elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

おっさんゲーマーの悲痛の叫び。コスト「時間」をどう捻出するかゲームプレイにも関わる

   


おっさんゲーマーは最高に高いコスト「時間」を調整して遊んでいる

おっさんゲーマーの切実な実情が浮き彫りになった記事を読ませていただきました。
私は涙ながらに読了できませんでしたw

効率性のせいで、ソシャゲがなかなかやめられない

いつも楽しく読ませて頂いているシロクマさんのブログ記事。
本当にまったくもってそのとおりです。
おっさんゲーマーとなるとさまざまな縛りとの葛藤があり
コストをどこに持っていくかの調整の日々なんです。

そのコストというのは「お金」ではほぼほぼ買えない
一番に基調な「時間」というコストです。

そんな時間というコストを捻出するために
人は効率を求め、効率を上げるために課金だって行うわけです。
(これがほぼほぼお金で買えない、ということ)

特におっさんゲーマーというのは
「お金」というコストはある程度、自由になる人も多く
時間のコストをなんとか捻出するために課金という形にて
効率を求めてしまうものです。

私とシロクマさんには大きな方向性の違いがあります

とはいえ、私とシロクマさんとには大きな隔たりがあるのも事実。

シロクマさんは効率を求めて、より良い攻略を楽しみ
ゲーム一本をしゃぶり尽くす勢いで楽しまれます。

対して、私は結構そこはドライに楽しんでしまいます。
無料で遊べるゲームは、課金をなるべくせずに
無料で遊べる範囲内にて楽しむ貧乏根性が備わっています。

結果として、シロクマさんはゲームを始めるために
いろいろと下準備を進め、調査を行った上で
自分のこれまでのゲーム経験から楽しめそうな内容であるかを鑑みた上で
最高決定者である脳内シロクマさんの決済の印鑑を頂いた上で
遊びが始まります。

対して私は貧乏根性があるためハードルは低く
ファーストインプレッションの判断を元に
プレイするに足りるか、プレイするほどでもないか。を判断してプレイを始めます。
なので、早々に見限ってしまうこともあり、結構長々と遊ぶゲームもあるわけです。
それは結果として、ゲームの取っ替え引っ替えという形になり
長続きしないことが少なくありません。

特に基本料無料ゲームにその傾向が多くでます。
その心理は「無料だから良いか」という低いハードルが災いし
入りやすく抜けやすい、を作り出していると思われます。

このようにおっさんゲーマーといえども
様々な種類があり、異なる結果があるわけです。
そういう意味ではどちらが良いとか、どちらが悪い。という意味ではなく。
そんな風にして現状プレイしているゲームを
切り替えながら余暇の時間を有効に活用して
「時間」というコストを払いながら
おっさんゲーマーは今日もまたゲームを楽しんでいます。

そういう意味ではスマホゲームというのは
空いた時間でプレイできることからなかなかに良いものです。

 - ゲーム