elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

日本独自の検索向けアルゴリズムの更新から見えるSEOという仕事

   


コンテンツをただただ追加するSEO仕事は今後もしかすると…

今回は本業のSEOの話について
つい先日、日本語向けに一部サイトを揺るがしたアップデートをGoogleが行った。
その結果として、いくつかのキュレーションサイトが順位を落とす。という影響がでた模様。

Googleが公式に発表し、日本だけのアップデート。という物珍しさから
話題に上がったアップデートというのがこちら。

日本語検索の品質向上にむけて

そんな中、本日「Web担当者Forum」にて詳しく内容を追いかけた記事が公開されたので共有する。

【詳細解説】グーグルの検索品質アップデートは日本オリジナル、著作権や情報の正しさは見ていない

あまり情報を公開することのないGoogleということもあり
様々な憶測が飛び交っており、アルゴリズム修正なのか手動対策なのか。
私としても大変興味深い内容となっている。一読することをオススメする。

まあ、私はSEOの神である辻さんの見解に賛同している。
今更、手動対策へと戻るようなことはなく、アルゴリズムによる対応だろう。
PCゲームのように「MOD」的な外部拡張として
ローカル向けに対応するアルゴリズムを追加した。と考えている。それの方が効率的だ。

紹介した記事でGoogleに投げかけた質問とし次のようなことが紹介されている。

そのページが著作権の正当な保有者によるページかどうかの判断は、今回の変更でも含まれていない。
ページに記載されている情報が正確であるかどうかの判断は、今回の変更でも含まれていない。

著作権や情報の正確性。というのは含まれていなくて当然であろう。
そこまでくると、もっとGoogleの検索アルゴリズムの根幹に関わることで
MOD的な対応では触れるべき内容ではないと言わざるを得ない。

紹介した記事には「順位を下げる影響」を独自情報として紹介されている。
一度読んで確認しておきたい情報かもしれない。
今回のアルゴリズムで難を逃れたサイトももしかすると
すでに水没寸前ということも少なくないだろう。
しっかりと今後の方針を考える上でも確認しておきたい。

コンテツ追加だけでSEOの仕事で安心感を得ていないだろうか?

ちなみに、今回のアルゴリズム更新を受けて
SEOの神である辻さんが興味深いツイートをしている。

「キュレーションメディアだけじゃない」と書かれており私もこれには同意させていただく。

たまたま目立つサイトがキュレーションメディアであっただけで
実際には他にも幾つかサイトが順位を落としている。
(まあ、他のアルゴリズムの影響、という可能性もあるが…)

とはいえ、今回のアルゴリズムにいは間違いなく去年末に起こった「WERQ」問題を踏まえての
日本語ローカル向けの対応だったのは間違いなく。
キュレーションメディアが発端であった可能性は大きいと言える。

ですが、「キュレーションメディアじゃないから安心」というのはアホの子の考え方でしかない。
Googleの検索結果はすべてのサイトに平等を求めており
キュレーションメディアだろうが、ブログだろうが、情報サイトだろうが枠組みなど関係なく
コンテンツ単体として鑑みてユーザーへと提示する情報がどれが良いかを判断し提供している。

そういう意味では手間を省いて、コンテンツ追加だけを行って
仕事をやった感を出している更新作業など
今後のアルゴリズム更新でどうなることか、わかったものではない。

今のうちからどのようにコンテンツ更新していくのか
しっかりと計画立ててプロジェクトを進めておくほうが建設的である。と、私は言いたい。

 - SEO