elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

Amazonプライムビデオが契約終了するコンテンツ。しかし見るべきはその先!

      2017/09/12


Amazonプライムビデオから契約終了するコンテンツ、その受け皿は?

SVODの間違った認識をしている人がいるかもしれない。と感じずにはいられない。
何を間違った認識をしているのか、というと

「公開されたコンテンツはいつでも見放題」

というのが実は勘違いであるということを知って欲しい。

例えば去年SVODにて提供された作品が翌年も同様に見ることができる。
と保証されているわけではない。ということです。

そんな記事がコチラになります。

視聴はお早めに、Amazonプライムビデオが約1400タイトルを1カ月以内に公開終了へ

今回の紹介はSVODでもある「Amazonプライムビデオ」
なんと1ヶ月後に「1400タイトル」も公開終了になると紹介しています。

同じSVODであるNetflixでも、実は以前は公開されていたコンテンツが
後に公開を終了するということが少なくありません。
例えば忍術アクションアニメとして世界中で人気の高い
「Naruto」ですが、実は以前はNetflixで公開されており視聴することができました。
しかし、今ではリストから消えており視聴することはできません。

どうして公開されていたコンテンツが突然に視聴できなくなるのか。
詳しく個別の理由などを知ることはありません。

しかし、考えられる理由は幾つかあります。
SVOD側からの契約終了の場合、「コンテンツ提供に支払う料金が見合わない」

つまり、契約し視聴できる状況にあるが、そのコンテンツを視聴するユーザーがいない。
いたとしてもユーザーの数が少なく。
そのコンテンツを提供していても新規ユーザーを獲得することもできず
契約継続してくれるユーザーを増やすことができない。

そういう場合には、SVOD側からコンテンツ利用料の交渉が行われ
見合わなければ契約の打ち切りとなり、コンテンツの引き上げが発生します。

対して、コンテンツ提供側からの契約終了の場合
「提供料金が見合わず、他SVODの方が高額契約してくれる」
などが考えられます。

となったとき、今回のコンテンツ終了の先にあるのは
別のSVODとの契約、という考え方です。

日本の場合、Amazonプライムビデオ以外を上げるとすると
「Netflix」や「Hulu」「dTV」などになるかと思います。

そんなSVODに公開終了するコンテンツが増えた。となると
それらのSVODによる日本国内のパワーバランスの変更が見え隠れするのではないだろうか?

そう考えるととても気になる案件である、と考えずにはいられない。
さてさて、Amazonプライムビデオで契約終了する
1400以上のコンテンツは次にどこに向かうのだろうか?

 - VOD, アニメ