elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

3DS「メトロイド サムスリターンズ」新しいアクションが活かせているか疑問を覚える

      2017/09/21


新しく登場したアクションやアビリティは面白いもののうまく活かせていないことが残念

ゲーム好きな私ですが、アクションゲームなども好きなのですが
実は探索とかマップを埋めるようなゲームも大好きだったりするのです。

例えば、世界樹の迷宮やウィザードリィなどの3Dタンジョン探索RPGにおいても
全階層を埋めて100%にしたくなります。
それもこれも始まりは「メトロイド2」(GB版)だったのは間違いありません。

当時のGBはテレビがなくても遊べる画期的なゲーム機でした。
そんなGBで「メトロイド」(GB版)は何度となく遊んだ覚えがあるゲーム。

そこから始まった私の踏破したい。というゲームプレイの系譜は
期せずして帰ってきた「メトロイド サムスリターンズ」をプレイするのは
決まりきった未来だったと言えます。

ということで、ここ数日。3DSを持ち歩いてマップ探索を行いつつ
メトロイド サムスリターンズ」をクリアいたしました。
クリア時間としては12時間ほど。
踏破し尽くした。というわけではないので
100%を目指そうとするとさらに時間はかかるかもしれません。

先に紹介したように元となったGB版をプレイしており
物語のストーリーとしては、それを踏襲した作りになっています。
とは言えプレイ中にストーリーを思い出すような展開は皆無。
プレイ開始時にバックボーンを紹介するダイジェストの紹介があるだけで
探索によってのストーリー展開はほぼほぼありません。
なので、プレイをしていると、どうしてそうなったのかポッカリと抜け落ちてしまうw

まあ、昔のGB版を踏襲することを重きをおいて
過剰なストーリー部分の演出は控えたのかもしれません。

GBとは比べ物にならないグラフィックなのは言うまでもありません。
すでに3DSが登場して長い年月が重ねられているので
3DSならではの奥行きのある演出などは世界観を楽しませてくれており
こういうメトロイドも良いな。と思わせてくれます。

個人的には探索系アクションゲームとしては
メトロイドらしさもあり、十二分に楽しむことができました。
これまで作られてきた「メトロイドフュージョン」系のFPSというのも
それはそれで楽しめたのですが
やっぱり探索系アクションゲームとしてのメトロイドは楽しいものです。

追加要素に関して、多様するだけのもう少し練り込みが欲しかった「メレーカウンター」

とは言え、いろいろと不満。いえ、詰めの甘さ。を感じずにはいられません。
もう少しコンセプト段階からどんな風にするのか煮詰めることができれば
新しく追加した要素もうまく利用することができたのではないでしょうか?

ということで、気になる部分を紹介していきたいと思います。
一つに新しく実装された「メレーカウンター」
新しく追加されたもので、敵の近接攻撃に合わせて発動するカウンターで
ザコ敵などを行動不能にすることができます。

序盤プレイ時には一つのアクセントとなって、効果的に機能しているのですが
中盤となると壁などを貫通して攻撃できるウェイブビームを取得することで
障害物越しに狙えるようになり、そもそも接近すること自体が減ってしまう。
それ以外にも中盤以降では近接攻撃ではなく、遠距離攻撃する敵も多くなりさらに使用頻度が下がります。

結果として、後半ではほぼほぼ出現頻度が少なくなってしまう。
そんな中で唯一の利用するのがボス戦。なのですが、それも一部攻撃にしか適応できない。など
限定的な使い方になり、あまり多様するアクションとなりません。

せっかくボタンに割り振られているにも関わらず
うまく機能しているとは思えなくなるのです。

そういう意味では、弾き返し能力を向上させ
敵の遠距離攻撃も弾き返せるようにする。などの能力進化により
様々な状況でも多様できるような作りにすることはできなかったのでしょうか。

「エイオンアビリティ」という能力も探索以外に使う機会はなし

次に新しく追加されたのが「エイオンアビリティ」という機能。
4種類のアビリティがあり、それぞれエイオンというエネルギーを使って
さまざまな効力を得ることができます。

  • スキャンパルス:マップの探索と周辺の破壊可能ブロックの識別
  • ビームバースト:ビーム能力を向上しセミオートでの射撃を可能に
  • ライトニングアーマー:電撃をまといダメージの無効化
  • フェイズリフト:周辺の時間をスローにできる。

スキャンパルスはマップ探査には欠かせないアビリティで
ビームバーストはこれでないと倒せないザコ敵も少なくありません。
他の二つのアビリティにしてもアイテム探索で生かされることが少なくありません。

しかし、そんなエイオンアビリティですが
ボス戦でもある「メトロイド戦」ではなかなかに使用頻度がありませんでした。
私が唯一使っていたのは「ライトニングアーマー」で
エイオンエネルギーを消費してHPの減算を肩代わりできるため生存機会があがるためです。

というのも、メトロイド戦などは敵の攻撃を避け
相手の攻撃に対してカウンターを合わせることで
イベント戦へと持ち込み、あとはミサイルを打ち込むだけになるからです。

結果、カウンターの失敗によるダメージ量を減らすため
「ライトニングアーマー」を使う訳で、他のアビリティをボス戦で使うことは
ほぼほぼありませんでした。

つまり探索以外でほぼほぼ使わずにクリアすることが可能で
探索やアイテム取得ぐらいにしか使わなかったという訳です。
それではアビリティとして簡単に使えるようにした意味はあったのか。
もう少し、アビリティを絡めてのボス戦などもあってもよかったように思えます。

死んで覚えるボス戦攻略。アドバイス機能がないのはサムス一人だけだから?

今作のボス戦は結構死んで覚えるというパターンが少なくありませんでした。
ボスがメトロイドならば弱点であるアイスビームとわかりやすいのですが
例えば掘削兵器を持ったロボットのボス。
珍しいメトロイド以外のボスになると、途端に弱点がわからず。
まずはどこから攻撃するのかというところを探すカタチでスタートします。
これがサムスにサポート役でもいれば弱点を教えてくれたりするのですが
登場がサムスだけのため、自分で弱点を見つけるところから行わなければならず
何度も死に帰りして弱点を探して倒す。ということもありました。

……もしかするとそういう部分をエイオンのスキャンパルスを使うことで
容易に知ることができたのかもしれませんが、あいにく気付きませんでした。

また、グラップリングという引っ張ったりする技もあるが
探索以外で利用頻度はほぼほぼありません。
一部メトロイド戦で使うが、取ってつけたようなもので戦闘ではほぼほぼ使いません。
スマッシュブラザーズのように捕まえて投げるなどのアクションや
ザコ敵の殻を奪うなどあってもよかったのにと残念に思わざるをえません。

このようにアビリティなどが増えているのですが
ほぼほぼ単一的な使い方しかできず、組み合わせてプレイの幅を広げる。
という使い方が示されないのはコンセプト段階での練りが足らず
ただ付け足した感しか残らず、なんとも残念に思えてなりません。

そんなプレイの中で探索時に必要となる組み合わせを紹介したいと思います。

一つにスーパーボムを設置した後、張り付きをしていると
爆風の威力を借りて、なぜかまっすぐにぶっ飛ぶことができます。
これを利用すること入手出来るアイテムなどもあるため
アイテム探索の際には覚えて起きたい技と言えます。
(張り付きしていないと飛ばない理由は謎w)

他にもフリーズビームで凍らせた敵はメレーカウンターで攻撃すると破壊できます。
中にはできないのもあるようですが、簡単に撃破も可能です。

まあ、壁貫通ができるようになればわざわざ壊しにいかずに
壁越しに撃破する方が安全ではありますが。

いろいろと言ってきましたが、探索系アクションゲームとしては
それなりの面白さを担保できていると言えます。
しかし、新規に登場した技能をうまく組み合わせられているとは思えず
もう少しより良く絡める方法もあったように思えてなりません。

 - 3DS, ゲーム