elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

任天堂「Nintendo Switch」兼用機に舵を切ったその理由とは?

   


任天堂の新機種「Nintendo Switch」がついにベールを脱ぐ

昨日、任天堂がこれまで開発していた「NX」という
開発コードの新機種に関してついにベールを脱いだ。

機種名は「Nintendo Switch」という名称で
さまざまな新しい試みが取られている新機種となっている。
次の専用ページも紹介されており、気になる方は情報を確認してみて欲しい。

nintendo_switch
https://www.nintendo.co.jp/switch/
© 2016 Nintendo

さて、そんな「Nintendo Switch」だがこちらの記事にもあるように

Nintendo Switchはまだベールを脱いでいない

という感想は大いに頷ける。

Youtubeなどに動画が上がっており
ゲームプレイしている雰囲気や、遊びの提案などを紹介しているに過ぎず。
ユーザーが一番気になる「価格」に関してはまだ少し先となるようだ。

とはいえ、まだまだこれからベールをさらに脱いでいく話

しかし、今回の発表で一番に驚いたのは言うまでもなくそのコンセプトである
紹介した記事ではその点に関して良い言葉で紹介している。

Nintendo Switchのわかりやすい特徴は、据え置き型ゲーム機と携帯ゲーム機の切れ目をなくそうとしていることである。
<中略>
今までのゲーム機で、このような兼用機はない

兼用機、というのは確かにこれまでにはない。

まあ、WiiUのゲームパッドにはディスプレイもあり、ゲームをすることもできた。
だが、あれ単体で外部へと持ちだしてのプレイはできない
本体から電波が届く範囲内、という限界があり、出力先としてしか機能していない。
そのためWiiUをさらに発展させた形で、兼用機へと昇華させている。

そして、兼用機として展開させて行くことを示唆しているのが
参画しているパートナー企業から読み取れる。なぜなら、中にスマホ事業をメインとしている
DeNAやガンホーなど開発企業が入っているからだ。

WiiUなどではサードパーティ製のソフトが揃いきらず、コンスタントにソフトの提供ができなかった。
という部分が敗因と言われており、その弱点を解決するためにスマホ事業方面を勧誘した。ということだろうか…。

勧誘した大きな理由は、開発スパンの多様性。
コンシュマー機向けのゲーム開発は企画から始まり開発期間は長く掛かる
だが、スマホ向けは複雑なゲーム性を造る必要もないため、開発期間は短くてできる
この開発期間の違いによって、複雑なゲームがローンチするまでの間も
簡易的なゲームを取り扱うことで、コンテンツ提供を定期的に実施し
WiiUで問題になったソフト不足を打破しようと考えているのだろう。

しかし、それは上手くいくのだろうか?という疑問がある。

言っては悪いがスマホ向けアプリというのは簡易的なゲームが多い。
理由は言うまでもなく、スマホでプレイするもので
自宅でガッツリと時間をかけて遊ぶようなものではないからだ。

スマホ向けに作ったコンテンツを「Nintendo Switch」でも投下。というのでは
スマホを持ち歩く現代人に「Nintendo Switch」をわざわざ持ち歩くのか?という疑問が残る。

では「Nintendo Switch」専用のゲームを開発するとして、これまでスマホ向けしか作ってこなかった会社が
そうそうにコンシュマー向けの良いゲームを作ることなどできるのか?という疑念が生まれてくる。

だが、開発期間の問題というのは、ソニーが抱えるPlayStation4などでも同じ問題を抱えている。
が、こちらもうまく対応している。
それはインディーズゲームを積極的に取り入れていることだ。
小さなデベロッパーや、個人制作のようなインディーズ開発でも、良いゲームは率先して提供を行い。
PSNにて配信することで開発期間の問題をカバーしている。

任天堂が「Nintendo Switch」にて行った
スマホアプリ開発企業の取り込みはどのように今後展開するのか気になるところではある。

だがそんな「Nintendo Switch」の期待もマーケットには響かなかったのか?

期待しているのだが、どうも株式市場にはあまりよい反応がでていないようだ。

東京株午前終値は50円高、半年ぶり高値を更新 新型ゲーム機概要発表の任天堂が大幅安

となっている。基本的に新機種の発表があると需要が見込まれることで株式が高騰するのだが…。
どうも悪い印象を与えてしまったのか売りが先行し下がっている。

考えるに「PlayStation4」のような、しっかりとした据置機ではなかったことで
「またしても任天堂が奇をてらってきた!」という部分から
「WiiU」の悪夢が蘇ったのかもしれない。結果として、売りが先行したのかもしれない。

個人的に公開されてるムービーで気になったのは、外人のキャストを使い
WiiUなどで振るわなかった北米などの海外へのテコ入れ?を意識しているのかなと考えたが
その遊んでいるシーンでコントローラーである「Joy-Con」が海外の人の手のサイズ感が合ってない。
という部分が気になったぐらいで、それなりに期待感は持っている。

 - WiiU, ゲーム