elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

「Nintendo Switch」に向けて任天堂はWiiUの失態の販売戦略を見直すべきでは

   


任天堂「WiiU」の販売戦略はどうだったのだろうか?

任天堂が先日おこなった決算発表会の記事を少し紹介したい。

任天堂、ポケモンGO効果を円高が”帳消し”

任天堂が置かれている状況について解説されており
ポケモンGOで得られた利益も、円高によってほぼ帳消しとなってしまった。
そして、新ゲーム機である「Nintendo Switch」に関しても触れられている。

さてさて、そんな記事の中で
現行機である「WiiU」について触れられているので
少々以前から思っていたことを綴ってみたいと思う。

据え置きゲーム機「WiiU」の売り上げが大きく減少したのだ。

とはいえ、触れられたのはこの一文節のみで、これが本当に現行機かと疑いたくなる。
もう言うまでなく、期待されていない感が否めない。

game_player

WiiUの販売戦略で間違っていたのでは、と思えるところを紹介

そもそも「WiiU」の販売戦略として間違っていたと個人的には思っているところが強い。
何を間違っていたかというと
「バンドル供給を率先的にしなかった事」をあげたい。

というのも、数年前に販売された「大乱闘スマッシュブラザーズ
このゲームの販売を多くのプレイヤーが待ち望んでいた。
Nintendo64から販売され、キューブ、Wiiなど新しい機種が出るたびにバージョンアップし
そして面白さや楽しさを提供し続けてきたソフトである。
世界中でファンを作ってきた、任天堂においても売れる商品といえるコンテンツであった。

私自身もこれを待っていて、それに合わせてWiiUを買い揃える予定をしていた。
が、販売が迫る中いつまで経ってもバンドル商品が投入されることがなかった。

バンドルというのは、ゲームソフト+ゲーム機にしたもので
これを購入することで、ゲーム機を持っていなくても一気に揃えられる。

利点としては、ゲーム機を持っていないユーザーにとって導入しやすい。
ゲーム機とソフト、それぞれを別々に購入する必要もなければ
まとめて購入して貰えることから割引などもあり金額的優位も得られる。

だが、そんな「スマッシュブラザーズ」+「WiiU」
バンドル商品の導入を任天堂は行わなかったのだ。

いつまで経っても予約が開始されないので
個人的に任天堂へと電話して、予定があるのか確認した経緯もある。
その時の解答は「現在のところ予定はありません」というもので
仕方なく単体「WiiU」単体「スマッシュブラザーズ」別々に購入した記憶がある。

どうして任天堂はバンドル販売に踏み込まなかったのだろうか

当時からWiiUは売れておらず、なかなか販売数の伸び悩みが叫ばれていた
対してPS4は世界的に売上を伸ばしている。
そんな現状に任天堂の首脳陣がバンドルを軽視した。ということはないだろう。
が、バンドルの投入時期に関しては疑問点を抱かざるを得ない。

キラーコンテンツでもある「マリオカート8」を見てみよう。
ソフト単品は発売日は「2014/5/29」で、バンドルの発売日は「2014/11/13」
ソフト単品だけを先行で販売し、ある程度経ってから「バンドル版」を販売する
という戦略を取っており、2016年にヒットを飛ばした「スプラトゥーン」も最初に単品販売。
その後、ようやく「バンドル版」を導入に乗り出している。

つまり、これが任天堂の販売戦略
なのだろうが、これが伸び悩んだ一つの要因ではないだろうか。

その裏側にあるのは、想像ではあるが……。
市場に出回っているWiiU単品を少しでも売れるために
バンドル版の販売を控えて、ソフト単品の販売数が落ちてきたところで
ブースト効果を狙ってバンドル版を投入。という目論見があったのかもしれない。
もしくは卸問屋との付き合いがあるからこそ
マーケット内に残っているWiiU単品を気にしなければならなかった。
という任天堂という体勢的問題があったのかもしれない。

正直その裏側的な部分まで推察することはできない。
が、ユーザー視点に立った時、これは明らかなる失態でしかない。

任天堂がそんなことをしている時、ソニーのPS4は?

対するPS4を見てもらいたい。
これが近々販売される「龍が如く6」のバンドル版だ。

すでに世界中に何千万台と出回っているのにも関わらず
いまだにソニーはバンドル版を出している。それも、ただのバンドルではなく
龍が如く6に対応した刻印やカラーチェンジなどマイナーチェンジを行った機種だ。

そこに付加価値を設けてマニア心をくすぐるマーケティング戦略を展開している。
ただのバンドルなら市場に出回っている「一般的なPS4」+「龍が如く6」で良い。
が、ソニーとSEGAがタッグを組んでいるのは、ファンやマニアなどに興味関心を示してもらうための
宣伝方法として「マイナーチェンジしたPS4」+「龍が如く6」を販売している。

この戦略は多くのPS4ゲームで行われており「メタルギアソリッド」の時も
そして、PSVITAなどでも行っておりファン層が構成され売上が見込めるものに関しては
さらなるファン層をくすぐる戦略を取ってきている。

どちらが良いのか。どちらが優れているのか。
というのは市場が判断してくれることだと思うが……。
WiiUに関して言えば、販売数が伸び悩んだ一つの要因として
ユーザーが欲しい時に、バンドルを投下できなかったこと
というのは、少なからずあるように思えてならない。

 - WiiU, ゲーム, ヨモヤマ