elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

プレステVRよりポケモンGOがつまらない、とかナンセンスな話を紹介

   


任天堂信者なのだろうか?他社を貶めるようなことは必要なのだろうか?

なんだろうか、この任天堂信者感は……。
そう感じずにはいられなかった記事を紹介したい。

プレステVRは、ポケGOより格段につまらない

壮大にプレステVRについての悪口を並べ
ポケモンGOが新しい楽しみ方を提供していることを並べ立てている。
が、前提としてポケモンGOは任天堂の開発でもない
すでに入りからして話題のすり替えで、同じ土俵ではない

ポケモンGOのボールとスマホ

さて、それでは気になる部分について引用してみたい。
まず、PlayStationVRについて次のように述べられている。

昔すでにゲームセンターのゲーム機で採用された技術の延長線上にあるものだ。なので、あまり目新しさは感じられない。

などと書いているが、ポケモンGOで取り上げられた拡張現実というゲーム性もまた
ポケモンGOに流用される以前から執り行われていたもので
技術の延長戦上と言わざるを得ない。

Nintendo3DSにもPSVITAにもAR向けのゲームが配信されている。
まあ、その後、まったく後続の開発が行われなかったのだが…。
十分これでポケモンGOもまた技術の延長線上でしかない。と言えてしまえる。

うん?これまでの3DSやPSVITAのゲームには「ARマーク」が必要だったじゃないか?って
そう「黒と白」でマークされたカードを認識が必要であった。
それが、ポケモンGOでは位置情報と画像認識にて
パターンカードがなくても利用出来るように技術を発展させたのだ。

つまり、これもまた技術の延長線上でしかない。
そもそも、今現在の世の中で技術の延長線上にないものは、正直なかなかに少ないと言わざるを得ない。
結局のところ、多くの物が技術の延長線上にあり
それを良い悪いの判断に用いるのはナンセンスと言わざるを得ない。

そもそもどうして今の時期にこんなことを書いているのか推察してしまう

仰々しい肩書があるにも関わらず
ナンセンスなことを言っていることに異論があり書かせて頂いた。
日本のゲーム市場を考えた時、どちらが悪いどちらが良い
という馬鹿な考え方は正直控えて頂ければと思う。

それぞれ向かう方向性が違う。PS4は高性能化を進め
高額な開発費を元に、よりこれまでに実現できなかったようなゲームをという部分が強い。
が、任天堂は次世代機の「Nintendo Switch」からも推察できるように
手が届きやすく、より手軽に遊べる部分へと向かおうとしている。
ビジネスモデルには違いがあることは明白だ。

そういう異なったモデルであることを認識し、それぞれが良し悪しで張り合う事自体が
ナンセンスであり、そんなところで張り合う必要など特に無い。

そんな中で個人的にはこの記事が出たことの裏側を推察したくなる。
というのも、ココ最近の任天堂に関するニュースというと「Nintendo Switch」が取り上げられる。
が、思った以上に市場は反応せずなぜか株価は下がってしまった

それに対するカウンター記事として、任天堂の良い部分だけを集めて少しでも……。
なんて雰囲気を感じてしまう。個人的推察ではあるが。
もしも、そんな記事が書きたいのならば、どこかを蹴落とすのではなく
任天堂だけが実施している良い点を淡々と紹介すれば良いと思う……。
そうすれば、ここはで苛立ちを覚えなかったのに。

とはいえ、正直どうしょうもない記事と言わざるを得ない。
そもそも「昔に流行った業務用のVRゲーム機」という風に書いているが
具体的な名前が出てきていない。「20年前」などの情報があるがそんなのあっただろうか?

もしかしてセガが出していた「アフターバーナー」という
あの乗り込む筐体型のことを言っているのだろうか?
あれがVRなのだろうか、まあ、バーチャル・リアリティと言えばそうかもしれないが……。

 - 3DS, PS4, PSVITA, WiiU, ゲーム