elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

先月、古巣を飛び出し新天地へと飛び出しており、そこでSEOを展開できればと

      2017/06/05


古巣を飛び出したということをご報告致します

私事ではあるのですが、先月を持って古巣を飛びだつことになりました。
いやー、長い間勉強をさせて頂いておりました。

古巣へと入ったのは、時期的に言うとこのサイト「elude丸」の運営始める以前から。
ということなので、ある意味でSEOのイロハ
その古巣と共に学んだという部分が少なくありません。

さて、そんな古巣を飛び出したことで愚痴などを書いていきたいと思います。
まあ、SEOとしての知識を求めて、という方は
ほぼほぼ意味のないものになるので早々に離脱されることをオススメします。

古巣が抱える問題は「上層部からの採算に渡る口出し」

そもそも古巣はSEOやIT企業などではありません。
なのに結構SEOに関しては積極的な企業でした。
リンクビルディングがSEOの主要な対策だった当時から
SEOという言葉を使い、SEOに関連する業務を行っていたわけです。
そんな時にお世話になたとなります。

私はもともとプログラミング畑出身で
その後、サイトの管理・運営へと進んだ後でSEOという業務に定着しています。

そのため、何も知らずにSEOを始めるということはなく
ある程度のWEB知識を持った上でのSEOという業界にやってきました。
そのため、周囲よりも詳しくSEOを理解できたと思います。

このようにしてSEOとして仕事をさせて頂くことになったのですが
古巣には別の問題点があったのです。

というのも、社長がこういう分野に疎いにも関わらず
口を挟んでやりたい放題するということが多発するのです。

大きな企業ではなく中小企業に分類されるために
社長もワンマンにて経営をこれまでしてきた。という経緯があるため
どうしても自分自身で何かを決めて判断して行きたい。という部分があったのでしょう。

以前に「デザイン感覚は素人が簡単に口出ししてはイケない。」という記事を紹介させて頂きましたが
どこかで、自分自身にも関わる愚痴が混ざっていた訳です。

いわゆるひとつのワンマン社長というもので
物事を自分で管理したいという感覚が強いために
自分の判断が正解だと、考えている節も多かったのです。

社長との接点さえあればコンコンと説得もできたものを……

そして、何より問題だったのが自分と社長に接点がなかったということ。
自分の上に上司がおり、その上に社長がいる。という組織構造が形成されていたのです。
そんな直属の上司は一応はSEOに関しては基本的なことは理解してくれていますが
社長と対話することを拒否する傾向にあり、言われたことは鵜呑みにし
社長のやることには口出さないということが多かった。
結果として、社長が考えてきたSEO対策を言い渡されて仕事をすることが多かった訳です。

お察しいただけるように古巣を出奔する理由の一つが
SEOとして力を付けたいのに、現状のままではまったく実力を認めてもらえない。
そして、自分が思い描くSEO手法を取ることもできず。
という部分があったのは大きな理由と言えます。

ワンマン経営自体を否定するつもりはありません。
中小零細企業というのはあくまで社長の舵切りによって
大きく利益を左右する状況は少なくありません。
先を見る能力であったり、利益を産んでくれる先を嗅ぎ分ける能力がなければ
企業として成り立つことも難しいでしょう。そういう基本的なことは理解しているつもりです。

しかし、しかしなればこそ。
わざわざSEOにまで口出しせず、経営に専念をして頂きたかったと言わざるをえません。
SEOを行う部署があるのだから、そこに一任して頂きたかった。
というのが、私が抱く古巣への愚痴です。

その上、順位が下がった時には「お前らが悪い」というのは
あまりにも理不尽としか言いようがありません。

SEOとして経験を詰めたことは決して悪くなかった

とはいえ、そんな状況でもよかった点というのがあります。
それは「得難い失敗を経験した」ということ。

私が主導的にSEOを施策できたのならば、ペナルティを受けるような施策は支持しない
わざわざ言うまでもないでしょうが、SEO従事者ならばペナルティの危険性は重々承知しています。

しかし、ワンマンの社長のおかげもあって実施したSEOによって
ペナルティを受けるという貴重な経験を味わうことができたとともに
リカバリーするための施策方法も勉強させて頂いたわけです。

もしも、私にSEOすべてを任せて頂くことができていたなら
ペナルティを受けるような自体にはなってなかったと思うので
実際にペナルティを受けたという体験は個人的にはマイナスでなかったと考えているわけです。

SEO従事者でワンマン社長に煩わされているアナタへ

もしも私のようにワンマン社長や話を聞いてくれない上司がいる場合
私に教訓を紹介することで参考になればと思います。

時間を見つけて、ワンマン社長や話を聞いてくれない上司としっかりと話しをすることです。
SEOに関しての勉強会を開くや、こちらからプレゼンを提案してみて下さい。
少しでもSEOについて話をし、SEOのことに関してはコイツに任せれば大丈夫だ
という風に心象を持ってもらえるように努めるべきだと思います。

私の場合の問題点は、「上司に任せておければ良いや」という甘えがあったことです。
実際、ワンマン社長で会社にもほぼほぼ来ないような人間だったので
「諦め」の方が強かったとは思います。

そんなことにならないように、SEO従事者と言うならば
SEOならオレに任せろ、と上層部に認めてもらうだけの努力はしなければならなかった。
と、今思えば考えるわけです。

以上のように私は先月、何気に古巣を飛び出し、新しい新天地へと向かったわけです。

上記のようなツイートはこういう理由です。
この新天地が良い所であるかどうかは、今後の私の働き如何だとは分かっています。
良い所にするための努力は惜しむつもりはありません。
その経験を古巣にて手に入れたわけですから。

 - SEO