elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

掃除機ツインバード製の「C-E123SBK」は格安で使いやすい吸引力があるサイクロン式

      2017/06/03


家電:掃除機「サイクロンスティック型」C-E123SBKの使用感などのレビュー

最近の掃除機は偉大だな~という話。

あ、ネタがなかった時ように書いている貯金用ネタとなっています。
なので時節関係なく投稿出来るネタとして。先日、久しぶりに掃除機を購入し
あまりに吸い込みの良さに嬉しくなって書いてみました。

まあ、このネタが投稿されているということは
この前日は書くことがなかったんだな、と生暖かい目でみまもって頂ければと思います。

さて、それでは本題に入りまして。
購入させて頂いた掃除機というのがコチラ。

「ツインバード」社製
サイクロンスティック型クリーナー 「TC-E123SBK」

安価なサイクロンスティック型クリーナーながら吸引力はバッチリ

掃除機としては小さな部類に入るスティッククリーナータイプ。
購入金額もお手頃価格である、というのが一番の購入理由でした。

私の自宅は賃貸のマンションで広くもない一室です。
そのため、大きな掃除機は必要ない、ということで今回の掃除機を選びました。
まあ、価格も価格だったのでダメなら良いや。
程度だったのは言うまでもありません。

そもそも掃除機持ってないのか?という疑問もあるかと思いますが
いえいえ、掃除機はあるにはあったのですが
すでに購入して数年以上にもなり型遅れ感が否めませんでした。
吸引力にも満足できないレベルということだったので新しく購入に踏み切ったわけです。

製品としてはなかなかにシンプル設計
無駄を省くために、掃除機のメインとも言える吸引部分はコンパクトにまとめられており
そこから伸びる手持ち部分はパイプによって簡単に延長させている程度。
これを取り外すことで手持ちクリーナーとしても利用できます。
また、掃除機と言えばコードの自動巻き取り。そういうのも排除し
スッキリ・シンプルな形に設計されているのも好感が持てます。
まあ、掃除機のヘッド部分などはスッキリしすぎるあまり、他の掃除機には見劣る感じがしますが……。
オプションとしては吸い込み口が狭まったノズルもついています。

掃除機で一番気になるのは「吸引力」ですよね。
吸引力が弱ければ、掃除機としての魅力も半減と言わざるをえません。
個人的には前の掃除機があまりにもしょぼかったため大満足の吸引力と言えます。
サイクロン式ということもあり、ゴミも目に見えますし
すぐさま捨てて吸引力を復活させることも簡単です。

一応、サイクロン式ということもあり紙パックが必要ありません。
まあ、サイクロン式と言えば本舗であるダイソンには劣るため
掃除機を掛けているとフィルター周りには、大量に詰まりますw
吸引力を落とさずに使いたい場合には、こまめな掃除が必要になるかもしれません。

掃除機の音に関してですが、吸引のモーターをコンパクトにまとめられていますが
結構、それなりの音がなると言っても過言ではありません。
まあ、私の自宅で隣近所に迷惑させるほどではない。とはいえますが
家の壁が薄い自宅では別の話です。

スティッククリーナーということもあり重さも気になるところですが
モーターなども含むわけで、男性の私でも重さを感じるレベル
それでも「2kg」という重さは女性が持てなくもないレベルだとは感じますが
ココらへんは人によるとは思いますので参考程度に。

注意したい所というとスティッククリーナータイプということもあり
吸引するためのモーターと一体型であるという点。
そのため、吸引した空気はモーター近くの排気口から吐き出されます
つまり、狭い所で使う場合、周辺のホコリを撒き散らしてしまう。という問題が起こるわけです。
スティッククリーナータイプだからこそ起こりえる問題と言えます。

とはいえ、価格と性能を鑑みた時
なかなかにコストパフォーマンスに優れた掃除機だと感じました。
自宅が狭いや一台あるけど、もう一台手元に欲しい。
という時には結構便利に利用できるスティッククリーナーだと思います。

先にも紹介しましたがサイクロン式ではありますが
大きなゴミに関しては分別してくれるのですが小さなホコリなどに関しては
そうそう上手く行かないようで、パッキン内に詰まっていたりすることもあります。
掃除終わりにはハケなどを使って個別に掃除する方が良いかもしれません。

とはいえ、単体価格として「5,000円」も行かないのに
しっかりと掃除しホコリなどを吸い取ってくれる吸引力など
十二分に掃除機として効力を発揮してくれています。
個人的にはなかなか良い買い物をさせて頂いたと感じるほど。
私のように賃貸マンションにお住まいの皆さん

自宅に邪魔にならない掃除機として一つ如何だろうか?

関連記事

 - ヨモヤマ