elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

なぜそこまで「任天堂」を心配するのだろうか?WiiUの失敗がここまで尾を引いているのか?

      2018/06/20


「Nintendo」を心配する記事が多すぎない?

言いたいことはわからなくはない。
が、そこまで心配する必要があるのだろうか?という記事を紹介したい。

『スマブラ SPECIAL』は誰のためのゲームなのか? “eスポーツ化するスマブラ”と“誰でも遊べるスマブラ”

先日のE3で任天堂が大々的に発表した
「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」
について、報じられた内容から
ゲーム初期の目標格闘ゲームが苦手な人でも楽しめるという目標からずれているのでは。
という懸念を表明している記事になります。

今回のE3で発表された内容が記事内に簡単にまとめられているので転記させて頂きます。

そして、E3 2018で発表された『スマブラ SPECIAL』の紹介映像は──。前作から変化した部分の紹介において、「どんな楽しいことができるか」というより「ダッシュキャンセルスマッシュが追加された」だとか、「空中回避の移動距離が増えた」だの、細かい内容の変化についての言及がかなり多かったのだ。

確かに今回発表された変更点というのは
「格闘ゲーム」という側面から見てみると
より熱い戦いができるように願っての変更点のように感じ
これでは格闘ゲームによりすぎている。という懸念も理解できます。

しかし、発表されたのが「E3」というゲームの世界的な見本市であり
コアなゲームファンが視聴するものであることを考えると
視聴している対象の多くもコアなゲームファンであることが予測されます。
ならば発表する情報もコアな情報を発表する、というのは当然の戦略ではないでしょうか。

その後、発売されるまでの中で情報を小出しにしながら
ライトユーザー達の興味関心を集めて発売日を迎える訳です。

つまり、今回発表された情報というのは
あくまでヘビーユーザー向けのコアな内容であり「広告戦略」によるものだと言えます。
少し考えればわかるもので、一喜一憂する必要などあるのでしょうか。

実際、前作の「Wii U版」のスマッシュブラザーズでは
上手い人と苦手な人も一緒に遊べるように強さを調整したりと
うまくバランスを取れるように工夫をされていた実績があるわけです。

任天堂へと向けた変な記事が目につくけど……。何だこれ?

しかし、先日にも紹介したこちらの記事

任天堂E3発表にガッカリしたワケ

でもそうだが。
少し考えればわかるものを、自分勝手に期待して裏切られたと騒いでいる。
そんな風に思えてしかたない記事がこうも目につくとは……。
ただ、私が目ざとく見つけているだけなのでしょうか?

原稿依頼として「E3」「任天堂」で何か書いてください。

と言われて、仕方なく書いただけの記事なのだろうか?
それとも「アンチ任天堂」なのだろうか?
それとも任天堂を心配するあまりにちょっとしたことも気になるのだろうか?

そもそも、どうして任天堂をそこまで心配するのか。
それは前ハードである「WiiU」で任天堂がやらかしてしまっていることから
心配してしまう人が多いのかもしれない。

それはあまりにも「過保護」がすぎるというもの。
実際、Nintendo Switchは世界中ですでに売れており
販売スケジュールも完璧に売れるようにスケジューリングされていたわけで
任天堂はそこまで過保護なるほど「バカ息子」でもないw

 - Switch, ゲーム