elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

2016年ゆくネタくるネタ:Netflixに実現して欲しい「プレイリストの共有」

      2016/12/28


2016年「ゆくネタくるネタ大放出スペシャル」2月14日頃メモより

2016年2月14日頃に書いたネタメモから抜粋。
ネタとしてはNetflixなどのSVOD(定額制動画配信サービス)に関しての記事になる。
前年の2015年9月からサービスが開始されたNetflixに関して
当時からラインナップリストを公開していたことから
何かとネタとして記事にしていたが、当時は公開せずにボツとなっている。

そんなNetflixに関係する記事はこちら

Netflixに実現して欲しい「プレイリストの共有」

Netflixが始まって大分長く利用させて頂いている
そんなNetflixだけでなく、SVODに関して大変心配されているのが
たびたび記事を紹介させて頂いている「境治」さんが投稿された記事。

ドラマがあふれ返って、かえって前よりドラマを観なくなっている現実について(そんでNetflix大丈夫なの?)

多くのコンテンツがありすぎるために、どれから見ようか大いに悩む。
というもので、こんな表現をされていて大変よくわかり、共感したので引用させて頂く。

もうなんというか、洪水なのだ。ドラマの洪水を土手に立って眺めた揚げ句、あまりの水量に腰が引けて入らないまま終わってしまう。

まさにその通りだ。「洪水」とは上手い表現である。
私も当初始まったころから視聴を続けているが、更新されて膨れ上がるラインナップは
どんどん増えに増えているように思えてならない。

実際、詳しく見ていくと、中には公開停止になっている作品なども
わずかながらあるようだが、増え続ける方が多いのは言うまでもない。

Netflixの場合、レコメンド機能というこれまでのユーザーの視聴経緯から
好みそうな作品をピックアップする機能が優秀だと言われている。
確かに私に向けてレコメンドしてくるピックアップコンテンツは
いずれも「アニメ」ばかりで、十二分に機能してくれていると言える。

だが、いずれは見ようと思って「マイリスト」へと放り込んでおくのだが
結果としてマイリスト内だけが膨れ上がり、なかなか視聴できない状況が続く。
というのも、よくある「Netflixあるある」だと言える。

Netflixの知られざるレビュー投稿と★の数

そんな、どのコンテンツから視聴しようか迷っている方に
一つの判断材料としてオススメするのがユーザーが投稿した「レビュー」「★」の数である。

実はNetflixでは視聴が終わったユーザーに★による評価をお願いしている。
別に強要している訳ではなく、視聴終了後にしたのような画面になり
★によっての評価をお願いするとともに、似たような作品のオススメが紹介される。

つまり、見終わった人が評価するのが「★」ということになるので
途中で「つまらない映画」と離れてしまった人の評価は反映されない。
ということは、ある程度この映画に関して興味関心があり
持続して閲覧している人がつけたポイントと考えることができる。
ならば、この★が高い場合には、それなりに面白い作品である可能性が含まれている訳だ。

他にもNetflixではレビューというのが投稿することができる。
どうやらスマホなどの「Netflixアプリ」の方では読むことができないようだが
Chromeなどのブラウザ経由なら読むことができる。
あまり知られていないかもしれないが、個別の作品を確認して
「詳細」を見ると、ユーザーが感想などを投稿することができる。

netflix_comment

これらを読むことで、視聴する手がかりにしてみるのもどうだろうか?

Netflixもマイリストだけでは正直。と思わずにはいられない

とは言え、これだけNetflixのコンテンツが膨れ上がると
正直、マイリストに入れているだけではなんとも心もとない。

考えずにマイリストへと放り込んだ結果
「マイリスト内がコンテンツで溢れて、どれから見ていいかわからん」
と憤慨されるユーザーも出てきてしまうような気がしてならない。

で、Netflixさんへと提案なのだが

「プレイリストの共有」というのはどうだろうか?

まあ、SVODと同じような月額制の音楽聴き放題サービスなどで
行われているサービスではあるが……。

他人のプレイリストを共有することで多くある楽曲の中から
趣味の似たユーザーを見つけることで、自分の知らない新しい楽曲との出会いを演出する。
というサービスになる。
これは多分、NetflixなどのSVODでも同様に利用できるサービスだと私は思うのだが、どうだろうか?

実際、Twitterなどでは次のような投稿を行い
著名人のオススメコンテンツ、というのを紹介している。

実際に著名人のマイリストを共有する訳ではなく
そういう紹介で、著名人が見て感動した・楽しめた。というものを集めて
見てみれば?というリストを作ってみる。
著名人の感性がわかる場合には、興味を持って閲覧してくれる人もいることだろう。

例えば、「ターボキッド」という下らない作品があるのだが
(いや、貶している訳ではなく、B級感が半端無く良いw)

そんな作品を見た同じ人が共有しているプレイリストを見ることで
他にどんな面白いB級映画があるのか、知ることができるメリットがある。

これは不特定多数の一般ユーザーでもできるが
私個人として映画雑誌やテレビ雑誌などでいくつも作品を見ている
ライターなどが選抜した著名人のプレイリスト。というのも是非とも欲しい。
宣伝や広告関係なしに、選抜した人の名前を挙げたうえで
「コレが俺のマイ・ベスト」的なプレイリストの公開。

人には趣味趣向というものが存在する。
それは千差万別であるし、似通っている部分もあればまったく相容れない部分もあって良い。
それは当然のことであり、だからこそ個人を個人とたらしめている。とも言える。

コンテンツの数が多すぎるということは、取捨選択もまた大雑把に稼働させてしまう。
自分の趣味に合う合わないで完結してしまうため
結果、捨てる選択をした作品に関しては、見る機会は大きく失う。

しかし、誰かに勧められた時、少し時間があるだけで
「まずは見てみようか?」という判断が生まれ。新しい良作に出会うきっかけになるかもしれない。

コンテンツという洪水を、ただただ洪水のままで提供しているのではまだまだと言わざるを得ない。
レコメンド機能について、十分な自信をNetflixは持ちあわせているだろうが
それらは「Netflix」的な都合で宣伝していないか、と疑われてしまう。
そのために第三者として著名人のプレイリストが欲しくなるわけだ。

SVODのコンテンツの多さを考えた時、洪水を渡る方法として、足がかりになるものが
やはりユーザーには必要なのだと、理解もして欲しいところである。

 - VOD, アニメ, 映画