elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

Nintendo Switch「スプラトゥーン2」新規追加されたCo-opモードが面白く光っている

      2017/08/25


Nintendo Switch「スプラトゥーン2」はCo-opモードがピカイチ!

Nintendo Switchを購入して
お供として選ばせて頂いたのが「スプラトゥーン2」でした。

WiiU版をプレイした時に絶賛させて頂いた作品で
面白さは織り込み済みなので、最初に買うソフトとしては当然のチョイス。

WiiU「スプラトゥーン」塗って塗られて塗り替えせ!下手でも楽しめるゲーム

そんな「スプラトゥーン2」ですが。いやー、今回も面白い。
本当にしっかりと正統進化されており
「2」というナンバリングも納得の製品となっています。

まずゲームの根幹であるマップを塗りつぶすという行為自体は
根幹なため大きな変更はありませんが、それでも小さな改善は見て取れます。
それが「マップの大きさ」です。

WiiU版のマップよりも個人的には1.5倍ほどの広さを持っているように感じます。
昔はすぐに前線へと行くことができましたし
前線が集中し、敵と接敵する場所。というのがある程度決まっていたものです。
ですが、マップの広さが広がったことで、敵が脇道から入ってきたりすることも多い。
敵と接敵する場所がWiiU版は1~2箇所だったのが、2~3箇所以上になり
より戦略的な戦い方ができるようになったように感じます。
まあ、スプラトゥーンには多くのマップがあり
広いところもあれば狭いマップもあったので、一概には言えませんが……。

そんなマップが広がってしまうと感じるのは

塗る範囲が広がって大変では?

という風に感じるかもしれませんが
そこら辺はインクの飛び散り具合に少し修正を加えているのかもしれません。
WiiU版と比べたわけではありませんので、細かく判定している訳ではありませんが
インク量、もしくはインクの飛び散り具合など調整されているのかもしれません。


©2017 Nintendo

「スプラトゥーン2」の注目のモードは「Co-opモード」

今回もシングルプレイモードはしっかりと作り込まれており
独特のマップとギミックが楽しいボス戦は健在。
シングルプレイはまだまだ始まったばかりで序盤のボスを撃破したのみ。
対戦をしながら、地道にプレイして長く楽しむことができればと考えています。

そして、最も嬉しいのが今回追加された「Co-opモード」

モードとしては「サーモン・ラン」というゲームモードで
サケが持っている「イクラ」を回収するというバイトというカタチでプレイします。

ゲームとしてはWave1~3まで波状攻撃でやってくるサケを
次々と撃破しイクラを回収しまくるのが目標。
しかし、そんな上陸してくるサケの中には特殊な能力を持ったサケがいて
こちらがスペシャルで使うような攻撃を多用するほど強力。
是非とも撃破するときには周りと協力しながらしっかりと撃破していきたい。

しかし、そんな特殊なサケを撃破すると手に入るのが「金のイクラ」です。
金のイクラはWaveごとに指定された個数を集める必要があり
集めきれないだけでもミスになるので、しっかりと確保し回収しておきたい。
回収した数でも評価が変わるので重要。

新しく追加された「クマサン商会」からのバイトという「Co-opモード」
他のCo-opと同じくWave1は序の口で、Wave3となるとサケの渋滞によって
なかなかに熾烈な戦いになります。
また、時と場合によっては満潮になり移動範囲が大幅に制限されるようなこともあります。

そんな移動範囲だけではなく、特に嫌らしいのが「特別なサケ」です。
それぞれ一体一体なら対処も可能なのですが
Wave3ともなると、同時に複数となって登場することも少なくはなく。
複数となると正直、簡単には対処などできません。
そんな中を他ユーザーと共闘しながら戦うからこそ楽しい訳です。

しかし、Co-opモードはWiiU版「スプラトゥーン」をプレイした時から
「絶対にCo-opモードがあれば楽しくなるはず」と思っていたので
実現し搭載されたことには嬉しくてたまりません。

そんなCo-opモードの「サーモンラン」ですが
現在は一定期間中にしか遊べないモードとなっており、自由にプレイすることはできません。
それは残念ではありますが、それでも対戦するのも楽しいので
次の開催までは対戦で腕を磨く。というのも悪くありません。

ホントなら、ゲームのレビューはしっかりとプレイを楽しんだ上で感想などを書きたいのですが
今回のスプラトゥーン2はあまりにも楽しいので
そうそうに書きたくなりましてw
なので、今後追記したり修正したいと思います。

 - Switch, ゲーム