elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

どうして対応できないの?違法アップロードの現状と対応策が興味深い。やはりできることは……

   


どうして対応できない?違法アップロードサイトの現状

違法にアップロードする漫画について何度か取り上げさせていただきました。

漫画の違法アップロードサイトは利用する、は作家さんへ感謝を怠る行為!絶対ダメ!

ここに来て新しい動きがあるようです。

遮断要請へ 政府、著作保護に「緊急避難」

簡単に説明すればネットプロバイダーに働き掛けて
違法なサイトへのアクセスを遮断するという「サイトブロッキング」を要請する。
という話です。

おいおい何とも荒業にでたな。これじゃお隣の中華と……。

というのが私の率直な意見です。
一つの解決策かもしれませんが
圧倒的にそこに行き着くまでに行えるプロセスがあり
それらをすっ飛ばして強硬手段に出たな。という印象しかありません。

そもそも、どうやって「違法なサイト」と判別するのか。
記事では3つの名前を具体的にあげてはいるそうですが
そこが消えたとしても、それ以外のサイトの占有率が上がるだけであって
イタチごっこが始まるだけだと言わざるをえません。

それよりも怖いのは、こういうサイトブロッキングの事例を
作ってしまうことだと私は思います。
お隣の中華のように「文民統制」とまでは言いませんが……。
今後踏み出しやすくなるのは間違いありません。

違法サイトがどうして潰せないのか。まとめられた記事が秀逸!

さて、そんな違法サイトについて
状況を的確にまとめている記事がありますので紹介したいと思います。
秀逸にそしてわかりやすくまとめられており一読の価値はあります。

これによって現状打てる手段と、一般的に言われる対策がどうして効果が得られないのか。
などなど、ネットの状況がよく理解することができます。
理解できればその根深い状況についても知見を得られるでしょう。

漫画村などのリーチサイトを潰したい人が山ほどいるのに、潰れないのはなぜか。

記事内で対策案として「広告の制限」が提言されていますが
私もこれに賛成です。そもそもサイトブロッキングを行う以前に
政府としてはこういう部分への踏み込みを行うべきだと思います。

ここの「旨味」があるからこそ
似たようなサイトが次々と作られ続ける訳です。
私が以前に書いた記事でも綴ってはいますが、やはり広告収入があることが
結局のところサイト運営を続けさせているモチベーションになっているわけです。
そういう意味では旨味の部分をカットすることによって
違法アップロードサイト自体を閉鎖に追い込むこともできるはずです。
その上、そういう違法サイトへの広告掲載ができなくなれば
今後に続くであろう第二、第三の漫画村をも封じ込められるのではないでしょうか。

とは言え、そう簡単にも行かないのも事実だと思います。
というのもアフィリエイトを提供している会社なんて
日本だけに有るわけではなく、海外・世界中にあまたあるわけです。
日本国内においては政府の力でなんとかできるものの
海外や世界中にある広告業者はどうすることもできません……。

ましてやインプレッション課金のディスプレイ広告ともなれば
正直、一日で何万と掲載されてどのサイトにどんな風に出ているなんて
いちいち監視している業者も多くありません。
件の違法サイトに公益性の高い企業の広告だって掲載する可能性も高い訳です。

 - ヨモヤマ, 書籍, 漫画