誰かの推挙や推薦。不特定多数の賛同を元にした
フィルターを用いて情報過多の海を乗り越えようと船出をしている。

それは結果として、紹介している記事でも書いているように
「集団極化」へと進ませることになり、集団的思考が重きを置くようになってくる。

面白い事に、先日プレイした「ペルソナ5」においても
この集団的無意識というものを関連付けてストーリーが展開しているが
少なくとも同じように違和感や不安感を感じている人は少なくないのかもしれない。

VRジャーナリズムでローンウルフ型が広がらないか心配に

今回、私が紹介した記事にて感じたのは
やはり「VRジャーナリズム」という考え方である。

記事内では「国の戦争」として紹介されていたが
未だに駆逐することができないテロというものへと結びついた時の恐ろしさ。
というのは、計り知れない。

我々がこれらを見て、疑似体験と現実との違いを確認することは難しくない。
が、それは下地として一般教養であったり
これまでの人生観であったりがあり、自分の中に自分という暦があるからだ。

だが、そういう下地がなく、どうしても揺れ動く存在である
「子ども」が体験した時というのは……。考えたくもない。

テロがローンウルフ型に発展してきていることをこちらの書籍で読ませて頂いたが
それを可能にしているのは、様々な形の宣伝活動に他ならない。
各国内で宣伝活動によって絡め取られる形で子供たちが影響を受けローンウルフにてテロ活動を行っていく。

それがVRと接続することで筆者が言われるように
「VRジャーナリズム」による「感情操作」に結びつかないか心配してしまう。

 - ゲーム, ヨモヤマ