elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

Steam「Hyper Light Drifter」何も語らない難易度高めのアクションゲーム

      2018/06/10


「Hyper Light Drifter」は高難易度のアクションゲームで達成感が抜群

コンシュマーゲームが落ち着いてきたので(未クリアゲームは山程あるがw)
この機会に「Steam」で購入していたけども途中で投げ出していたゲームを
再開するとともに、クリアして感想を書こうと検討しております。

その第一弾としてゲームをクリアしたのが
「Hyper Light Drifter」
というアクションゲームです。

なかなか風変わりで謎の多いアクションゲーム。
ですが、アクションゲームとしての水準は高く難易度高めのアクションのため
クリアできたときの達成感は抜群にあります。

謎が多い、どうしてそう表現するのか。
それはゲーム内においてほぼほぼ「言語」かされている「テキスト」というものが存在しないからです。

NPCがいないのか?という疑問を持つかもしれませんが
村と思しき集落には、NPCもあり武器などをパワーアップしてくれる店は存在し取引を行えます。
また、エリア内ボスなどを紹介してくれるNPCなどもいるのですが
それらNPCとのやり取りでも会話は存在せず、アニメーションやドット絵などにて行われます。

そのために、この世界について
プレイヤーは想像し、妄想し、空想するという形でしか
世界の理やクリアしたときの意味を理解することができないのです。

ゲームを作ったり企画した人間からすると

「こんなすごいゲームを作った」「こんな世界を構築したんだぞ」

という風にゲーム内テキストに盛り込んで説明し、知ってもらいたいものです。

ですが「Hyper Light Drifter」においてはなく。
ゲーム内で示されるグラフィックのみを見たプレイヤーがどのように解釈をするのか。
製作者側が委ねて来ているのです。

ゲームにおいて物語を重要だと思っていた私も、こういう企画意図なら賛同できます。
クリアして、エンディングにて見ることができるアニメーションにも
自分なりの解釈を付けて、楽しむことができました。

「Hyper Light Drifter」は難易度高めのアクションが達成感を生み出す

さて、アクション部分についてですが
結構、難易度的には高めに設定されていました。

最初期のプレイ時はキーボード・マウスでのプレイだったのですが
やっぱりやり辛く、しばらくコンテンツ内に仕舞われていたのですが
PS4コントローラ使用可能となり、引っ張りだしてコントローラにてプレイいたしました。
なので、プレイするならばコントローラが推奨だと言えます。

プレイキャラクターのアクションとして
剣による近接攻撃、銃による遠距離攻撃
足場のないところも抜けられる回避

あとは回復アイテムの使用と、店売りしているボムを購入して使える投擲。

その他にも店売りしている追加アクションを購入することで
回避中にすり抜けた敵に攻撃することができるようになったり
敵の打ち出す弾を弾き返せるようになったりと多彩になることもできます。

とは言え、最大体力が増加することはありません。
始まって終わりまで、最大体力は「5つ」
敵の通常攻撃で「1つ」失い
一部ボスが使ってくる強力な攻撃の場合には「2つ」減らされることもあります。

これの何が問題なのか。
それは回復アイテムを使用する場合、体へと打ち込む、という動作後に回復するため
どこかのゲームのようにポーションを連打して「がぶ飲み」するようなことはできません。

この一瞬のスキ。回復薬を打ち込み時間をどこで捻出するのか。
ボス戦ならば攻撃パターンを読んで、雑魚戦ならば囲まれない場所を見つけて
これらの一瞬のスキを逃さず回復し、戦闘に復帰する。という駆け引きが必要になる訳です。
この回復するのに必要な隙きが、結構難易度を向上させているように私は感じました。

いや、そもそもダメージ受けなければイイ話じゃない。

というのは最もです。

ですが、登場するいずれのボスも
なかなかに熾烈な攻撃手段を持っており
誘導性の高い攻撃を行ってくるのです。

なので、敵の攻撃パターンを覚えて
この攻撃後に隙きができて、この攻撃後にはダメージのでかい技がくる。
というのを覚えながらプレイすることになり
安全に回避する場所を模索しながら戦闘を繰り広げなければならないわけです。

もちろん、死にまくる訳ですが、基本的にはデスペナルティはありません
少し前へと戻されるだけなのでひと安心です。

「Hyper Light Drifter」のアクションは戦闘だけじゃない!

アクションゲームの基本と言えば、敵との戦闘。なのは間違いありません。
ですが「Hyper Light Drifter」においてはマップ内でアクション「回避」を多用します。

というのも怪しげな隠し通路や離れた場所などに回避を使って飛び移ることで
回復アイテムや店売り商品を購入するためのクレジットが落ちていることがあるからです。
怪しげなところを見つけてはクレジットなどを入手すると達成感を満たされます。

ですが、隠し通路探索だけなら可愛いものなのですが
「Hyper Light Drifter」には別の難所が待ち構えているのです。

それは道のりの行く手を阻む罠。乗ると底が抜ける床や乗ると火を噴く床など。
特に一部通路で多用される「移動する壁」は強敵です。

一定間隔ごとに壁が移動し、すり抜けることができないと押し潰されるというアレです。
しかし、このアレが本気で潰しにかかっているところがあり、何度となく倒されたことかw

まあ、パターンを掴んで根気よく続ければなんとかなるものではありますが。
安全圏の範囲が狭く、「本気で潰しにかかっている」という風に感じてしまうわけですw

総評として骨太なアクションに手を焼かせられることもありますが
その分、クリアしたり倒した瞬間には「よっし!」と叫びたくなるほどの
達成感は間違いなく得られるはずです。
また、独特の世界観や美麗な背景やグラフィックにも見入ってしまいます。

 - PS4, Steam, ゲーム