elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

Switch「Nintendo Labo」が持ち込んだのは「スマホ」でも「PS4」でも遊べない。次なる遊び方

      2018/01/19


任天堂が「Nintendo Labo」という新しい遊び方を提供!

任天堂がまたしても面白いことをやってのけた。

昨日、Nintendo Switchの新しい遊び方について
紹介した動画が公開され大きく話題を集めた。

その遊び方の動画ということがコチラになります。

製品:「Nintendo Labo

簡単にどういう遊び方なのかを紹介すると
ソフトに付属してくる段ボールでキットを組み立てた上で
Nintendo Switchのコントローラーやマイコンなどを
規定部位にセットすることで、コントローラー以外の遊び方を提供する。
という、新しい遊び方の提供となっています。

これまでゲーム機において「コントローラー」というのは
入力方式の一つではありました。
ですが、それを打開し新しい入力方式を導入するも
どれも長く継続的に利用されてきたという経緯はありません。

唯一、大きく可能性を示したのが「Wii」にて初めて利用された
ヌンチャク型のリモコンだったと思えます。

そんな任天堂がNintendo Switchを使って
またしても新しい入力方式を実験的に試そうとしている訳です。

そして何よりも面白いのが
その遊ぶためのパーツを段ボールという形で提供し
遊ぶためには組み立てなければならない、という一手間をあえて残したことです。

ただ段ボールのパーツを組み込んだのではない。その先にあるのは

別に段ボールで作れるものは
プラスチックで簡単に作ることも可能です。

しかし、段ボールで提供しユーザーが組み立てる事も含めて
ゲームとして提供することに意味があるのです。

ある意味でこのゲームには「知育」という部分もあり
段ボールのパーツを組み立てるところから
子どもたちに知育を通しながら
ゲームのシステムにも触れる楽しみを提供しているのだとわかります。

どうしてそんな遊びができるのか
どうして音がなったり、動いたりするのか。
そんなことを学びながらシステムを理解することを前提としています。

Nintendo Switchをが販売された時
私は「スマホに近いゲーム機」と思っていました。
しかし、「CPU+ディスプレイ」というスマホでは実現できない領域を
見事に「CPU+ディスプレイ」「コントローラー」という組み合わせにて
Nintendo Switchは飛び越えていったことに驚かされています。

何かを割高で追加するのではなく
何かを安価で提供し、今あるデバイスを活用する。という考え方に
大きく共感すると共に、今後の展望に期待したいと思う。
出来ることならば、子供の発想力を活かし
子供発信のゲームの制作などにも生かせれば思う。

 - Switch, ゲーム