elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

Amazonプライムデーが終わり大いに荷物が届く中、どうして大型セールは行われるのか考察

      2017/07/14


Amazonプライムデーは今後回数を増やしていくのか?

今週始めに始まり、短い期間ながら驚くべき結果を残した。
「Amazon プライムデー」です。
みなさんはどのように楽しまれましたでしょうか。
私は何かと購入させていただき、ここ数日はいろいろなアイテムが
amazonから届きまして配達業者さんに
「またオマエか」という顔をされながら商品を受け取るのが大変でしたw

さて、そんな「プライムデー」ですがどうやら
今年は過去最高を叩き出したそうです。

アマゾン「プライムデー」売り上げ過去最高に

去年は確か以前にプライム体験したユーザーにも
改めて一ヶ月だけの利用することができたのですが
それ以上に今年の方が売上としては高いということは
プライムユーザーを体験版にて増やしたところで
売上にはそれほど貢献しない。ということがわかったといえます。

さて、そんなamazonプライムデーですが
今年だけでなく来年も再来年も
同じようにして恒例のセールイベントとして開催していくのでしょう。
EC業者も様々な形で展開しています。

例えば、時たまTVCMを行う「楽天スーパーセール」
これも大々的なセールイベントで、さまざまなアイテムが
販売価格から数十%OFFにて販売され、ユーザーはこの時とばかりに購入します。

海外に目を向けるとアリババが「独身の日」に合わせて
大型のセールを実施し、一日の売上でギネスに登録されたほどです。

大型セール・イベントをお祭りのようにして開催する意味とは?

しかし、どうしてECショップは大型セールを企画するのでしょうか?

そんなの商品を売るためでしょ。

というのはビジネスなのだから当然の答えでしかありません。
どうして大型のセールイベントをTVCMなどまで打って
大々的に行うのか。そこには「ユーザーを確保する」という
目論見が大いに含まれているのです。

といのもECサイトは一度使い始めると
あまりそこから変更することなく
同じECショップを使い続けることになります。

となると、そこに出てくるのは「ECショップのパイの奪い合い」です。
そこで始まったのが「大型セール・イベントのお祭り感」です。

今後もこの流れは定期的に行われることでしょう。
そして、開催スパンが徐々に短くなっていくものだと思います。

例えばAmazonのプライムデーは今は年に一回ですが
それが年に二回になり、三回となるのではないだろうか?

 - ヨモヤマ