elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

「逆SEO」という言葉にSEO従事者の私が言葉の概念から新しい呼び名を提唱

      2017/03/14


逆SEOという言葉の違和感について綴ってみる

SEO従事者から見た時の「逆SEO」という言葉の違和感が先立ってしまう。

そんなブログ記事を今回は紹介したいと思う。

逆SEO対策の闇は深い

ツイッター上から流れてきた内容で

「逆SEOとはこれはなんとも興味深い」

と感じて読ませて頂いたのだが

「これは「逆SEO」という呼び方で良いのか?」

という疑問符がSEO従事者である私からは飛び出し
言葉の違和感を感じてしまったという分けです。

では、議題にあげたい「逆SEO」。比べられるように仮名として「逆SEO(仮」という名称にさせて頂く。
その「逆SEO(仮」の施策に関して
紹介した記事を読んで頂くとある程度、施策内容がわかるかと思うが
私の方で、補強とともに解説させて頂く。

紹介したブログ記事で書かれている「逆SEO(仮」とは
過去に様々な情報がネットの海へと拡散してしまった人物や企業、団体などが
その情報をGoogleなどの検索機能を使うことで、誰もが調べられてしまう状況を危惧して
情報を閲覧されないために、無味無臭のどうでもよい情報を
ネット上のあらゆる方法を使って乱立させることで隠してしまおうという
「木の葉を隠すなら森のなかへ」という手法を総称して「逆SEO(仮」と言っています。

SEO従事者である私が日頃から使っている「逆SEO」とは?

では、SEO従事者である私の認識していた「逆SEO」とは一体なんなのか?

それを説明するためにはもともとの「SEO」とは何かを語らなければならない。
「SEO」とは検索機能に適応させ、サイトの順位を向上させることが目的。
つまり、「SEO」とは順位を上げる施策を取ることになります。

と、考えると「逆SEO」というのは自ずと答えが出てきて
順位を下げることが「逆SEO」という考え方になるわけです。

SEO従事者内で使われて来た「逆SEO」というのは
SEO界隈では「ネガティブSEO」と呼ばれていますので
今後は「ネガティブSEO」という言葉で統一させて頂きます。

つまり、「逆SEO(仮」「ネガティブSEO」という言葉について話を進めていきます。

さてそんな「ネガティブSEO」ですがどのようなものかというと
様々なマイナス方法のSEOを他人やライバル企業、他団体へと実施することで
自サイトの順位をあげるのではなく、他サイトの順位を下げることを目論んだ施策となっています。

正直なところ、Googleはこの「ネガティブSEO」に関しては効果を否定しています。

リンクの否認ツール:Q&A のご紹介

Google では独自のアルゴリズムを開発してネガティブ SEO へ対策を実施していますので、ほとんどのウェブマスターの皆さまはネガティブ
SEO について心配する必要はありません。
*いくつかの手法が「ネガティブ SEO」 として語られることがありますが、ここで言及している「ネガティブ
SEO」とは、第三者がターゲットとするサイトにガイドライン違反となるような悪質なリンクをはることで、そのサイトの検索結果上の掲載順位を操作しよう(順位を下げよう)とする行為のことを指しています。

逆SEO(仮とネガティブSEOの考え方の違うについて

と、これまで紹介してきたことから総括すると
徐々に「逆SEO(仮」「ネガティブSEO」との違いについて
理解を頂けたかと思います。

そう、もともとは同じ「逆SEO」という言葉を使っていますが
それぞれが異なる意味合いを持った言葉であることを理解頂き
なんともSEO従事者からは違和感がある言葉であったわけです。

そもそも、SEOというのは「Search Engine Optimization」
英語で言われてもわからないので日本語にすると「検索エンジン最適化」と言われています。
順位を上げることを最適化という言葉で言い表されていますが
別に順位を上げることだけが目的ではありません。
検索エンジンに正しく認識してもらう施策ということが「SEO」と言えるわけです。

となると、「逆SEO(仮」が行っている施策は
「検索エンジン最適化」する施策と言わざるをえないのかもしれないのです。

とはいえ、この方法を推奨するわけではありません。いえ、断固拒否させていただきたい。
木の葉を隠すために増やす森というのは、検索汚染を広げるものであるからです。

たかが検索汚染ぐらいどうでも良いだろう

という考え方を持っている人はよく理解していただきたいのですが
ユーザーが検索する、という行為は早く回答を知りたいから検索するのです。
それが検索汚染によってより良い回答を得られなければ
ユーザーは別の方法で知識を得るようになります。
それがアプリ内検索であったり、SNSであったり。様々な手法が取られることになります。
そうなると、ユーザーは検索を利用する頻度を下げることになり
結果として、検索ユーザー総数を少なくする要因にもなりかねません。

そういう懸念を理解しているからこそ、Googleはアルゴリズムの改変などを常日頃から行い
より良い検索結果をユーザーへと提供できるように心がけていると言えます。

どのような方が「逆SEO(仮」のような施策を実施しているのかわかりませんが
大方、SEO事業者であるのは施策方法などを見るに明らかでしょう。
自分たちで自分たちの業界に混乱を与えるような方策は勘弁していただきたいと言わざるを得ない。

という風にSEO従事者としては感じるわけです。
さて、根本的な「逆SEO(仮」の違和感に関しては理解頂いたかと思います。
そこで「逆SEO(仮」ですが、私個人的には「森隠れSEO」という
通称はどうかと提唱してみたりします。

だが、SEO従事者として言わせて頂くが「森隠れSEO」は正直効果が期待できないのでは?
というのも、ある「A」という個人を隠すために
様々なところにテキストを書いてコンテンツ数を増やすとします。
コンテンツの数を増やすことが目的なので、内容もペラペラでどうでも良い情報ばかり。
となると、現在のSEOではコンテンツの質を重視することが多く
ペラペラの情報を増やしたところで検索順位「A」の上位に食い込むことなどできるのだろうか?

最後になりますが、Google側では一部パーソナルな情報などに関しては
どうしても情報を削除したい場合、受け付けてくれる場所があります。
削除できる情報などは決まっていますが…。

Google からの情報の削除

という方法をすることもできますので考えてみては如何だろうか。

 - SEO