elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

プレイステーションの復刻版がもしもでるなら「内蔵ソフト」へのプラスαできると嬉しい!

      2018/05/26


プレイステーションの復刻版は興味あるなー

最近いろいろなゲームハードが
復刻版として小さくなって帰ってきています。

そんな状況について「ソニー」はどう考えているのか
を、取材した記事を紹介致します。

SIE小寺剛社長:復刻版PSに含み 「お話しできることはない」と言いつつ…

タイトルに結論が出てはいるのですが

「お話できることはない」

という風に名言はされていないようです。

とは言え「プレイステーション」というゲーム機は
前から「ゲームアーカイブス」という形にて大きく活用してきました。
私もいくつかの懐かしい作品は購入しており、楽しくプレイさせて頂いて頂いておりました。

こういう作品を遊ぶ時にテレビが必要ない。
PSVitaというのがとても便利だったのですが……。
先日、こちらに書かせていただきましたがなかなか最近はプレイすることもありません。

プレイステーションの復刻版には是非とも内蔵ソフトの入れ替えを!

話を戻しましてプレイステーションの復刻版をもしも実現するときに気になるのが

プレイステーションは元々CD-ROMを使っていることから
メディアの容量が気になるところではあります。
ですが、USBメモリなども「16G」程度で「1000円」しない程度で売られており
メモリの価格の下落は叫ばれているので圧迫されることはないとは思います。

復刻版を作っていただけるなら
ぜひとも実現していただきたいのが「内臓ゲームの入れ替え」です。

クラシックミニファミコンもクラシックミニスーパーファミコンも
いずれも内蔵されているゲームを入れ替えることができず
ソフトを追加したり、別のソフトを遊ぶことができません。

その点、ソニーは昔からゲームアーカイブスという形で
コンテンツ自体の配信は実現している訳です。

そして、それらコンテンツを購入しているユーザーも
私のように少なくはない人数がユーザーとしているわけです。

USBやSDカードなどによる外部記憶媒体によって
データの追加などができるようにして頂きたいと思います。

まあ、これを実現するとなると設計部分に読み込み機器が必要になったりと
価格帯を割高にしてしまうのですが……。お願いしたい!

 - ゲーム