elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

「Adobe Flash」が2020年に終了する。私個人としてはFlashアニメが思い入れあり

      2017/08/10


「Adobe Flash」が2020年に終わりを見せることで悲しさも……

先日、Adobeが大きな決断をしたことが話題を呼んでいます。
それは「Adobe Flash」の終了という決断です。

私個人としても、正直FlashはSEOとしても効果がありませんし
今現在ではほぼほぼ利用されることがなくなったコンテンツ。
だと思ってこのニュースを読んでいたのですが

その後に次のようなニュースを読み
なるほど、そういればそうだったなぁー。と懐かしんでしまいました。

誰が「Flashゲーム」の数々を後世に残すのか──アドビの「Flash」終了はゲーム界では“悲報”となった

そうなんですよね。ネットに触れていても詳しく知らないユーザーの場合には
「Flashと言えばAdobeなんでしょ?」という人もいるかもしれませんが
もともとFlashというのはマクロメディアという会社が開発したシステムであり
そこのシステムをAdobeが買い受けて開発を引き継いでいたという事実があります。
それも随分、昔のことですがw

私自身、昔はFlashを使っていた経験があり
今も多分、自宅の部屋を探せば当時の「Flash Player」があるはずです。

当時はスクリプトなどを使ってゲームっぽいものから
UIっぽいのまで作って、当時制作していたサイト上に公開していたこともあります。

記事内でもありますが、当時はFlashを使った
ゲームというのは本当に多く存在していました。
私も何度か遊んだ記憶があります。

Flashの思い入れと言えばゲームよりもFlashアニメ!

しかし、個人的にはFlashというと「ゲーム」よりも「アニメーション」
という印象の方が強くあります。

例えば、やわらか戦車などで有名な「ラレコ」さんも
もともとはFlashを使ったアニメ作品で
ネット上で大きく有名になった方で
今ではアニメーターとしてNHKで放送された「英国一家、日本を食べる
なども監督されています。

そう考えるとFlashというのは
一時期を築いた優秀なソフトであったと言えることでしょう。
そして同時に栄枯盛衰を感じさせてくれます。

というのは、まだまだ当時は通信環境が整っていなかったため
大容量を必要とする動画は閲覧できるものではありませんでした。
そのために、Flashという容量を節約し
アニメーションを作れるソフトが登場し多くのユーザーが利用していた訳です。

しかし、通信設備が向上すると共に圧縮技術まで向上したことで
Flashという特殊なアニメーションを作る必要がなくなり。
簡単に多くの人が投稿できる動画サイトが増えたことで
そうそうにFlashというソフトの足場が危うくなった訳です。
その後は、度重なるセキュリティ的な問題点が広がったことで……。

仕方のないこととはいえ
一時代を築き、多くの人を魅了してきた作品があるのも事実。
それらが見られなくなるのが「2020年」以降は見られなくなる。
と考えると感慨深いものがあります。

あ、いや。掲載していますがラレコさんの作品は
Youtubeで動画化されており、そちらで見れます(苦笑

 - アニメ