elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

PS4「真・三國無双8」オープンワールド化という選択肢も作り込みが甘く残念

      2018/03/12


PS4「真・三國無双8」オープンワールド化したが作業量が伴ってないと感じた

ようやくクリアすることができましたので感想を書かせて頂きたいと思います。
正直なところ、少し前にこんな記事を書かせて頂いたように
大きく期待はずれだったのは言うまでもありません。

そんな期待はずれだったゲームというのが「真・三國無双8」です。

詳しい感想を始めるまえに三國無双シリーズのプレイ経験は
PS2からPS3の初期頃は楽しくプレイさせて頂いていたのですが
その後は同じプレイの繰り返しが多かったことから
お祭り作品の「オロチ無双シリーズ」ぐらいしか記憶ないレベル。

そんな「三國無双」もPS2から始まったシリーズということもあり
さすがに長くシリーズを制作してくると、ココらへんで一つテコ入れならぬ
新しい境地への展望を必要としたのでしょう。

その結果が今作で取り入れた「中国全土のオープンワールド化」でした。

私もそこに惹かれて購入に踏み切った訳ですが
見事に予想を裏切る駄作に終わってしまいました。

そもそも、これまでKOEIという会社が「オープンワールド」ゲームを作ってきたのか?
という部分もあり、オープンワールドを作るにあたっての
経験や技術が足りていないという問題点が浮き彫りになった作品でした。

別に、作ってないところが作ってはいけない。とは言いません。
実際、Nintendo Switchにて販売された「ゼルダの伝説ブレスオブザ・ワイルド」は
これまでオープンワールドゲームを作ってこなかったNintendoながら
見事に面白いゲームへと落とし込み、より良い作品につくりあげているわけです。

ですが、「真・三國無双8」にはオープンワールドを
面白くプレイしてもらおうという意図があまりにも見えてこない
最初の走り出しである企画段階で「中国全土をオープンワールドで再現しよう」と盛り上げり
作り上げる過程で「これは仕事量が半端ないぞ」という現実にぶち当たり
納期末期になって「これで良いか、それなりに遊べるし」という諦めによって販売された。
という経緯が透けて見えてしまうほど残念でしかたありません。


©コーエーテクモゲームス All rights reserved

「真・三國無双8」は移動という作業をする「乗馬ゲー」

さて、ここからその残念な部分にメスを入れていきたいと思います。

先に断っておきますが、マイナス要素が1から5くらいなら
惜しいな、という感じで楽しませてくれますが
10~50とか数が多くなってくると、それを数えるのすら面倒になり
多少の問題が起こっても「またか」という風に感じて動じなくなるものです。

まずはオープンワールドであることを考えると道順に移動する意味はほぼほぼないわけです。
林の中を馬で突っ切ったて、小高い丘を駆け上り踏破するのも問題ないはずです。
なのにオートランの道順となるガイド設定は何かと道順を移動させることを前提にし
道を歩くことを前提にすることから遠回りだって設定してきます。

別にゼルダのように隆起が激しいマップ設定で
馬では踏破しづらいというなら問題もないのですが
平坦な中国全土において道を走らせることの意味がありません。

別にガイドぐらい。と思われるかもしれませんが
この道順に移動させるの問題点は、オープンワールドにおいて直接関わってきます。

一本道であるゲームに比べてオープンワールドゲームの問題点というのは
マップが広大になり「移動」という作業がゲーム内に含まれることです。

その「移動」という作業をどのように「楽しさ」に転化し
ユーザーのモチベーションを維持させるのか。
そのギミックに真っ向から挑んで成功させたのが「ゼルダの伝説ブレスオブザ・ワイルド」です。

対して「真・三國無双8」はというと
マップ内に散らばるレア素材や宝箱などというありふれたもので解決し
それ以上のギミックを容易せず、探索する楽しみを生み出そうという努力を感じません。

だからこそ、先に推察したように「これで良いか」という感じを受けるのです。

プレイしていると移動するのが面倒で仕方ありません。
これまでのシリーズは「作業ゲー」と呼ばれていましたが
今回の「真・三國無双8」は「乗馬ゲー」と言わずにいられないほど
中国全土を走り続けます。
唯一の救いは武将共通で中国全土のマップを共有してくれるので
面倒なのは最初だけ。というところは救いです。

「移動」という部分だけでもこれだけの不満が書ける訳ですが
他にも様々な不満があり簡単に書いていきたいと思います。

「真・三國無双8」ではせっかくの攻城戦も結局は楽しまなくなる

ゲーム内で受けられるサブクエストには
素材や経験値、お金を稼ぐための当たり障りのないクエストがあります。

それらは定型文のように同じような内容が続きます。
だからなのか、イベント先もほぼ一緒。
なのでイベント戦で登場する敵の尖兵隊とオオカミの群れ、野盗などが
一緒になって襲ってくるなんてこともあるほど。
いろいろなところを回るのは確かに面倒なので、一緒に完結するのはありがたいが
「作業」している感じが出てしまうのは如何なのだろうか。

中国全土というと「黄河」「長江」という有名な海のような河があるわけです。
そんな河の横断に「船」を使うのですが船着き場に行っても船が無い時があります。
まあ、それはおいておくとして「赤壁の戦い」と言えば三国志でも有名な船上戦。
しかし、その船上戦があまりにも酷くてなんともなぁ~
バグなのか私の処理が悪いのか……。敵将を殲滅し戦闘イベントを終えても
一向に対岸に移動を進まないとか……。

あと、今作は城を攻め落とすために「攻城戦」というのが頻繁に行われます。
そのための「攻城兵器」も用意されており
オープンワールド化したことの旨味を感じることができます。
しかしながら、初期から持っている「鉤爪」という壁登り道具があまりにも便利すぎることで
「攻城兵器」を支援する必要が皆無に成り下がっているのです。

なぜなら、鉤爪を使って単騎で壁をよじ登り
敵主将を撃破してしまえば攻城戦はあっけなく完結できるからです。
わざわざ仲間を引き入れる意味があまりにもありません。
周辺の武将が寄ってたかって邪魔しにくる、というならば仲間も呼び込まなければならないでしょう。
しかし、そうではないため攻城戦を楽しむ意味がないのです。

まあ、もしも周辺の武将が寄ってたかって。となると逆にストレスが上がるため
そういう設定にはしなかったのでしょう。
しかし、結果として攻城戦をする意味が皆無となってしまっているのは
なんとも残念と思わずにはいられません。

などなど他にも諸々の不満が爆発しているのですが
結構、書かせて頂いたのでこれぐらいで。
ですが唯一良い点もあります。

それは中国全土をマップにしたことで中国史を理解しやすいということ。

どの地域でどんな戦闘があって、その時別の勢力はどこに居たのかなど。
そういう情報は中国全土だから把握することができる利点といえるでしょう。

 - PS4, ゲーム