elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

ネットメディアの読了を妨げる広告には「広告出稿側が除外リストを活用」という提案を

      2017/03/02


問題提起の結果が伴っていない記事はモヤモヤ感しか生まれない

ネット広告はもう一度“広告”にならないといけない(これ、だいじな話!)

「ネット広告は」と言われては私も広告に携わっている以上、読まないとな。
ということで、読ませて頂いたので、個人的感想をあーだーこーだと言わせて頂きたい。
まあ、もちろんだが、このサイトは私個人の意見をいうものなので個人の感想でしかない。
その点をご了承頂いた上で読んで頂ければと思う。

書かれていることに間違ったことない。というのが率直な感想。
効果的な広告方法として、参考にさせて頂く部分も大きく
興味を持って頂くためのコンテンツを広告で集客する。というのは面白い試みかもしれない。

しかし、大層なタイトルをつけた割にはコレジャナイ感でモヤモヤする

というのも記事の前半で紹介している「読了を妨げる広告の配信方法」に関して
改善策や解決策などには具体的な提案がされていない。
記事後半で書いているのは、効果的な広告の出稿方法でしかなく
紹介した「読了を妨げる問題」を解決するための施策とはなりえない。
そのため実施した施策の宣伝として使った話題づくり的な利用という風に読み取れてしまい
「結局、宣伝かよ」という嫌な感じでコラムが終了しているように読めてしまう。

その上、施策した結果に関しての具体的な数値すら掲載されていないのだから
その効果、効能に関しての判断もできず。
モヤモヤ感を読者に与えてしまうのも仕方のないことと言わざるをえない。

読了を妨げる問題の解決先を私なりに提案

そもそも「読了を妨げる問題」はサイト運営者のデザイン的問題ほぼほぼだと言える。
ちなみにスマホやPCなどのサイト上へと配信する広告は「ディスプレイ広告」と呼ばれる配信形態で占められている。
(中には専属などもあるが、あまり細かく分けると解説がややこしくなるので
ここでは「ディスプレイ広告」を対象として考えていきたい)

さて今回の「読了を妨げる問題」の根幹は次の二つではないだろうか。

  • サイト運営者が広告費を稼ぐため、ディスプレイ広告の表示数を増やしている
  • スマホサイトを「PCサイトの付属品」程度の認識のため構成が適当

「PCサイトの付属品というのは」
ユーザーの分布から主サイト、副サイトを分けて考えるサイト運営者が
閲覧者が多いPCサイトを主サイトと考え、閲覧の少ないスマホを記事の転記先程度の副サイトとしか認識しておらず。
少ない流入数でも広告費を稼ぐために、という短絡的な考えで
読了を気にしない「読了を妨げる問題」を犯してしまっている。
という考えにもとづいている。

その問題解決の一つの手立てとできるのが、「ほぼほぼ」に込められている。

日本でディスプレイ広告を配信したい時に利用するのは
「Google AdWords」「Yahoo!プロモーション広告」というのが有名だ。
それ以外に広告代理店が展開するサービスなどもあるが上記二つを参考にしたい。

さてそんな「GoogleAdWords」や「Yahoo!プロモーション広告」がどのように
「読了を妨げる問題」「ほぼほぼ」関係しているのか?というと
ディスプレイ広告には配信先サイトを除外する指定ができる。
いわゆる「除外リスト」になるが、この除外リストを設定するのが「ほぼほぼ」だと言わせて頂いた所以である。

除外リストの一般的な使い方は
「広告内容と配信したサイトのニーズが異なるため、広告効果が見込めない」のでリスト入りさせる。
という方法だが、今回の問題を取り上げて次のように除外リストの使い方を提案したい。
「読了を妨げるようなサイト構成をしている所には配信しない」ように除外リスト入りさせる。
というのが私の提案となる。

読了を妨げるようなサイトに広告を配信しないことで
紹介した元記事で境さんが言っているように、ネームバリューを傷つける心配もなくなる。
誤クリックなどによる無駄クリックもなくなるので広告費が抑えられるという利点もある。

また、広告表示がされなくなれば
サイト運営者も「読了を妨げるようなサイト構成」の問題に一石を投じられるので
サイト構成の見直しを期待できるかもしれない。

とはいえ、実施には大いなる問題がある。
解決には一致団結して、多くの広告配信業者が取り組むべきものであり
一つや二つ程度では効果など期待できない。
そもそも、ディスプレイ広告の狙いは多くのサイトに表示させて
ユーザー認知度をあげていくことが狙いであるので
サイト自体を毛嫌いしていくのは広告方針に合わない可能性がでてくる。

また、ディスプレイ広告は配信料が安い広告で
大手広告代理店や大手企業ともなると、何万サイトという配信先を抱えることになり
それ一つ一つを確認したうえで除外リストに並べていく。なんていうのは……。
管理者が判断するのは、なかなかに手が掛かる問題と言わざるを得ない。

Google側でもスマホの広告表示に関して様々な取り組みを行っている

そんな広告の問題について現状のスマホ上の広告においてGoogle側でも問題視をしており
「インタースティシャル広告」に関してペナルティを導入されることも発表している。
読みやすいようにサイトを展開することを検討している部分は他にもあり
Google側はスマホサイトなどでよく見かける「続きを読む」という
コンテンツのページ分けに関しても懸念を表明している。
できることなら、Googleさんの方で、私が提案した施策を判断するアルゴリズムを組み込んでもらい
「GoogleAdWords」のフィルターとして使えるようにして頂ければと望まずにはいられない。
(Yahoo!プロモーション広告はGoogleAdWordsのアルゴリズムを利用しているそうなのでパス)

先にも書いているが広告として、面白い施策ではあるし興味深い内容ではある。
なのに、導入部分でぶち上げた内容と解決策を語らないなど
あまりにもモヤモヤ感のある内容で、正直個人的感想だが落胆したのは否めない。

私自身、スマホの広告配信に関しては思うところは少なくない。
元記事であるように、読了を妨げるサイトの多さにも
正直、辟易としている感情は記事を執筆された境さんと同じに強く思っている。

なればこそ、どうしたらそういう広告が減らせるのか。
という部分にまで踏み込んだ記事構成にして頂きたかったと思わずにはいられず
私なりの解決策を考えて記事を書かせて頂いた。

 - SEM, ヨモヤマ