elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

Switch「ゼルダ無双 ハイラルオールスターズDX」ゼルダらしい縛りが減点に

      2018/06/09


ゼルダの伝説という皮を被った「無双シリーズ」

なぜに買ってしまったのだろうか……。
と、配達されてから小一時間ほど思い悩んでしまったゲーム

ゼルダ無双 ハイラルオールスターズDX
開発元:コーエーテクモホールディングス

そんな「ゼルダ無双」メインの「レジェンドモード」のクリアができましたので感想を書かせて頂きたいと思います。

無双シリーズと言うと、つい先日に「真三國無双8」をそうそうにクリアし
散々に書かせて頂いたのではありますが
それを踏まえれば「無双シリーズ」は懲り懲りと思っても不思議ではないはずなのに
この短時間でまたしても「無双シリーズ」へと手を出してしまう……。
それはゲームに飢えているのか、はたまたバカなのか。と思わずにはいられません。

が、真相は真・三國無双8が到着する以前に予約注文だけを

「お、3DSの時にはスルーしたけどせっかくのSwitch版だし買ってみるか」

という軽い気持ちで手を出してしまっていたのでした。
その後、真・三國無双8にて散々な気持ちになり
もう、無双シリーズは良いわ、と思っていたのですが……。
届いてしまったわけです。

ゼルダ無双の感想は良くも悪くもゼルダの皮を被った「無双シリーズ」

最初に感想を述べさせて頂くと
三國無双をゼルダキャラで遊べるだけで
ゼルダらしい謎解きなどもなく、逆にゼルダらしさが
鬱陶しさを悪化させる状況になっています。
という印象を受けました。では、詳しく書かせていただきます。

ゲームとしては旧来の「無双シリーズ」システムをベースに
登場するキャラクターを「ゼルダの伝説」にすげ替えたという認識で間違いありません。
とは言え、ゼルダの伝説にはそれほど目にとまる登場キャラも少ないため
オリジナルキャラが複数人登場しています。

三國無双シリーズ独特のマップ内にいくつかの砦があり
それらを取ったり、突発的に発生する敵将撃破ミッションなどを繰り返しながら
最終的なクリア目標を目指すという形は変わらず。

ミッションはいくつかの種類が多重に発生することもあり
操作キャラを数名切り替えながらのプレイが可能です。
それとは別に「命令」という形で行き先や
敵への張り付きを指示することができます。

「敵の撃破」が醍醐味であるこのゲームのことを考えると
張り付きを命令しても撃破までは行ってはくれません。

そもそも「命令」と「操作キャラの変更」というのは
無双シリーズで度々問題点として上がってきていた
「移動の面倒」という点を軽減させる処置として有用であるとは思います。

命令にて敵将まで移動させておいて
到着したところで操作キャラを切り替えて敵将との戦いに挑む。
という操作が可能となり、移動という面倒を軽減できるわけです。

三國無双シリーズはほぼほぼ昔にしかプレイしたことがないため
どの頃からこんなシステムが入っているのか不明ではありますが
まあ、プレイしやすくなったとは思います。

が、同時に「采配」への配慮が必要となりました。
これはただ一騎当千に敵をふっ飛ばす「猛将」だけでなく
全体の状況を鑑みて配下の采配を行う「智将」までも兼任しなければならなくなった訳です。

「キングダム」で言えば「信」と同時に「河了貂」
役割まで演じなければならなくなった訳です。

正直、忙しくて面倒臭さが向上しているように感じます。
序盤のそこまで多重にミッションが発生しない頃なら捌けるのですが
多重にミッションが発生する後半では命令は必死。
戦略を考えながら回さなければミッションクリアもまともにできません。

そして、問題は先に示したように撃破まではやってくれないのです。
なので、いちいち「伝令兵」という弱小相手にまで出張らなければならず
やることが多すぎる!という印象が拭えません。

無双シリーズがゼルダの皮を被った「ゼルダらしさ」が鬱陶しい

今回、ゼルダの伝説とのコラボということで
開発としては「ゼルダらしさ」を出したかった様子。
では、その「ゼルダらしさ」とはなにか。
ゼルダを象徴するいくつかのアイテム、そしてゼルダらしい戦闘です。

象徴するアイテムとは「爆弾」「ブーメラン」「弓」「フックショット」などなど
それぞれ特徴的な効果があり敵の殲滅にも役立てることができます。
また一部マップ内ギミックを作動させるなどに利用することもあります。
が、正直ココらへんが説明不足過ぎます。

そしてもう一つが「ゼルダらしさボス戦の謎解き」です。

ゼルダの伝説と言えば、ダンジョン内で取得したアイテムを
ボス戦で使って攻略する、というのがある意味で定番です。
そんな流れを持って大型ボスには有る特定の武器を使うことで
ダウンを誘い、体力を大きく削る機会を得られるのです。

正直、ダウンを狙わすに削り切るのは現実的ではありません。
そういう意味では「特定武器での攻撃」は必須です。

が、このダウンを誘えるのはいつ使っても良いわけではなく
ボスのある特定の技のあとにできたスキの時にしか受け付けてくれません
ゼルダの伝説ならよくある光景です。
ですが、このゲームは「無双シリーズ」でありボス戦だけしていても解決できません。

そこで問題になってくるのが「スキがない技」が結構あるのです。
ボスはいくつかの技の中からランダムで出してきて
スキを作らない技を連発してくることも少なくないのです。

こちらは急いで倒したいのに、まったくスキを見せない。
という、何とも玄人戦のような様相を見せてくるのです。

急いで倒したい要因としては多重に発生するミッションのせいでもあります。
ボスを早急に倒し、次のミッションに取り掛かりたい。

伝令兵すら倒してくれない仲間のために倒しにいきたいのに~!

などの状況が合わさり、焦りがイライラになる訳です。

まあ、仲間を命令で張り付けた場合、そこそこ防御に徹してくれるため
足止めにはなんとかなるのですが……。
結構、ボスの目標が本拠地狙いなことが多々あり
足止めだけではなんともならないことも多く。
早々の撃破するためにイライラしているのにスキも出ない。ってことも多いわけです。

これらの結果から無双シリーズでゼルダの伝説の皮を被った感じ

まあ、お祭り要素でゼルダの伝説のキャラクター達が終結する面白さはありますし
3DSでは表現できないキレイな見た目も嬉しい限りです。

またプレイした「レジェンドモード」以外にも
「アドベンチャーモード」や「チャレンジモード」などもあり
長く遊べるように工夫はされております。

先に書いた感想のように
ゼルダらしい謎解きなどもなく、逆にゼルダらしさが
鬱陶しさを悪化させる状況になっています。
というのは本当に感じる限りです。
とは言え、ゼルダの伝説がこういう形で
別のゲームとしてプレイ出来る喜びというのは嬉しい限りです。

今後は「マリオRPG」のように「ゼルダRPG」なんていうのも面白いかもしれませんw
まあ、面白いかどうかは別物w

 - Switch, ゲーム