elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

DVDやBDの販売やレンタルがVODなどと喰いあっている。は勘違いかも?

   


DVDやBDの販売のマーケティングの難しさを感じるが、それは適合してないから?

皆さんが映画のコンテンツに触れるのはどういう機会だろうか?
個人的なことを言わせていただくと「DVD」「BD」が嫌いになった訳ではない。
だが、個人的なキャズム(溝)にハマっていると言わざるを得ない。

というのも、私は年に数本ほど映画館で映画を見ることが多い。
特に理由という理由はないが、映画を見るならやはり映画館。という趣味趣向によって判断をしている。
ジャンル的に何が、という訳ではないがアクション系が多めかもしれない。

そして、同時に自宅では「Netflix」というSVODに契約をしており
映画館で見逃した作品だったり、日本で放映すらされていないB級映画などに
触れる機会に恵まれ楽しく視聴をさせて頂いている。

children_tv

つまり、私の中で「DVD」や「BD」を買う。レンタルする。という行為は選択肢になく。
上記で紹介したようなコンテンツ視聴をしており、これが溝にハマっていると言っている。

例えばテレビCMなどで興味を惹かれた映画Aというコンテンツがあったとする。
封切られたその時が宣伝攻勢の最盛期で、私の中の欲求もそれに釣られて激しく荒れている

そうやって激しく興味を惹かれた作品は映画館で先に見てしまい、ここで消化される。
二度みたいという欲求が無い限り、DVDやBDへと触れる機会に恵まれない。

続いてテレビCMなどにて、「へぇこんなのもあるのか」程度にしか
興味が惹かれなかった映画Bというコンテンツがあったとする。
私の中の欲求も荒れてはいるが白波が立つ程度

こういう作品は映画観で博打感覚で見に行って「くそー」となることもあるが
基本的には映画館で見ることはまずない。

となると、DVDやBDの出番になるのだが、DVDやBDが販売やレンタルされる頃には
私の中での欲求もさざなみ程度に収まっており、見る機会に恵まれない。
そして、気づいた時には「Netflix」などのSVODにて公開されており
それを「ああ、あったあった」という形で視聴を楽しんでしまう。

これが私の映画というコンテンツに触れたあとの視聴形態のパターンになる。
つまるところ、DVDやBDの購入という選択肢は
私の欲求の溝にハマってしまい、選択肢の中に登場することすらない。
実際、映画などのココ最近DVDやBDを購入した。という経験は以前に紹介した「天地無用」の
BDぐらいで、それ以前となると「パイレーツ・オブ・カリビアン」だったりするw


DVDやBDのマーケティングという厳しい状況

どうして、こんな話をするのか。というとこちらの記事を読ませてもらったからである。

スマホ内にエンタメが溢れる今、DVDを購入してもらうために何をする? 『ゴーストバスターズ』の挑戦

この時代にDVDやBDの販売。というマーケティングはなかなかに厳しいのかもしれない。
だが、そんな中でどのような手法を取って広告宣伝を行っているのか。
そんな状況がかいま見える記事だったからだ。

そして、そんな記事に触発されて今の時代のDVDやBDについて考えてみたく書いている訳である。
まあ、私個人が世間一般を代表しているわけではないので
個人のたわごとと適当に読んで頂ければと思う。

一般ユーザーなら、映画館で見れなかった、見なかった新作が
DVDやBD化された時に選べる選択肢は二つ。

  • レンタルに並び始めるのを待って、借りて視聴する。
  • DVDやBDを購入して自分のものにし、何度も視聴する。

だが、先で紹介したように以前に購入した映画は「パイレーツ・オブ・カリビアン」で
レンタルショップの会員証もない。そんな私にはいずれの選択肢もすでに選べない。
特に会員証を必要とし、返却期限と返却しなければならないという行為が必要なレンタルは
私の中では購入よりも敷居が高いと言わざるを得ない。

そういう状況を起こしてしまっているのはなにか?
一つ言えるのは「Netflix」などのSVODやVODであるのは間違いない。

DVDやBDの販売はNetflixなどのVOD環境との喰い合い?

映画というコンテンツを見る場合、選べるのは二つ。
映画館と自宅などでの個人による視聴環境

映画館で見る理由はあの巨大スクリーンと暗所による没入感。
自宅で暗くして見たところで、所詮は自宅で没入感を完全に味わうことはできない。
つまり、この視聴方法に競合する部分は少ない。
あるとすれば、今後広がるであろうVRになる。が、長時間視聴しづらいという問題を回避できないと
映画館の市場に喰らいつけるレベルには達しないだろう。

そして自宅などの個人による視聴環境が今現在熾烈な戦いになっている。
選択肢は様々に容易されており、それぞれの喰い合いが激化し
大きく喰われているのが「DVDやBD販売」「レンタル」ということになる。

喰われる要因は「敷居の高さ」
先に挙げたようにレンタルは会員証や返却・返却期限などがあり
販売もコスト(金額)を割高に考える人もいるかもしれない。
そして何より円盤メディアを再生させる機器と表示させるディスプレイが必要になる。

今の若い世代は自宅にテレビを持っていない。という人も少なくなく
昔なら当たり前にあった機器がない。という状況も広がりを見せ始めている。

資料:【家にテレビがない人を調査】最多は20代の14.0%!理由はネットで事足りるから

だが、SVODの場合にはブラウザやアプリなど様々な形で配信方法が展開されており
視聴する機器を選ぶ必要がない。という利点を有している。

問題の根幹は欲求の沈静化する時期と販売する時期が合っていないコト

そして何より大きいのが人の興味関心を持続できていない現状にある。
というのも、最初に紹介したが私の場合、DVDやBDが販売されるころには
欲求が沈静化されており、それだけのコストを払って見たい。とならないのだ。

その欲求の沈静化を創りだしているのは、情報過多によって人の興味関心が早々に薄れる。
いや、別の興味関心へと欲求が移っている現象にほかならない。
ある意味で回転寿司のように、次から次へと欲求を刺激するコンテンツが
出ては流れていくため、人の興味関心がすでに次の皿へと移ってしまっており
結果として、DVDやBDが出た時には、そのコストを払っても良い。
と思えるだけの欲求を担保できていないのではないだろうか。

紹介した記事内にも興味深い一文がある。

劇場の公開からDVDの発売日までの期間が年々短くなっています。現在だと早ければ、映画の封切りから4ヵ月後にはDVDなどの発売やレンタルが始まっています。ですから、劇場公開のタイミングには様々なプロモーションの仕込みをしている必要があります。

これはまさに欲求の持続が続いていないことを物語っており。
正直、のんびり構えて映画である程度集客をしてしまいたい。という考え自体が陳腐化しており
現状の情報過多な時代に即していないのではないだろうか。

引用部分では「早くて4ヶ月」とあるが、これで早いのか。と私などは驚いてしまう。
紹介した記事内で行っているマーケティングも、欲求を駆り立てるのではなく。
ただ映画の上映シーズンにもっていた欲求をどうにか先延ばしするため。そんなものでしかないように思える。

それならば、もっと期間を短くし、ユーザーの欲求が残っている間に
販売へと漕ぎ着けることがより良い成果へと繋がるように思えてならない。

DVDやBDが売れなくなっている。というのは、NetflixなどのSVODとの喰い合いというだけでなく
ユーザーの欲求がDVDやBDが出た頃には、すでに沈静化していることに
目を背け続けていることなのではないだろうか?

当然。映画館での収益は映画配給会社へと流れるなどの関係から
そうそう簡単に実現できることではない。だが、そうも言っていられないのではないだろうか?
しっかりと向き合い、お互いが効果的にマーケティングできるように
コンテンツを制作する側にも、良い収益が実現できるように取り組まなければならないのでは?

 - アニメ, 映画