elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

Switch「VR KIT」遊ぶ楽しみだけなく「作る」楽しみにVR体験も良い!

      2019/04/14


Nintendo Switchの組み立てるところから面白い「VR KIT」

正直、アナウンスされたときから大変興味を持っていたゲームが販売されました。
もともと「VR」という近未来な映像技術が好きだったのもあり
この「Nintendo Switch」向けの「VR KIT」が販売された時には
喉から手が出るほど待ち望んでいたわけです。

ゲームのキットは選べる種類があり
全部盛り込みの「スタンダード版」
ちょこっとだけ遊べる「ちょびっと版」があります。

スタンダード版の大きさというとこちら。

PS4のパッケージと並べていますがそこそこ大きなパッケージになります。
中には組み立て式のダンボールキットが詰まっており
開けた瞬間から「はじめかた」と丁寧に知らせてくれており
楽しく遊ばせてくれるデザインが光っています。

「VRゴーグル」と追加パーツの組み合わせで様々な遊び!

「VR KIT」ではいくつかの遊び方を提供してくれますが
メインとなる「VRゴーグル」が必要になります。
で、このVRゴーグルに様々な追加パーツをドッキングさせることで
新しい遊び方を提供してくれます。

なのでゲームを起動させると
この「VRゴーグル」の組み立てからはじまります

とはいえ、組み立て方のマニュアルも
Switchのゲーム内画面を観ながら進めることができます。
Switchの画面を操作することで画像の向きを変えて
パーツを別角度から確認したり、拡大したり巻き戻したりと
自由自在に確認できるので、大変分かりやすいマニュアルとなっています。

丁寧に3Dモデルを使ってダンボールの組み立てを見せてくれるため
組み立てる工作すらも楽しくてしかたありません。

また、間違いやすいポイントや複数の部品を組み合わせる場面では
しっかりと接続ポイントに「同じマーク」を印刷されており
どことどこが接続するのか。という一目瞭然なデザインセンスも光っています。

ダンボールという素材を使うため、切り貼りを必要とする
というふうに感じているかもしれませんが全くそんなことはありません

ダンボールを匠に折り曲げて、出っ張り部分を組み合わせ
くぼみにはめたり、別のダンボールを使ってネジ止めしたりと
接着剤やシール止めなど必要なく組み立てることが可能なのです。

唯一残念なのは、組み立てちゃうとその楽しみも終わってしまうということw

ということで、今はチマチマと時間を使いながら一つのパーツを組み立てを楽しみ。
少しづつ増えていくゲームを楽しんでいる段階です。

対象年齢としては「7歳以上」となっていますが
確かにこの遊びは「子供」に楽しんでもらいたいゲーム体験。

というのも、この「VR KIT」は
ただ中に入っているダンボールを組み立ててパーツを作ってゲームを楽しむ
というだけのゲームではないのです。

ゲーム内では「わかる」という項目があり
どうして「周囲を見回せるのか」
どうして「息を吹きかけると動くのか」
どうして「Toyconを捻るとズームするのか」
などなど、VRがどうやって「Nintendo Switch」を動かすことで成り立っているのか
ゲームを楽しみながら、ゲームの動作についての知識も得られるのです。
これも子供に是非楽しんでもらいたい一つです。

「VR KIT」から個人的に楽しめたゲームを紹介!

そんな「VR KIT」の中から個人的に楽しめたゲームを紹介したいと思います。

カメラパーツ「水中カメラ」

VRゴーグルに「カメラ」パーツを取り付けた形で遊ぶゲームで
タイトルどおり、海の中に潜った世界を楽しめます。

VRゴーグルから覗くのは色鮮やかな海中の世界
海の中には色とりどりの魚が回遊しており
それらをカメラを使って写真に撮るのがゲームの楽しみとなります。

古くは「アクアノートの休日」で癒やされた私ということもあり
この海中に飛び込んで魚たちを観察するVR世界は楽しめるのも当然なわけです。

また、カメラパーツもレンズ部分をねじることでズームアップするという
本物感覚に近い使い方ができるのもいい感じです。

ゾウパーツ「つみき・パズル」

VRゴーグルに「ゾウ」パーツを付けて遊べるゲーム。
「ゾウ」パーツはVRゴーグルにマニピュレータをつけたような遊びができます。

そのマニピュレータを使って遊ぶのが
VR空間内に「積み木」のように
さまざまなパーツを固定させて、リングに玉を通すというパズル。

VR空間には「玉を生成するパーツ」と「リング」があります。
あとはお題となる玉の移動させるための「固定されたレールパーツ」
そして、マニピュレータにて掴んで移動させることができる
「レールパーツ」が置かれています。

あとは掴んで動かせるレールパーツを使って
固定されているレールパーツを補助してリングに玉を通すというパズルゲームです。

これ以外にもまだまだパーツはあり、さらに楽しめるゲームも多く用意されています。
ただのゲームとして「遊ぶ」楽しみだけでなく
組み立てて「作る」楽しみまで提供してくれる「VR KIT」は侮れない
新しいゲーム体験を提供してくれました。

 - Switch, ゲーム