elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

Googleの類似画像検索。自動判別でキーワードも生成させることができるって知ってる?

      2017/03/17


Google「類似画像検索」を使うことでキーワードが出てくるの知ってる?

「Google」という企業は誰もが知る世界的に有名な企業となっているのです。
提供するのはネット上にあふれている情報コンテンツを
ユーザーが入力したキーワードから簡潔にまとめ順位表示にてリスト化してくれているわけです。
検索エンジンを提供している世界的に有名な会社であると共に
その検索エンジン上に表示させる広告枠などの収益も世界規模に大きいと言わざるをえません。

しかし、Googleという企業はその収益にあぐらをかくことなく
企業努力も素晴らしく常に新しい検索技術を研究し、アルゴリズムの更新などを続けているのです。

SEO従事者でないと、そんな気を使ってGoogleの検索技術を見ることもないために気が付けば

「最近のGoogleって検索で欲しい情報が本当にすぐ見つけてくれて優秀」

という風に感じてしまうことだろう。
しかし、その裏に隠れているのはアルゴリズムを何度もトライアンドエラーにて
バージョンアップを繰り返し、ユーザーが望む情報をより正確にだせるように
研究と更新を繰り返してきた企業努力の賜物です。

Googleは画像でだって検索できる!

さて、そんなGoogleだが、検索ツールだけだと思っていては行けません。
実は色々なツールも提供してくれており、先日紹介した「Googleトレンド」なども良い例です。

そんな様々に提供してくれているGoogleのツールから、今回紹介するのは「画像検索」です。

Googleが提供する「画像検索」とは?

という人に分かりやすく実例を紹介したいと思います。
例えば、日本で生まれ、世界各国で有名な人気ゲームキャラである「マリオ」
髭面ながら、赤いトレーナーに青いオーバーオール。
そしてトレーナーと同じ赤色の帽子を被ったおしゃれな出で立ちの伊達男。
特徴的なのが驚くほど高音の掛け声をあげることです。

そんな「マリオ」を画像検索すると下のように、様々なマリオがリスト化されてきます。

google_imgview_mario

うん、出てくる全員マリオしている。(いや、ちょっとピノキオしてる画像も登場しているがw)

さて、そんなGoogleが提供している「画像検索」というツール。こちらの検索フォームをよく見るとカメラのアイコンがあるのがわかるはずです。

google_imgview_camera

コレをクリックすると「画像で検索」というフォームが現れます。
これが今回紹介したい「類似画像」を検索してくれるツールとなります。
「URL」もしくは「ファイルアップロード」という方法で類似画像を検索してくれるのです。

google_imgview_upimg

さて、そんな「類似画像検索」ですが、ツールとして利用すると面白いデータが確認できます。
それが画像検索した画像をGoogle側が自動認識し、どんな画像であるのかキーワードを生成してくれるのです。

どういう形で画像を認識し、キーワード化しているのか詳しいことまで公開されていませんが
私の予測としては画像検索された画像情報を読み取り、自動的にGoogleが画像を認識し判断して
どんなキーワードが適当なのかを判断しているものと思われます。

その結果、そのキーワードに親しい画像を「類似画像」としてリスト化しているのだと、考えるわけです。

例えばこの「鉛筆」のアイコン。
0-17
※アイコンは「ACワークス株式会社」制作の無料素材を使わせて頂いています。

で、結果がこちら。しっかりと鉛筆を認識し、キーワードも「鉛筆 イラスト」として認識しているのがわかります。
google_imgview_enpitu

で、次がコチラの「メール」のアイコン。
0-46
※こちらも「ACワークス株式会社」制作の無料素材です。

そして結果がこちら。キーワードは英語になり「picto email」となっております。
google_imgview_mail

上記のように、「英語キーワード」「日本語キーワード」がそれぞれ出る場合があるようです。
これは、日本語も英語も同じインデックスを共有しており
すでに英語であるインデックスは英語を利用しているのでメールは「picto email」が優先して表示され
鉛筆のように海外で親しまれていない筆記用具は日本のインデックスが利用されて
「鉛筆 イラスト」というキーワードが抽出されてきたのでは、と推察しています。

そんなGoogle提供の「類似画像検索」を使って面白い結果を紹介

さて、紹介したGoogle提供の「類似画像検索」というツール。
画像を認識してキーワードを生成してくれるなどなかなかに面白い作りではあるのですが
利便性があるのかどうかは不明。
そんなツールを使っていると面白い検索結果も幾つか見つけることができましたので
紹介をさせていただきたいと思います。

そんな面白い類似画像検索の結果が得られるのが「サムズアップ」
英語圏じゃ、サムズアップと呼ばれる親指を立てたアイコン。
簡単に言えば「いいね」であり、相手を賞賛するジェスチャーとして利用されます。

0-32

で、これを「類似画像検索」にかけてみると出てきた画像がコチラ。
google_imgview_kabuto

どうしてこうなった!?

類似画像を見ても、仮面ライダーカブトのロゴと似ても似つかない
google_imgview_ridericon

そして、何より驚くのはキーワードだ。
キーワードが英語表記で「kamen rider kabuto logo」となっている。
Wikipedia情報だが仮面ライダーカブトが海外展開したという情報は載っていなかった。

ということは、日本語表記の「仮面ライダーカブト ロゴ」でも良いのに
なぜか英語表記によってインデックスされている謎を垣間見ることができのです。

いや、そもそも、サムズアップと仮面ライダーカブトのロゴは似てないと思うのですが……。

たぶん、親指部分がカブトの角と被ってしまい。ご認識を起こしてしまっているのでしょうが……。
なんともな類似画像検索を得られました。

さてさて、この検索結果ですがデータを公開した「2015年7月時点」での内容。
そして「2017年3月時点」ではどのようになっているでしょうか。
で、検索してみるとキーワードが「auひかり」へと変わっていました。

 - SEO