elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

「日大アメフト部問題」のニュース番組の報じ方についても気になる

      2018/05/25


「日大アメフト部問題」のニュース番組の報じ方についても気になる

世間ではやはりこちらの問題が大きく注目を集めているようです。

関学大は26日に記者会見へ 抗議文への日大回答めぐり

ネットの場末である私が管理するようなサイトにて
他の報道各社が報じている内容を後追いする必要もないので
わざわざ状況を説明することは避けさせて頂きますが
「日大アメフト部」の問題において
個人的にこちらの記事が気になりましたので紹介致します。

日大アメフト選手の償いとメディアの無慈悲

日大アメフト元部員の学生が顔と名前を晒してまで
謝罪を行いたいと会見したことについて少し引いた目線にて
それを取材するマスコミ各社について手厳しい言葉で綴られています。

ですが、本当にそのとおりだと感じずにはいられません
そういう意見が出るのも、会見を行った彼の誠実な対応とともに
顔を晒しても謝罪したいという心意気に感銘を受けたからなのは間違いありません。

彼はまだまだ「学生」であるということを忘れ
連日テレビでは彼の顔をアップで抑えて報じるだけでなく
資料映像としてその後も放送しつづけています。

昨日、「羽鳥慎一のモーニングショー」を見ていたのですが
ご丁寧に彼の顔をアップにした特大パネルをコメンテーターの後ろに並べ
コメンテーターがコメントするごとに映り込むように演出して放送されていたのです。

記事内でもありますが

会見冒頭、弁護士が「まだ学生であるため、顔のアップは映さないように配慮してほしい」と要望したにもかかわらず、各番組は会見の大半をアップで映していました。芸能人ではなく、社会人でもない20歳の学生であることを踏まえると、これは過剰演出。司会者や弁護士を含む登壇者全員が映る引いたアングルなどでもできたはずだけに、各メディア横並びの無慈悲さが露呈されました。

とあるように配慮をしてあげることも重要だと考える訳です。

もしも報道として彼が謝罪会見をした。ということが必要ならば
その謝罪会見を紹介する報道だけは顔を写したりすることもやむ無しでしょう。

ですが、その後の会見とは異なるところで
彼の写真を使い、コメンテーターを演出するためだけに
特大パネルを引き伸ばして並べるというのは……。

「報道」という尊き部分がある番組のように思えません。
ただの世間を騒がせるだけのワイドショーとなってしまっており
低俗なテレビ番組として演出を感じずにはいられません。

私がただのテレビ番組にそこまで求めていることこそが無駄なのでしょうか?

 - ヨモヤマ