elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

マイルドヤンキーへのアプローチ方法を私なりにも考えてみた

   


マイルドヤンキー向けペルソナは看板広告はどうだろうか?

面白いネタを永江さんが紹介しているので私もちょっと参戦させていただきたいと思う。

マイルドヤンキーへのアプローチ方法を考えてみる

地方に多いと呼ばれる、昔ほど悪いヤンキーでないことから
マイルドと呼び名が付けられたマイルド風味のヤンキー
そんなペルソナへと効果的なアプローチは。という問題です。

永江さんの見解については紹介している記事を読んで頂くのが一番かと思うので
詳しくは紹介しないが、ある意味で一理ではある。
が、今回の展開はそういうことが言いたいのではないだろう……。
正直、結果が見込めないことに関してビジネスとしては旨味もない。ということを言いたかったのだろう。

まあ、永江さんが展開している宣伝効果は確かにあるだろう
今なお多くの人が視聴している媒体であることから効果も期待できるのは間違いない。

ですが、個人的にもっと安価で効果を出せそう。というのが私にはある。

それは看板広告という旧来からある広告方法。

どうして看板広告が効果的と考えるのか

永江さんの記事内にも

マイルドヤンキーは「イオンで生まれてイオンで育ってイオンで死ぬ」と言われていまして、イオンの駐車場はマイルドヤンキーのロールスロイスであるヴェルファイヤとアルファードがたくさん停まってます。

という記述があるように大型ショッピングモールや
郊外型の店舗などには土日になれば買い出しなどに出ている印象がある。

つまり、そういうところには常日頃から集まるわけで
ショッピングモール内の看板であったり駐車場周辺の看板広告などは
それなりに効果が期待できるのでは?と考えるわけです。

特に地方ともなれば、地元飲食店の看板などが多く競争率も高くないので
広告の掲載費用も安く見積もることができるでしょう。

とはいえ、利点と問題点が表裏一体ではあるのですがお試し広告を出しやすい。

地域を絞ってお試し広告を設置してみての効果測定がし易い。
スマホでの流入というならば、しっかりとGoogleAnalyticsなどを使えば
流入地域を絞ることもできるので、効果測定することもできる。

問題点は効果を得るためには、多くの地域で看板を設置しなければならず
広告料は思った以上に掛かる可能性を孕んでいる。

TVCMとの比較を考えると、やはりTVCMは多くの視聴者に配信できるため
効果的な流入を見込める可能性は高い。
が、その効果を瞬間的であり、配信し続けるコストを捻出できないと
継続的な効果を期待できず、広告効果を得にくい。

対して、看板設置は契約期間で縛られるため
設置後は継続的な広告効果を期待できる。
が、看板を設置しているところに来て閲覧してもらわなければならないため。
効果が限定的と言わざるを得ない。
そこで効果を最大化するため毎週のようにやってくるモール内ならば、目に留まる可能性も高く。
効果を期待できるのではないだろうか。という発想になっている。

とは言え、それだけで効果が期待できるわけもない。
付け加えるとすると、広告には次のようなキャンペーンは必須。

「友達紹介キャンペーン」

永江さんが書いているように

彼らはどういうルートで情報を得るかというと、まずは「友達に聞いた」です。交友関係は地元に偏りますが、その中には車屋から不動産屋までいるので、何か知りたい時は相談する。

紹介、というのは何よりも重要。
そういう意味では友達紹介キャンペーンというのは必須のキャンペーン。
看板設置で浮かせた広告費を友人紹介キャンペーンへと回すことで
効果的にユーザーがユーザーを呼びこむ循環を作れればと思う。

とはいえ、永江さんの一言にもあるように

かなり大掛かりに、多くの地域に配信しなければ効果は期待できそうにない。
とはいえ、継続的な広告効果を考えた時、どうだろうか?

 - ヨモヤマ