elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

モバイルファーストインデックスの展開が号令され、様子を見ながら反映されていく

   


モバイルファーストインデックスが始まり、今後数ヶ月をかけて実施していく

SEO界隈の大きな流れとして取り上げない訳にもいかないので紹介をしておきたい。
先日、次のような情報が流れてきた。

モバイル ファースト インデックスに向けて

ユーザーにとってさらに価値ある検索結果を提供するために、Google ではモバイル ファーストのインデックス登録に向けた実験を開始しています

という形で宣言されたのが「モバイルファーストインデックス」
モバイルを優先する形でインデックスを行っていくというもので

今後数カ月にわたって小規模の実験を入念に行い、素晴らしいユーザー体験を提供していると自信をもって判断した時点でより広範囲にわたって変更を反映していきます。

と書かれている通り、数ヶ月の実地テストを行いながら
影響を調査したうえで反映していく。という判断のようです。

もちろん、この宣言が行われる前から
モバイルファーストらしい検証は行われていたことでしょう。
それらのテストの結果、それなりに良い反応を得られることができたことから
今後の大規模な対応の前に、喧伝を行ったと思えます。

実際、私の方でもスマホ対応できていないサイトが順位を急に下げる。
という現象を数ヶ月前から確認しており
モバイルに関する更新を行っているのでは?という疑問を持っていたのですが
それらが肯定されたことになります。

スマホのiPhoneを上下反転

モバイルファーストインデックスの詳しく情報を紹介しているページ

詳しくまとめられているところも少なくありませんので紹介させて頂きますと

Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?

どのようなサイトに影響でるのか推察されているので
気になる方は是非とも読んでみておくことをオススメする。

まあ、言うまでもないことではあるが、今現在、どんどんモバイル化が進んでいる
モバイルが優れている。という分けではないだろう。が
スマホは常日頃から肌身は出さず持つような状況に恵まれており
これまでのパソコン以上に検索される端末として陽の目を見ていくのは
紛れも無い事実としてある。

そういう現状において、触れる機会の多い
モバイルへと向けたモバイルファーストインデックスというのも
ある意味で頷かずにはいられない話といえる。

紹介した記事の中で次のような言葉が使われている。

デスクトップ版 = Primary
モバイル版 = Secondary
<中略>
モバイル版 =Primary
デスクトップ版 =Secondary

こういう現実になり始めている。いや、なっている。ということなのでしょう。

個人的にはつい先日までメインPCがお釈迦になっており
基本的にネットなどをスマホやタブレットにて代用していた私にしてみれば
パソコンが無いことへの手持ち無沙汰感は異常でしかなかったのですが
日頃から自宅にパソコンがない生活をし、スマホだけでネットを閲覧している。
という状況の若者世代には、逆にパソコンで何をして良いのか分からない。という現実があるのでしょう。
実際、ミニマリスト、という生活を行う人もいるように
なければ無いで、人はそれに慣れてしまうもので
「住めば都」と昔の人が言ったように、適応能力はそれなりにあるわけですよね。

実際、スマホの次にはアプリが待っている状況
多くの人がアプリで商品を購入したり、ニュースを見たりするようになり
検索というのは、ただ少し知識を得たいアプリでは補えないものを。
という、補助的な使い方へとなりつつあるのかもしれません。

そうなると、検索で上位を狙う。ということの意味が
どんどん薄れていくように思えてならないんですが。
この記事を10年後に読んだ方は、今どのような検索行動をしているのか、本当に興味深いです。

 - SEO, ヨモヤマ