elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

スマホゲー「勇者のくせにこなまいきだ DASH!」瞬発的な状況判断が必要になるパズルが良い!

      2018/06/24


スマホ「勇者のくせにこなまいきだ DASH!」は何気に面白いパズルゲーム

私はあまりスマホゲームにハマる方ではないのですが
最近、ちょこちょこと時間を見つけてはプレイさせてもらっているゲームがあります。

それがコチラの「勇者のくせにこなまいきだ DASH!」というゲーム。

もともとはPSP向けに販売された「勇者のくせになまいきだ」というゲーム。
なかなかに面白いゲームでプレイした経験があります。
簡単に説明をすると、自分は破壊神となり
ダンジョン内の壁を壊し、うまくダンジョン内に生態系を作り上げます。
弱いモンスターは強いモンスターの餌となり、さらに強いモンスターを維持します。
そんなダンジョン内に勇者がやって来るのを迎撃する。というゲームになります。

そんな「勇者のくせになまいきだ」が
ソニーのスマホゲーム参入作品の一つとして選ばれ
「勇者のくせにこなまいきだ DASH!」となって配信された訳です。

今作ではこれまでのように生態系云々を気にする必要もなく
「落ち物パズル」としてゲームが構築されています。

ゲーム性は勇者が魔王を捕縛するとゲームオーバーとなり
捕縛されるまでに、落ちてくるブロックを
縦横3つ並べてモンスターを勇者の前に召喚し勇者の体力を削りきる。
というゲームになっています。

何が面白いかというと、掘る掘らないに関わらず勇者はズンズンと進み
ほっておくだけで魔王は捕縛されてしまいます。
そうならないように瞬発的な状況判断を元に
よりよくブロックを縦横にそろえてモンスターを召喚し勇者の進行を阻む訳です。

上のスクリーンショットでいうと
赤や青、黄のブロックが「モンスター」を召喚するためのモンスターブロックになります。
これを横縦に3ブロック揃えることでモンスターを召喚できるわけです。

さてどうして瞬発的な状況判断が本当に必要になるのか?
それは長考をしている間も勇者が常に迫ってくるため
コンボを繋げながらモンスターを召喚し
モンスターブロックを3つを揃えながら、次の揃え先を見つけて判断しなければならないのです。
結果的に瞬発的な状況判断が要求されます。

「勇者のくせにこなまいきだ DASH!」の私独自のTips紹介

そんな「勇者のくせにこなまいきだ DASH!」において
私が気付いたTipsを少し書かせて頂きます。
もしも使える技術でしたら、参考にして頂ければと思います。

○プレイ当初は積極的にガチャを回せ!

このゲームなかなかにステータス影響が出やすい
そのためにも強いモンスターを手に入れることが重要です。
なので、プレイ初期はガチャを回すだけの金の魔王石を得られるので惜しみなく使いましょう。

というのも、上位の洞窟へと潜ろうとするとレベルの高い勇者が襲ってきます。
先にも紹介したように強い勇者はそれだけで脅威で
コチラも強いモンスターを呼ばなければ対応できません。

瞬発的な状況判断ができたとしても
弱いモンスターが「1ダメージ」しか与えないのを10体召喚しようとも
強いモンスターが「10ダメージ」を1体で与えられる方が効率が良いわけです。

一応、ガチャ以外にもモンスターを入手する方法として「採掘」がありますが
こちらも採掘に利用する勇者のグレードによって出て来るモンスターの強さに影響するため
「強い勇者」を倒す必要が出てきます。
つまるところ結果として「強いモンスター」を得られないと順調にゲームを進められないわけです。
ならばいっそうのこと、最初から持っている「金の魔王石」を使いましょうと紹介しているわけです。

○右側・左側でコンボをつなげていく

先に紹介したゲーム画面のようにブロックに埋もれています。
そんなブロックを崩すことによって
上のブロックがグラグラした後ドスンと下へと落ちてきます。

こちらの画像がちょうどグラグラしているときの画面。
上の部分がグラグラして落ちてくる前段階です。

そのグラグラ中に、下のブロックを左右へとスライドさせるなどできるので
ブロックを動かすこともできるわけです。

が、グラグラしている時、というのは左右への移動受付時間中で
どうしても手が止まってしまいます。
これをただ見ているだけでは正直、勇者を迎え撃てません。

ということで、画面を左右に分けてプレイするのです。
右側でブロックを崩してモンスターブロックを繋げている間に
左側へと目線を移し、壊すブロックを決めてモンスターブロックを繋げます。

左右の離れた地点を交互に行うことで
グラグラ状態の入力待ち時間を有効に活用しコンボを繋げられる訳です。

なので、私は重要なモンスターブロックである「ドラゴン」は
中央へと集めて左右の操作の邪魔にならないように確保しておきます。

○勇者のお邪魔ブロックは出現したあとでドラゴンブロックで相殺

勇者はただただダンジョンを進んでくるだけでなく
こちらのブロックを崩した回数でお邪魔ブロックを設置してきます。
設置方法は勇者によってさまざまで
縦一列をお邪魔ブロックにするヤツもいれば
特定のモンスターブロックをお邪魔ブロックにするという危険なヤツもいます。

お邪魔ブロックは通常のブロックのように崩すこともできない本当にお邪魔。
対処せずに放置しておくとお邪魔ブロックによって
自由に組み替えすることもできなくなります。

そのために有用なのが「ドラゴン」ブロックです。
ドラゴンは特殊能力として召喚した時に
モンスターブロック以外をすべて消し去る能力があります。
対象として、お邪魔ブロックも含まれるので効果的です。

なので、勇者のお邪魔ブロックが発生する予想がでたら
慌てずドラゴンブロックを作りましょう。
私の場合、常に2つは作り中央付近にあつめているわけです。

この状態で勇者のお邪魔ブロックが発動を待ちます。
ここで慌てて接続してしまわないように注意!

あとはお邪魔ブロックになったあとで
ドラゴンブロックをつなげてドラゴンを召喚し
お邪魔ブロックも同時に相殺するわけです。

○強化なんて幻想です。地道に経験値でレベル上げがベスト

モンスターにもレベルがあり、経験値を集めてレベルアップします。
レベル10になると「進化」という形で別のモンスターに変わり
能力向上やスキル取得などよりよい効果が得られます。

そんなレベル上げにおいて「強化」という選択肢があります。
強化用の素材と「破壊神パワー」と呼ばれるお金を使って
経験値を得てレベルをあげることができます。

が、なるべくなら強化は避ける方が良いと私は考えます。
というのも「破壊神パワー」というのは他にも重要なところで使われます。

それが「進化」という項目です。
この進化が結構な高額で貯めておかないと進化させたいときにできない。
なんてことも少なくありません。

なので、強化で使ってしまうのは勿体無いと感じるわけです。

実際、勇者を集めたりするために洞窟に何度も潜るため
そこでレベル上げすれば自ずとモンスターレベルもあがっていきます。

他にもいろいろとあるのですが
そこらへんはみなさんが実際にプレイして
楽しみながら見つけて頂ければと思います。

 - ゲーム, スマホゲー