elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

SVOD「ディズニーデラックス」は契約してみる価値あるのか?

      2019/04/22


SVOD「ディズニーデラックス」ついに始まった見放題サービス

ついに「ディズニー」がお届けする「SVOD」がスタートしました。
サービス名称が「ディズニーデラックス
うん、名称センスについては言いたいこと山々ですが
海の向こうのセンスなので、日本とは異なるのでしょうか。

私は、SVOD好き、というだけでなくディズニー作品も好き。
ということでさっそく登録して利用させていただきましたので
そのレビューを書かせていただきます。

ちなみにレビュー書いたのはサービス開始と同時だったのですが
ディズニー側へとレビュー書くことの是非について確認をとらせて頂いており
ようやく回答をいただけたので掲載できる運びとなりました。
とはいえ、使っている画像などに問題がある場合には
連絡いただければ対応させていただきます。

ディズニー作品見放題の「ディズニーデラックス」入会方法

ここが最大にして最高に面倒なポイント
しかし、ここができればあとは見放題の世界が楽しめます!
諦めずにレッツトライ

というのも「ディズニーデラックス」を楽しむためには
2つのアカウントを取得する必要があるのです。
それが「dアカウント」「ディズニーアカウント」

「え?ディズニーアカウントだけで見れないの?」

という疑問はもっとも。私だって最初は驚きました。

そうなぜか「dアカウント」が別途必要になるのです。
いや、そもそも「dアカウント」ってなに?
という人は「ドコモユーザー」ではないのでしょう。

「dアカウント」というのは「NTTドコモ」が
サービス提供に使っているアカウントになり
「ドコモユーザー」ならば持っているアカウントになります。

まあ、携帯キャリアとしてのユーザー数の多さや
スマホでの視聴、スマホユーザーへの宣伝広告、集金方法などを鑑みての
ドコモとの提携だったのでしょう。大人の事情というやつなのでしょうw

ということでまずは「dアカウント」の取得から始めましょう。
「dアカウント」が取得できたら次は「ディズニーアカウント」です。

公式サイト「dポイントクラブ

2つのアカウントを取得できたら
ようやく「ディズニーデラックス」の利用が開始できます。

「ディズニーデラックス」の世界へようこそ!

まだまだ、サービスとして始まったばかりのSVODということもあり
提供されているコンテンツも多くはありません。

とはいえ、「ディズニー」が提供する公式のSVODということもあり
ディズニー作品ばかりを楽しめます。

例えば「ピクサー」の
「トイストーリー」や「モンスターズインク」「アナと雪の女王」
最近の映画作品からも「モアナと伝説の海」や「リメンバー・ミー」

そして、ディズニーが版権を買い取った「スターウォーズ」作品
他にも「アベンジャーズ」作品などなど。

さすがは世界の「ディズニー」です。
多くの映画作品を取り揃えており、新しい作品も少なくありません。

新作が映画館にて封切られる
アベンジャーズ エンドゲーム」の前作である
「アベンジャーズ インフィニティウォー」も配信されています!

またそれとは別に
ディズニー・チャンネルなどで放送されていたシリーズ作品。
他にも「トイストーリー」「カーズ」のキャラクターを使った
ショート作品なども観ることができます。

視聴しているときの画面はシンプルではありますが
基本的な機能は網羅されています。

まずは嬉しい「多言語化選択オプション」
音声は日本語や英語を選択でき
字幕オプションも選択できる基本システムは備えられています。

あいにくNetflixなどにある
イントロスキップのような、OP飛ばしなどはまだありません。

個人的には大きな画面で観たいので
利用はパソコンのモニタを使っていますが
スマホやタブレットなどでもアプリが配信されているので
そちらから視聴することもできます。

年に何本も映画作品を作っているディズニー。
NetflixやHullなどの場合には「版権」の問題があり
正直配信するのも簡単ではありません。
そういう意味ではディズニー作品を手軽に「700円」ほどで
見放題なのですから嬉しいことこの上ありません。

とはいえ、現状で展開されているのは
「ディズニー」が版権を持っている作品ばかり
(すべての版権を理解しているわけではありませんがそんな印象)

例えばアニメ作品や日本の地上波で放送されたドラマ作品など
別の企業、業者が作った作品はほぼほぼありません。

ディズニー王国ではありますが
ディズニー王国以外がない、そんなSVODとなっています。

地上波が「NHK」だけで満足する人もいるでしょうが
私のように民法などを楽しみたいユーザーの受け入れを
どのようにするのか興味深いです。

 - VOD, アニメ