elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

Netflixでイッキ見されたTOP10の情報が興味深い。

      2017/10/24


Netflixのイッキ見されたオリジナルドラマトップ10

Netflixがこんな情報を公開するのは本当に珍しい。
ということで、私のサイトでも取り上げたいと思います。

Netflixで最も早く“イッキ見”された意外な番組が明らかに

Netflixが提供しているオリジナル作品から
公開後にイッキ見されたコンテンツのランキング情報を公開しました。

1位に輝いたのは「ギルモア・ガールズ: イヤー・イン・ライフ」。「ギルモア・ガールズ」の熱狂的なファンの数、そして彼らが新エピソードをどれくらい待ち望んでいたかを考えると、これは納得がいく。2位は「フラーハウス」だった。こちらもノスタルジアという点が「ギルモア・ガールズ」と共通している。3位は「Marvel ザ・ディフェンダーズ」で、4位と5位は驚くべきことに「七つの大罪」と「ザ・ランチ」だった。

面白いのはNetflixが集中的に資金を投下してシリーズを制作し続けてきた
「マーベル作品」が意外や意外にも一作品しかランクインしていないこと。

「ディフェンダーズ」はヒーローたちが結集した作品で
これまで作ってきたヒーローたちが結集するというもの。
それまで見てきたファンが待望していたことでイッキ見した人が増えた。という考えることもできそうです。

正直、Netflixがこういう視聴に関連する情報を公開するのは珍しく
大変興味深いデータだと思えます。

今回はイッキ見ということなので
なかなかに厳しい条件であったのは考えられます。
というのも、話数が少なければイッキ見するハードルは低くなります。
そういう意味ではドラマの面白さ=イッキ見。とはできない部分もあります。

 - VOD