elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

Steam「Enter the Gungeon」は奇妙奇天烈な銃との一期一会が楽しいダンジョン探索シューティング

   


Steam「Enter the Gungeon」は何度も潜りたくなるダンジョン探索シューティング

何気に購入してから数年にもなり、コツコツと時間を見つけてはプレイを重ねてきたのですが
いつまで経っても私の腕が上がらないためにクリアすらできず、感想すら日の目を見ない。
という嘆かわしい状況のため、ここは私のチミったらしい自尊心をかなぐり捨てて
信念を曲げる形ではありますが、クリアならずのゲームを紹介したいと思います。

シューティングが得意、という人ならクリアすることもできるでしょう。
ええ、そうです。私、格闘ゲームシューティングが苦手なもので……。不甲斐ない。

で、紹介するゲームというのが

「Enter the Gungeon」
開発元:Dodge Roll

「Gun」「Dungeon」を組み合わせた造語で
見下ろし型のダンジョン探索シューティングとなっています。

「Enter the Gungeon」とはこういうダンジョン探索シューティングゲーム

潜るたびに構造が異なるダンジョンへと挑み
最下層へと到達することが目的となります。たぶん……(クリアしてないのでw)

操作可能なキャラクターはそれぞれ初期装備が異なる4人から選択することができます。

  1. プリゾナー:メイン攻撃は「短銃」
  2. サブ武器としてショットガンを持っています。
    アイテムとして火炎瓶を持っており範囲内炎熱ダメージを与えられます。

  3. ハンター:メイン武器は「短銃」
  4. サブ武器としてボウガンを持っています。連射はできないが威力は高め。
    あと、犬を連れており時たま回復アイテムなどをドロップしてくれます。

  5. パイロット:メイン武器は「ブラスタ」
  6. 鍵開け用のアイテムを所持しており、店売りを安くしてもらえるアイテムも持っています。

  7. ソルジャー:メイン武器は「短銃」
  8. ヘルメットというシールドを持っており被弾を1発だけカバーしてくれます。
    また、弾薬を呼び出せるアイテムを保有しています。

このゲーム「Enter the Gungeon」というぐらいで
ダンジョン探索のお供としてキャラクターが装備するのは「銃」です。
当然、FPSゲームで出てくるような一般的な銃もあれば
奇妙奇天烈などうやって使うだ、どんな弾が飛ぶんだ?と
使ってみるまでまったくその想像すらできない銃まで、登場しダンジョン探索を助けてくれます。

そんな奇妙奇天烈な銃をダンジョン内で見つけながら
階層ごとのボスを倒して、最下層を目指す。というゲームになります。

プレイ画面がこんな感じで

プレイキャラを操作しながら、敵に狙いを付けて射撃を行います。
なので、敵に攻撃しながらも弾を避けたりする必要があるわけです。
そのときに有用なのが無敵状態になれる「ドッジロール」という飛び込み前転です。
全キャラクターは標準で装備しており多用することになる技です。

もちろん、マイナス要素もあります。
連発することはできない、無敵は転がっている途中で立ち上がる時には弾を喰らう。
前転してしまうと方向転換できない。など。

他にも弾を避ける方法としては「ブランク」というアイテムがあります。
これは操作キャラを中心に弾を一時的に消し去る緊急回避ボムのような存在。
残念ながら敵にダメージを与えることはできないが
数秒ほど敵からの銃弾を封殺できる利点はあります。
回数性でストックできるものの、なかなか入手はできないまさに緊急回避用。

キャラクターは被弾6発分の体力は持っています。
ダンジョン探索中に運が良ければ回復アイテムがドロップされることもあります。

また、階層ごとに「商店」があり、陳列はランダムながら
武器や回復アイテム、バッシュにシールド。など
お金との交換ながら購入が可能です。

お金は敵を倒すと落とす「銃弾」(武器の銃弾とは別)で
雑魚=1銃弾。運が悪ければ0ということもある結構貴重になります。

「Enter the Gungeon」で面白いのは奇妙奇天烈な銃との一期一会

そして、このゲームの面白さというのは

「奇妙奇天烈なる銃との一期一会」

正直、銃の種類というのは豊富に存在しており
ダンジョン内でNPCを助けて、専用のアイテムを捧げることで
さらに増やすことができます。

なので、結構プレイしているものの
未だに「お、使ったことない銃」という風に新しい出会いを楽しめます。

例えば「愛のショットガン」
見た目はピンクのショットガン、飛び出す銃弾は「ぬいぐるみ」など愛らしいものばかり。
威力は十分。しかしそれだけでなく、敵を魅了するという効果もあるのです。

他にも「Tシャツキャノン」
シュポシュポと銃声を上げながら、敵にTシャツを当てていきます。
まあ、Tシャツなので威力は大したことありませんw

など、多種多様な奇妙奇天烈な銃がダンジョン内で入手できます。
しかし、注意したいのが「弾倉」です。
銃はもちろん銃弾を消費して攻撃することになり銃弾は有限です。
店売りやダンジョン内にて「弾倉」を入手することもできますが
これは一つの銃に対して使用することになり
複数の銃を持つようになる後半ともなれば、どの銃の弾丸を回復するか。
取捨選択が必要になる局面も訪れるはずです。

そんな状況を踏まえながら
それぞれのフロアボスを倒して最下層を目指す訳です。

私がプレイする時は「PS4」コントロールを使っていましたが
キーボード・マウスという組み合わせも可能です。
狙いをつけるならキーボード・マウスの方が向いているかもしれません。

ちなみに日本語化されているのでご安心を。
しかし、装備品などの性能を知りたいと思っても
結構、抽象的なことしか書かれておらずほぼほぼ不明w
使ってみるまで分からないことも少なくありません。

私が未だにクリアできていないのは
シューティングゲームに必要な「避け技術」
あまり養ってこなかったことによる弊害。
FPSなんかでは、撃たれる前に撃つ、で弾を回避する必要もないのですが
シューティングゲームでは、弾を避ける技術も必要で
そっちの方が育っていないために、結構被弾してしまい
クリアできていない訳です。情けないw

とは言え、面白いゲームではあります。
プラットフォームとしては私は「Steam版」ではありますが
Nintendo SwitchやPS4、Xbox Oneなどにも展開しております。
好きなのを選択して遊んでみてはいかがでしょうか。

 - PS4, Steam, Switch, ゲーム