elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

漫画「転生したらスライムだった件」安易なハーレムパーティーでない事に共感!

      2018/03/15


漫画「転生したらスライムだった件」は安易なハーレムパーティーでないのが良い

私はまったくと言っていいほど小説を読まない。
どれぐらい読まないのか。以前に読んだのはどんなタイトルだったのか。
そんな情報すら思い出せないほどに読まない訳です。

とは言え、学生時代には結構ライトノベルなんかも読んでおりました。

というのもゲーマーであり、マンガも好きでアニメも好き。
で、社会人として仕事もしている。となれば必然的に時間というコストは有限な訳ですw
結果として読了に時間を要してしまう小説というのは
なかなかに手が出なくなってしまうわけです。

まあ、書籍を読む、というのは決してマイナスにはならないので
読書が必要だと考えると実用書に手を伸ばす訳です。

どうしてそんな話をするのかというと
ここ数年どうにもライトノベル発の「なろう系」

「現代社会の一般人がファンタジー世界などの異世界へと転生して活躍する」

まあ、「なろう系」は「小説家になろう」というサイトから始まった訳で
異世界転生モノだけ、というわけではないでしょうから。
個人的には異世界転生モノと言いたくなります。

そんな異世界転生モノの小説を元にしたアニメ化されており
楽しくアニメを楽しませて頂いているわけです。
そんな中において近々「転生したらスライムだった件」という作品が2018年秋頃にアニメ化されます。

それを前にちょっとコミカライズした作品の第一巻が
Amazonの「Kindleストア」にて無料で配布されていたので
少し興味をソソられ手に取ってみたところ
気付けばアレヨアレヨという間に
コミカライズ全巻をKindleストアを通して購入してしまっておりました。

今でのようにビジネス特価した「ハーレム化」しないことに好感を持つ

さて、どうしてそんな風に
「転生したらスライムだった件」にハマってしまっているのか。

個人的なポイントを紹介すると

安易なハーレムパーティーにしていない点

というのが上げられます。

これまでアニメ化されてきた作品の多くが
主人公の「転生者」を主軸にしその脇を固めるパーティーメンバーに
女性キャラが勤める作品が少なくありません。

見目麗しい女性キャラをパーティーメンバーとして侍らせることで
絵面が華やかになるとともに、アニメ好きの男性に向けての誘引効果を期待できます。
また、女性キャラを使った商品化によって、放送後の収益も望めます。
そういったビジネスの側面から、やはりハーレムパーティー化は逃れられない訳です。

ですが、そのビジネスの側面が見え隠れすることに嫌気を感じているのです。

それもこれも自分がビジネスに敏感になってしまったため
あざとい状況のハーレムパーティーに嫌気を感じてしまう訳です。

そう感じ始めたのもここ数クールで放送された。
異世界はスマートフォンとともに。
デスマーチからはじまる異世界狂想曲
などの作品が影響しているとは思います。

無意味に女性キャラばかりが周辺を埋めていくことに
「女性キャラさえ増えれば満足でしょ」
というあざとさを感じてしまうわけです。

まあ、ビジネスを考えるということは、売れることを考えるわけで
そういう意味では女性キャラを侍らせるというのも当然の手法でもあるわけです。

そんな中において「転生したらスライムだった件」という作品は
転生したあとが「スライム」という魔物である状況から
正直、序盤はなかなか女性キャラがでてきません

その後も物語の展開は多くの種族を集めることが続き
町を建築すること、という目標から様々な人物が登場し
男も女もいい形で活躍する場が設けられています。

不自然なハーレムパーティーではなく
しっかりと目的を持った形での配役であり適材適所感が伺えることに
好感が持てるとともに楽しくなるわけです。

まあ、それは抜きとしても漫画を書かれている方も画力があり
ワクワクさせる感じで物語が展開することで全巻購入してしまった訳ですw

アニメ化されるのは今年の秋頃。
それまでにみなさんも漫画もしくは小説版を楽しんでみては如何でしょうか。

 - アニメ, 漫画