elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

「任天堂臭い」というゲーム開発会社が放つ臭いはノウハウが詰まったより良い芳醇された香り

      2017/06/23


ゲーム開発会社が放つ「臭い」というのは培われたノウハウが放つもの

なんとなく言わんとすることを感じられる。
そんな記事を紹介したいと思います。

雑感『ゼルダの伝説 Breath of the Wild』

たびたび記事を読ませて頂き、ネタとして使わせて頂いています。
シロクマさんの記事です。
記事内で「任天堂臭い」と紹介されているのですが
これがなんとなく分かるわけです。

さまざまなゲームが販売されて遊ばれる世の中になり
ゲームという分野が多くのユーザーへと広がりを見せるようになったことで
ゲーム開発会社にも、開発をする上での「特徴」のようなものを感じるようなことが少なくありません。

例えば、ネット上でよくネタとして使われることですが次のようなものがあります。

「カプコンのヘリは必ず堕ちるから注意しろ」

カプコン製品のゲームの場合、例えばバイオハザードやデッドライジングなど
ようやくこの地獄のような世界からヘリコプターを使って脱出だ。
という時に限って、演出としてヘリコプターは墜落する、というあるあるです。

これもある意味で「カプコンらしさ」であり
シロクマさんが言うような「カプコン臭さ」であると私は感じております。

どうしてゲーム開発会社臭さを感じるのか?

しかし、どうしてゲーム開発会社が持つ独特の「臭さ」を感じるのでしょうか?

そこにあるのはゲーム開発が年数を重ねたことで
さまざまな経験や仕様などがゲーム開発会社へと培われてきたこと。
というのがあると私は考えます。

ゲーム開発というのはさまざまな経験とそれまで培って来た技術によって作られてきています。
ゲーム開発を長年作ってきたことから、さまざまなゲーム開発におけるノウハウを
ゲームを作るディレクターであったり、プロデューサーなどには備わっています。
また、新しく入ってきたディレクターなどにも
それまで作ってきたゲームの仕様などを継承することもあるため
結果として、ゲーム開発会社が持つ臭い、というものをなんとなくではありますが
受け継ぐことになり、ユーザーはなんとなくその臭いというのを感じるのではないでしょうか?

断っておきますが「臭い」という言葉を使ってしまうために
どうしても「悪臭」のようなイメージを与えてしまうかもしれませんが、決してそんなことはなく。
そこにあるのはユーザーのことを考えてくれたものであり
ユーザーへと楽しい時間をお届けすることを考えてきた上での
重要な「ゲーム開発のより良い経験」によって培ってきたためと言えます。

なので、決して悪いものではなく。
ゲームをユーザーへとより良く楽しんでもらうための「ノウハウ」であり
これによってユーザーはより楽しく遊ぶことができる訳です。
そういう意味でも、このゲーム開発会社が放つ「臭さ」というのは
今後も重要だと言えます。

 - ゲーム, ヨモヤマ