elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

Netflixのオリジナルコンテンツは79%が支持。それを下支えするのは高性能なレコメンド機能

      2017/09/09


Netflixがオリジナルドラマで評価を得るのは高性能のレコメンドのおかげ?

Netflixのオリジナルドラマがミレニアム世代から大きく指示を受けている。
という調査結果が報告されています。

一番面白いのはNetflix ?? ミレニアル世代の79%が支持、競合を圧倒

調査結果を紹介している記事によりますと
Netflixが一番おもしろいオリジナルコンテンツを提供していると
「79%」が認めたそうで。なんとも他の追随を許さない評価の高さを見せています。

正直、79%という高評価には私も認めるものです。
すべてのオリジナルコンテンツ(ドラマなど)を見ているというわけではないが
力を入れて、そしてコストを掛けて制作しているドラマは
結果として良好な評価をユーザーから集めることができています。

まあ、コストを掛けるからと言って良い作品になるわけではない。
しかし、コストを掛けることで、重点的な調査を実施することができ
より良い作品を作るための下調べ、そして様々な演出を盛り込める選択肢が増えます。

うまく実現できているな、と感じるのは文化が違う「日本人」である私が見ても
オリジナルドラマの多くは「面白い」と感じるところ。
文化的な背景などを排除したとしても、シナリオや演出などは練りに練られており
普遍的な背景によって楽しめるように作られていることがうなずける訳です。
その中には日本のドラマ制作現場ではできないようなコンテンツも多く
オリジナルコンテンツに注力しているという様子は十二分に伺うことができます。

Netflixが高評価のコンテンツを造れるのはレコメンド機能があるから

そんなより良いコンテンツをNetflixが作り続けることができるのはどうしてだろうか?

一つのヒントとする記事がこちらになります。

マーベル新作「ザ・ディフェンダーズ」は、Netflixの優れた「読者調査ツール」である

Netflixが提供しているレコメンド機能に関して
ユーザーが好むであろう作品を的確に導き出し
そして、そんな作品をオススメする技術の向上に費やす仕事に焦点をあてて
記事として書かれています。

私はこういう部分の分析。データーサイエンティストの活躍
そしてデータ分析を着実に行っているからこそ
ユーザーが望むであろう作品を導き出し
どんな番組、どんなドラマを作ることがより良くユーザーを導き
そして、ユーザーを楽しませることができているのだと考えます。

つまり、レコメンド機能によってユーザーが求めるコンテンツを
正確に測れるようになれば、結果としてユーザーが求める作品の
良し悪しを判断することができるようになり
オリジナルコンテンツの制作にも反映させることが出来るわけです。

そんな高い精度でレコメンドの機能を拡張させることを
推奨しているからこそ。成果を上げているのだと思うわけです。

 - VOD