elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

Netflixの気になる「画質」はサービスで異なる。再生開始直後の悪さの回避方法も紹介

      2018/05/22


Netflixのコンテンツ再生の画質はサービスによる

Netflixと呼ばれる定額見放題のSVODサービスというのは
どこでも見ることができ、様々なデバイスで利用できる利点はあるものの
オンライン上でコンテンツデータをやり取りするためにいろいろと不安な部分も少なくありません。

その一つが「画質」です。

Netflixの場合、契約するプランによって視聴できるコンテンツの画質も変わります。

Netflixが提供しているプランは「3つ」
「ベーシックプラン」「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」となります。
それぞれの詳しい違いなどについては次のようになっています。

  1. 「ベーシックプラン」:月額650円(税抜き)
  2. 標準画質「SD」にて視聴となり、同時に利用できるデバイスは1台までとなる。1台のタブレットもしくはスマホにダウンロードも可能。

  3. 「スタンダードプラン」:月額950円(税抜き)
  4. 高画質「HD」にて視聴することができ、同時利用デバイスは2台までとなる。2台のタブレットもしくはスマホにダウンロードすることができます。

  5. 「プレミアムプラン」:月額1,450円(税抜き)
  6. 高画質「HD」超高画質「4K」を視聴することができ、同時利用デバイスが4台にまで増えます。ダウンロードできるのも4つのデバイスと利用価値が上がります。

参考:Netflix視聴プラン

高額な契約プランほど、より良いサービスが受けられるように設計されており
高画質で映画やドラマを見たい!という人は
中間プラン「スタンダードプラン」以上を利用することがオススメです。

Netflix制作のオリジナルドラマや映画の場合、その多くが「4K」を前提に制作されているそうで
実際、提供されている「デアデビル」や「火花」などのオリジナルドラマでは
制作を「4K」で行っており、コンテンツも「4K」の視聴を楽しむことができます。

「やっぱり、4Kは映像が綺麗だわ!」

なんて、感想をいうのは少し注意した方が良い場合もあります。
というのも「4K」となると視聴するデバイスなども影響を受けます。

つまり、映像コンテンツが「4K」で配信していたとしても
それを映し出すデバイス。例えばテレビやディスプレイなどが「4K未対応」では
その美しさは実際の「4K」として鑑賞することなどできない訳です。

正直な話、NetflixなどのSVODなどで画質をこだわる場合には
是非ともしっかりと再生させるテレビやディスプレイなどの表示媒体も
「4K」対応をしているもので視聴することをオススメ致します。

コンテンツだけが「4K」で、テレビが「4K未対応」では片手落ちと言わざるをえません。
それではせっかくの高画質も実力を発揮できないので、しっかりと対応機種を選択して下さい。

画質にこだわらずNetflixを楽しみたい場合は「ベーシックプラン」で十分

では、私はどんなプランでNetflixを楽しんでいるのか?というと
私の場合は一番下の「ベーシックプラン」というサービスを利用しています。
そのため画質も「SD画質」による視聴となっています。

ではそんな「SD画質」が荒くて気になるのか?と尋ねられた時
正直そこまで画質を悪いと感じたことはない。と答えさせて頂きます。

私の視聴はほぼほぼアニメがメイン。その他に気になった海外ドラマや映画などを見るが
メインが画質を重視するものではないので、こだわっていないわけです。
それとは別に大きな理由がもう一つあります。
視聴方法の一つとしてタブレットで視聴を行っているからです。

私が利用しているタブレットは「Amazon」から出ている「Fireタブレット」
AmazonのアプリストアでもNetflixアプリが提供されており、問題なく視聴できます。
タブレットなのに安くてオススメ!

そんなタブレットの視聴方法というのが
寝る前の布団の中での惰眠をむさぼりながらの「ながら視聴」がなんとも快適なのです。
就寝準備を終えて布団に入り、タブレットで適当なアニメを見ながら眠りに付く。
最近は「ドラゴンボール」を初めから視聴を続けております。
こちらが今までの視聴履歴になりますが、見事にドラゴンボールで埋め尽くされています。

という視聴方法を私は取っているため
「画質」を特に優先しない利用をNetflixと契約している訳です。

Netflixで気になる再生後すぐのジャギーを回避する方法

とはいえ、Netflixの画質に関して少々気になる部分があります。
それは視聴開始直後の映像に「ジャギー」が酷いことも少なくありません。

これは一般的にSVODであるNetflixだから起こっている問題です。
Netflixのコンテンツを管理しているサーバーは「メインサーバー」の他に
地方地方に「基地局」が存在しています。

人気が高いコンテンツというのは、その都度メインサーバーにアクセスを呼び出していると
メインサーバーのアクセス過多によってパンクしてしまうため
過負荷を軽減するため、人気コンテンツは「基地局」内にコピーコンテンツを作成し
それをユーザーが見に行って視聴を行います。

そのため、人気が高い作品の場合、映像再生直後もキレイに見ることができるのですが
あまりユーザーが見ていない作品の場合、アメリカにあるメインサーバーへとアクセスを行うため
通信速度などによって、たまにジャギーが入ってしまうことが有るわけです。

サポートセンターの話によると、要因のもっともな部分は「通信速度」によるものだそうです。

視聴開始後すぐというのは、コンテンツデータの取得が通信速度によってまちまちであり
動画の画質よりも、再生させることをデータ送信を優先させるあまりに起こる現象だということ。

「自宅は光を引いているのにそんなわけ無い!」

という言葉はあまり格好良くないのでやめて置いたほうが良い。
というのも光とはいえ、あなたとNetflixとを直接つないでいる分けではなく
その間にはさまざまなネット回線が混在しているわけです。
中継地点の混雑などによって通信速度は基本まちまちと言わざるを得ません。
その点を十分に留意したうえで視聴するべきだと言えます。

もしも、どうしてもジャギーがない状況で画質が綺麗な映像を楽しみたい
という場合には、こんな方法はどうだろうか?

再生を始めると、データのストリーミングが始まります。
その後、数分ほど再生が続くと画質が安定しジャギーが気にならなくなってきます。
そんな状況になったら、シークエンスバーをスライドさせて、始めから再生させてみましょう。
すると、コンテンツのデーター取得ができているため、キレイな画像にて動画を楽しめる訳です。

私の場合、これで綺麗な画質で最初から見ることができています。
あくまで私の環境下での話で、画質が良くなることを保証するわけではありません。
ですが画質にこだわりたい場合には、試してみては如何でしょうか?

 - VOD, ヨモヤマ